• HOME
  • ブログ
  • 日本
  • 明治日本の産業革命遺産群(日本) 三池炭鉱万田坑、三角西港(三池エリア)

明治日本の産業革命遺産群(日本) 三池炭鉱万田坑、三角西港(三池エリア)

福岡~荒尾駅~バス万田坑前、熊本~三角駅~バス三角西港

明治時代の日本は、欧米列強に対抗するために近代化を進めていた。鉄鋼や造船などの産業施設が世界遺産に登録されているが、そうした重工業を支えたのが、動力源、燃料となる石炭産業。中でも、九州の三池炭鉱は、歌でご存じの方も多いように、明治から大正、昭和にかけて日本の産業を支えた。

三池炭鉱の福岡県大牟田市の宮原坑、熊本県荒尾市の万田坑と、専用鉄道敷跡。そして、三池炭鉱の石炭の積出港として三池港と三角西港(旧三角港)が「三池エリア」として世界遺産として登録されている。

施設が数多く残っている万田坑と、開港当時の施設が残っている三角西港に2016年、行ってみた。

日本で初めての鋼鉄製やぐら

JR荒尾駅から路線バスで10分ほど、「万田坑前」に着く。世界遺産に登録されたばかりで、お祝いの幟がはためいている。

万田坑ステーションで入場料410円と支払い、パンフレットをもらった。ちょうど、無料のガイドツアーがあるというので、参加することにした。ステーションでは万田坑の説明や復元模型、古写真の展示などをしている。ガイドツアーに参加するしないは別として、入る前に立ち寄った方がいい。

ステーションの解説やパンフレットなどから、万田坑の歴史を簡単に。戦国時代の入口、応仁の乱の最中の1469年に石炭が発見されていたという伝承があるそう。炭鉱としては江戸時代に採掘がはじまっていたが、明治維新後の官営炭鉱として團琢磨らによって近代化され、1889年(明治23)に三井に払い下げられた。

万田坑は隣の宮原坑に次いで、日本の炭鉱の模範になるように主力坑として開かれ、第一竪坑の完成で1902年に採掘を開始している。

正門から入場する。櫓(やぐら)のようなものもすでに見えている。

入口を入るとまず「山ノ神祭祀施設」。炭鉱というと災害の危険性が高いため、安全祈願の施設で、坑内作業員たちは一礼して炭鉱に入っていったという。

赤レンガ造りの倉庫、ポンプ室、安全燈室、浴室などの外観を見て、万田坑のシンボルとされる「第二竪坑櫓」に着く。

櫓は日本で初めての総鋼鉄製で高さ18.8メートル。1908年に完成した。鋼鉄は高価で、それまでは木材で櫓を組んで、重要な個所のみに鉄を使っていたそう。英国製の鋼材を使用しているので、相当な費用が掛かったと思われる。

鋼鉄の板を山型に折り曲げて強度を増し、組み合わせて立てて行ったそうで、主脚4本、補助脚2本で組まれている。

この第二竪坑は、櫓で2台のエレベーターのケージを昇降させて坑内作業員や機材を運ぶとともに、坑内の排気の役割をしていた。ちなみに、先にできた第一竪坑で入気と採掘した石炭を揚げていた。坑内作業員が入っていく入口がある。

事務所(旧排気用扇風機室)、汽缶場跡及び煙突跡、第一竪坑櫓跡、石炭の品質や大きさ、ボタ(岩石)との選別などをしていた選炭場跡などの外観を見学していく。

汽缶場跡と煙突跡

第一竪坑櫓跡

 

巨大な巻揚機が近代化の象徴

最後に行くのが、見学のメーンともいえる第二竪坑櫓に取り付けられたエレベーターの昇降を行っていた「第二竪坑巻揚機室」。赤レンガ造りの建物だった。

第二竪坑で人員や機材の運搬に使うケージ(かご)などを昇降させるための巨大なウインチが置かれている。ウインチは2つ。重量物を昇降させるものと、人員を昇降させるものがある。

第二竪坑巻揚げ機室内部

重量物の昇降の際には人員用のケージを外して行ったそうで、直径45ミリのワイヤーロープで巻き揚げて行った。動力は石炭を燃料とした蒸気。ウインチを動かすエンジンが取り付けられている。

重量物用ウインチ

人員昇降用の定員25人のケージを上げ下げするのはモーターと直径36ミリのワイヤーロープ。これで約264メートル下の坑底まで約1分で下ろしていたというから、時速16キロ弱。けっこうなスピードだ。

人員用ウインチ

全体の仕組みがパンフレットにあったので、分かりやすいかもしれない。

坑内の部屋には、作業に使われていた道具類、器具類が置かれたままになっている。壁にかけられた「ご苦労さん」の表示が、印象に残った。

 

計画的に造られた明治三大築港の1つ

熊本での仕事を終えて熊本県宇城市にある「三角西港(旧三角港)」に行ってみた。JRで熊本から三角へ。路線バスで三角駅から10分ほどで三角西港前へ。降りると、目の前に海が広がるが、どこと言って特徴がない港。三角駅にあったパンフレットと散策マップを見る。

三角西港は、明治政府内務省から派遣されたオランダ人技師ムルドルの設計で、山を削り、海を埋め立てて造られた港湾都市。明治政府三大築港(福井・三国港、宮城・野蒜築港)の1つとして、1887年(明治20年)に完成した。

散策マップにあった60分コースの見学場所を見ることにした。バスを降りたところにきれいな洋館がある。「浦島屋」というかつての旅館を復元したもの。小説家の小泉八雲が宿泊したことがある旅館だという。

浦島屋より海側の斜め向かいに「龍驤館」というこれも洋館。明治天皇即位50周年事業で1918年(大正7)に建てられたという。

海岸に沿って歩いていくと小さな川があり「三之橋」という石橋を渡る。この川が築港の際に造られた排水路。石積みで造られている。満潮時に海水を引き込み、排水溝に側溝から下水が流れ出て、干潮時に海に排水する下水道の役目を果たしているそうだ。

三池の石炭を海外に輸出した港

橋から海の方を見ると、左右に岸壁が石積みで曲線を描いている。これがムンドルが設計した「石積埠頭」と呼ばれている明治の仕事。100年以上たった今でも頑丈そうだ。

世界遺産になっている長崎の大浦天主堂やグラバー邸などを手掛けた天草の石工集団が、石材を丹念に組み上げ、曲線を多用した港(埠頭)になっている。

当時造られた石積埠頭は、全長756メートルに及ぶ。1893年から海外への石炭の輸出港で、1908年に三池港が完成するまでは三池炭鉱の石炭積出港だった。この埠頭で積み出しが行われたのだろう。今はのんびりと釣り糸を垂れる人が、埠頭の主役になっている。

廃れたから残った明治期の港湾施設

埠頭の周りには、当時の面影を残す建物が点在する。「旧三角海運倉庫」は1887年(明治20)に建てられ、荷揚げ倉庫として使用されていたという。今はレストランになっている。

旧三角海運倉庫

「旧高田回漕店」も明治20年代に建てられた回船問屋。荷物や乗客の世話をしていた。1999年に修復されて、往時をしのばせている。内部も見られるので、入ってみた

旧高田屋回漕店

国道57号線に出て、少し戻ると石橋の中之橋があり、先ほどの排水路を渡り、散策マップに従ってそこから排水路に沿って上っていく。

「旧三角簡易裁判所本館」「旧三角簡易裁判所弁護士等控室」と1890年(明治23)に開庁された裁判所関連の建物が移築されている。

 

旧三角簡易裁判所本館

旧三角簡易裁判所弁護士控え室

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。