古都京都の文化財(日本) 西本願寺(洛中)

京都駅~徒歩(堀川通)~西本願寺

京都市の中心部・洛中には登録世界遺産が2つある。その1つ「西本願寺」は京都駅から徒歩でも15分ぐらいで行ける。古都京都の文化財、毎年のようにどこかで修復が行われている。西本願寺の国宝「唐門」が修復工事に入る(2018年6月~2022年3月予定)と聞いて、その前に見ておこうと工事直前の2018年、行ってみた。

京都駅から左に歩き、堀川通(国道1号線)を右に折れる。ぶらぶら歩いていくと、築地塀が左手に。中は西本願寺になる。沿って歩いていくと、立派な門。「御影堂門」という。ここから中に入る。

巨大な木造建築が目の前に

正式には「龍谷山 本願寺」で、後述するが「西本願寺」と呼ばれ「お西さん」の愛称もある。浄土真宗本願寺派の総本山になっている

門を入ると、ドーンと大きな建物がある。「御影(ごえい)堂」という1636年に建てられた世界最大級の木造建築だという。

東西48メートル、南北62メートル、高さ29メートル。227本の柱で約11万5000枚の瓦を敷いた屋根を支える。名前通り、浄土真宗の宗祖、親鸞聖人(しょうにん)の御影(木像)が安置されている堂になる。

まず、境内を見て回った。特別拝観以外は境内の散策は無料。御影堂と渡り廊下でつながって「阿弥陀堂」がある。こちらも大きい。東西42メートル、南北45メートル、高さ25メートル。本願寺の本堂に当たり、阿弥陀如来が安置されている。

2つの建物の前には「手水舎」という手を清める建物があり、阿弥陀堂の前を通り過ぎると、「経蔵」がある。江戸時代初期に天海僧正が新しく出した大蔵経(一切経)を買ってきたという。天海僧正というと、明智光秀と同一人物という説もある、徳川家康の側近の僧だ。

経蔵(手前)と太鼓楼(右)

経蔵の右手後方、西本願寺の北東角に「太鼓楼」。中に大きな太鼓があって、時を知らせたという。

本願寺に東西があるのは

置いてあったパンフレットやHPから、西本願寺の成り立ちを簡単に。鎌倉時代中期に親鸞聖人が、法然聖人(浄土宗開祖)の導きで「南無阿弥陀仏」の念仏に帰依する教え「浄土真宗」を開いた。死後に娘の覚信女や門弟によって京都東山の大谷に廟を築き、本願寺となった。

中興の祖と言われる第8代蓮如上人の時に教えが広まり、戦国時代に織田信長とも戦った第11代顕如上人の時に現在の地に移った。顕如上人の死後、長男・教如上人が継いだが、三男の准如上人への譲状があった。教如上人は隠退し、徳川家康から寄進された京都・烏丸七条に堂を建立、本願寺が東西に分かれた。そちらを東本願寺と呼ぶ。

御影堂(手前)と阿弥陀堂(奥)

御影堂から中に入ってみた。参拝に入れる「外陣」という大広間は、畳441枚が敷けるそうで約1200人が一度に参拝できるという広さ。

渡り廊下でつながった阿弥陀堂に歩いて行ったが、扉が閉まっていて、阿弥陀堂には入れなかった。内陣の修復工事中だったが、外陣に入れなかったのは何か理由があったのか、入口が違ったのかもしれない。

ちなみに阿弥陀堂も外陣には畳285枚が敷け、約800人が一度に参拝できる広さという。

 

秀吉の時代につくられた国宝建築

外に出て御影堂門に戻る。中には入れないが、御影堂の奥に秀吉の桃山時代につくられた国宝の「書院」があり、障壁画が素晴らしいという。隣には現存最古の「能舞台」もある。

南東角には、国宝の「飛雲閣」。金閣、銀閣と「京都三名閣」というそうで、豊臣秀吉が建てた聚楽第の一部を移築したもの。こちらも通常公開はしていない。塀越しに飛雲閣と思われる建物の姿を少し見られる。

西本願寺では、お坊さんが解説しながら境内を案内してくれる企画があるが、行った時は時間が合わなかった。今はコロナ禍で中止しているが、行く機会があったらHPなどで調べてみては。

さて、外に出て、目指すのは国宝の「唐門」。西本願寺の南側にある。御影堂門を出て右に築地塀に沿って歩き、角を右に折れると、御影堂門より小ぶりだが、細工がしっかりした門に着く。

豪華絢爛、見ていて飽きない門

唐門は、秀吉がつくり、没した場所とされる伏見城にあった門を移築したといわれているそう。「唐破風」という曲線を描く屋根、柱や梁にびっしりと金具の装飾や彩色した彫刻が施してある。

 

普段からそうなのか、修復工事間近だったからか、門は閉じられ、柵が設けられていた。それでも、豪華な装飾、彫刻などは見上げられた。獅子や龍、麒麟、鳳凰と思われる想像上の生き物など、主に動植物が描かれており、鶴などの縁起物もあった。

じっと見ていると日が暮れるということから「日暮(ひぐらし)門」とも呼ばれる。どこかで聞いたことがあると思ったが、世界遺産日光東照宮の陽明門も同様の細工があって、そう呼ばれていた。

2022年3月には、今回見た彫刻や装飾がさらに鮮やかになっているのだろう。そうなった時に再度見に行きたいと思わせてくれる門でもある。

1994年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。