富岡製糸場と絹産業遺産群(日本)

東京~関越道~富岡

明治時代に日本の特産品「絹」を世界に送り出した工場がある。世界遺産に登録されて4カ月後の2014年、行ってみた。
午前9時の開場に合わせて、群馬県富岡市に車で出かけた。製糸場には駐車場はないので、上信電鉄上州富岡駅のそばにある大きな駐車場に入れた。ここから歩いて10~15分ほど。駅から伸びる商店街には当時「祝 世界遺産登録」の垂れ幕やら、横断幕やら、手書きの壁紙やらにあふれていた。
富岡製糸場には開場の10分前ぐらいについたのだが、すでに長い列が出来ていた。

立地条件の良さから選ばれた官製工場

ボランティアのガイドツアーがおもしろそうだったが、すでに満員。音声ガイド(200円)を借りた。スマホなどでは見学ポイントで解説を無料で聞ける。
入ってすぐ正面のレンガ造りの建物が国宝に指定された「東置繭所」。


入口(通路)の上には「明治五年」の表札が掲げられている。入ると、設立からの歴史を説明したパネルや機械の展示、土産店になっている。一応、ここでおおまかな富岡製糸場のあらましが分かるので、寄っていこう。


富岡製糸場は1870年(明3)に官製工場として設立がきまり、当時周辺での養蚕が盛んで、広い土地や水が確保でき、燃料の石炭も近くで採れたことなどから、群馬県富岡に選定された。
外国人が来て指導することへの周辺住民の同意を得られたことが大きかったというから、鎖国がなくなって3年、まだ外国人への「アレルギー」が各地にあったのだろうか。
1872年(明5)に主な建物が完成し、操業を開始している。その建物が、140年経った今もほとんどが残っている。


東置繭所を抜けると、広場のようになっている。左手はなにやら工事中。ここには「乾燥場」という、繭を乾燥させる建物があるが、2014年2月の大雪で倒壊した。1922年(大11)に作られた木造の建物。隙間からのぞくと、屋根が落ちてつぶれていた。修復には相当な時間と費用がかかりそうだ。

国宝「西置繭所」は2020年秋公開

先に進むと、乾燥場の後ろ側に高さ37・5㍍のコンクリート製の煙突が見える。1939年(昭14)に建てられたもので、1872年に建てられた初代の煙突は36㍍の鉄製で12年後に暴風で倒れたという。
高い煙突は石炭燃料によるばい煙対策だったといい、エコな工場だったようだ。


広場をはさんで東置繭所と反対側に「西置繭所」がある。説明板は西繭倉庫だった。こちらもレンガ造りの2階建てで、東置繭所と同じ構造、大きさになっていた。
東西の置繭所では2階に乾燥させた繭を保管していた。窓が多く、風通しをよくしていた。2棟合わせて30トン以上の繭を保管できたという。かいこ何匹分なのか、見当がつかない。


西繭倉庫は1階の一部が石炭置き場として改造されて、当時はレンガの壁が取り払われていたという。いまはレンガでふさいでいるが、昭和のレンガと明治のレンガで見た目でも違いが分かる。
建設当時のレンガは、埼玉の深谷から職人を呼んで近くに窯をつくったという。耐久性など試行錯誤しながら工場全体のレンガを作ったそうだ。


レンガの積み方にも工夫がされている。「木骨レンガ造り」という手法で、木で骨組みをつくってからレンガを積んでいく。積み方も、レンガを縦と横に交互に積むこと強度を高めている。目地の漆喰には地元の石灰を使用。レンガの土も含めて、地元で調達する地産地消、これもエコ。140年経ってもきれいなままで、日本の職人技はここにも生きている。


行った時は修復工事中だったが、2020年秋には一般公開される予定という。

「富国強兵・殖産興業」の象徴

明治新政府となって間もないころ。日本にとっては世界に追いつく国力をつけるために「絹」は重要な輸出品。世界も日本の絹をほしがったが、品質の悪い絹も出回ったという。
明治新政府のスローガンはいち早く海外列強に追いつくための「富国強兵・殖産興業」。海外での評価を落とさないために「模範工場」として作られたのが、この富岡製糸場になる。
工場造りも「模範」となるように地元でほとんどを解決していった。西置繭所からUターンして、東置繭所をくぐり、右手に進む。工場としてはメーンとなる「繰糸場」に向かった。
途中左手には、「検査人館」「女工館」と、洋館が並ぶ。ともに1873年(明6)に建てられた。この製糸場は、建築家のブリュナをはじめ、フランス人の技術者10人ほどが工場の設計から施工、機械製糸などの指導に当たった。
検査人は、その通り、生産された生糸の質を検査する人で、これもフランス人が行った。木骨レンガ造りで、彼らの宿舎に使われた。

検査人館

その隣に女工館は、日本人に機械製糸の技術を教えるために来た同じくフランス人の女性教師の住居として建てられた。こちらは木造2階建てでベランダがあり、天井は格子状に板が組まれる独特の建築様式になっている。
教師が帰国後は日本の工女の宿舎としても使われていたという。検査人館と女工館の間を繋ぐ建物は後で造られたそうだ。ちなみに工場で働く女性をパンフレットやガイドでは「工女」と呼ぶようだが、建物の名前は「女工」だった。

女工館

「女工哀史」とは無縁の健全工場

「繰糸場」の看板がかかった建物に着く。繭から生糸を取る作業が行われた、この工場の中枢だ。国宝に指定されている。
細長い建物で、中に入ると印象的なのは、天井が高く、窓が大きいので非常に明るい。梁と斜めに渡された柱など「トラス組み」という天井もきれいだ。


室内の左右にはビニールの覆いがかぶせられた機械がズラッと並ぶ。昭和40年代以降に設置された自動繰糸機がそのままの状態で保存されている。操業当時はここにフランス式繰糸器300台(釜)が置かれていた。
釜で繭を茹でながら工女が繭にある糸口をみつけてほぐしながら1本の繭糸を取り出し、何本かをより合わせていくという作業をすると紹介されていた。


教科書では「女工哀史」や「あゝ野麦峠」など、製糸・紡績工場などで働く女性の過酷な労働のことを習った覚えがある。
さすがに官製模範工場、ここで働く工女は勤務時間や休日も決められていて、休日には街に繰り出していたともいう。明治時代のものではないが、街中には「工女さんが○○を食べた、買った」などという店が点在している。悲惨な歴史はこの工場ではなかったらしい。


ただ、パンフレットによると最初に工女を募集した際にはフランス人の飲む赤ワインを血と間違えて「生き血を吸われる」というデマが流れ、工女集めが遅れたという。
技術を学んだ工女は地元に帰って技術者として迎えられたというから、エリート養成所でもあったようだ。

繰糸場出入口

繰糸場の前には診療所の建物がある。残っているのは3代目で1940年(昭15)に建てられたもの。

診療所

隣には1873年(明6)築の「ブリュナ館」。これは最初に指導者として招かれたフランス人、ポール・ブリュナと家族が暮らしていた建物で、回廊式のベランダがある瀟洒な建物。一家が帰国後は夜学校にもなっていたという。
工場内には寮や学校、診療所などもあって、福利厚生もしっかりしていたようだ。

 

ブリュナ館

ブリュナ館を回り込むと、大きな広場にでる。運動会ぐらいは出来そうだ。広場に面して、工女たちの寄宿舎だった建物が並んでいる。一部は大雪で倒壊していたが、なんとも広々とした空間に工場がつくられている。

寄宿舎

1893年(明26)に三井に払い下げられ、原合名会社を経て、1938年(昭13)に片倉工業に移る。地元では工場を「カタクラさん」と呼んで親しまれていたという。
1987年(昭62)に操業を停止したが、片倉工業では保存に尽力し、そのおかげで当時の建物や機械なども残り、世界遺産に登録につながった。

蚕の卵が海外でバカ売れ

世界遺産に登録されたのは4つの建物群。富岡製糸場のほかは、2つの養蚕に関わる建物と、卵の貯蔵施設。せっかく車で来たので、建物2つは見て回ることにした。まずは埼玉県伊勢崎市にある「田島弥平旧宅」に行った。


利根川の堤防にある駐車場に止め、境島小学校にある田島弥平旧宅案内所にまず寄った。解説員が丁寧に解説してくれる。


田島弥平は幕末から明治にかけて、それまでは屋外で自然に任せて育てていた蚕を、屋内で温度や湿度を管理することで生育を伸ばす「清涼育」という飼育法を全国の養蚕農家に広めた。


自宅の建物を飼育に適する環境になるように改良を重ねた。主屋兼蚕室は1階が住居、2階が蚕室で、屋根の上に「やぐら」と呼ばれる換気口に当たる小屋根(越屋根)をつけて空気を循環させて、蚕に最適な環境をつくりだした。田島弥平は技術として多くの著書も残している。


養蚕技術の向上で、優秀な蚕種(さんしゅ=蚕の卵)もとれるようになった。田島弥平はこの蚕種を貿易品にした。
1879年(明12)に米国からフランス、イタリアに直貿易に行った時に「1匹の蚕は卵を500~700個ぐらい産むのですが、今のA4ほどの和紙に2万個を産ませて、それを5万枚持っていったそうです。1枚の和紙は最高値で5円以上したこともあったそうです」(解説員)。
当時の5円の価値はピンとこないが、1885年(明18)に1円銀貨が発行されており、比較対象によって違うが、今の価値でだいたい2万円ぐらいという。5円だと10万円、5万枚では5000万円。この価値もピンとこないが、蚕の卵は大きな利益をもたらしたことが確かだろう。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。