エフェス(トルコ)

イスタンブール~アルテミス神殿跡~エフェス~マリアの家

「世界七不思議」という言葉をよく聞く。紀元前2世紀にギリシャの旅行家フィロンが書き残した「驚嘆すべき」7つの景観で、ギザの大ピラミッド、バビロンの空中庭園、エフェスのアルテミス神殿、オリンピアのゼウス像、ハリカルナッソスのマウソロス霊廟、ロードス島の巨像、アレクサンドリアの大灯台。

現存するのはピラミッドだけだが、イスタンブール方面からパムッカレに行く途中にある「エフェス(Efes、エフェソス)」に、アルテミス神殿の跡がある。「ピラミッドもかすむ」といわれた壮大さ、壮麗さの面影はないが、柱が1本だけ積み上げられている。

かつての高さになっているかは分からないが、妙に寂しい感じだ。狩猟と貞潔を司る女神アルテミスは豊穣や多産の神でもあり、乳房をたくさんつけた姿の彫刻などを見ることがある。それは牛の睾丸という説もあるそうだが。

そんなアルテミス信仰を基にしたローマ時代の巨大都市遺跡エフェスが、神殿の近くに広がっている。世界遺産登録される前の2004年、行ってみた。

クレオパトラも滞在した巨大都市

トルコでよく飲んだビールが「EFES」なので、なじみのある名前だ。入口から遺跡に入ると大通りに突き当たる。アルカディアン通り(港通り)と呼ばれていて「かつてはすぐそばまで海が来ていたので、大きな港がありました。船でやって来てエフェスに滞在したクレオパトラ7世とアントニウスもこの道を歩いた」(ガイド)という。エジプト王朝滅亡前夜の話だ。

広い道の両側には多くの遺跡が点在する。かつては商店などが軒を連ねていたという。

アルカディアン通りを歩いていくと道の向こうに見える山の斜面に巨大な姿が見えてくる。「大劇場」で、2万5000人が収容できたとされる。ギリシャ、ローマ時代の劇場としては最大級。紀元前3世紀に造られたという。

ちなみにローマのコロッセオは5万人収容とされるが、あちらは剣闘士の戦いなどを見せた闘技場。劇場ではいわゆる歌劇などが催されていた。

客席の高さは最上段で38メートル、円形(半月形)の直径は158メートル。こんなに大きくて役者や歌手の声が届いたのかという疑問は、すぐに解消する。観光客の1人が大劇場の底、舞台があったと思われる場所でオペラ(たぶん)を歌い始めた。ちょうど客席の上の方にいたのだが、確かに声が響いて聞こえる。構造がいいのだろうか、2万5000人が入っても満足させたのだろう。

神殿、図書館から娼婦館までなんでもそろう

エフェスは元の姿を残している建物などはほとんどない。ただ、白大理石でできているものが多かったようで、柱1本でも青空に映えてきれいにみえる。

ガイドブックなどによると、ギリシャ時代の紀元前4世紀半ばに「後世に名を残したい」という羊飼いによって、アルテミス神殿が放火されて焼失した時にはすでにアルテミス信仰の街として栄えていた。

紀元前2世紀にローマの支配下になり、エジプトの女王クレオパトラ7世とローマの政治家マルクス・アントニウスが滞在したのは紀元前1世紀ごろ。4世紀にはキリスト教の街になったという。

そんな中でもハイライト的な存在が、「セルシウム(ケルスス)図書館跡」。アレクサンドリア、ペルガモンと並んで古代3大図書館の1つだ。統治していたセルシウスという人の名前を取り、墓もあるという。

正面の柱や梁、壁の一部と女神の彫刻が残っているだけなので、倒れそうで危なっかしいのだが、見ごたえのある「遺跡」だ。

クレテス大通りという、大理石を敷き詰めたメーンストリートに入る。「ハドリアヌスの神殿」「トラヤヌスの泉」といった歴代ローマ皇帝の名前がつけられた門、神殿、聖堂、柱などが建ち並ぶ。

ハドリアヌス神殿跡入口

ハドリアヌス神殿跡は、裕福な市民が138年に造り、皇帝に献上した。アーチ形の門には彫刻が施されて美しい。門の正面には街の繁栄をつかさどる女神ティケ(チュケー)や、ギリシャ神話の髪が蛇、目を見た者は石になるというメドゥーサが彫られている。壁面には建国伝説やアルテミスなどが描かれているそうだ。

トラヤヌスの泉は皇帝トラヤヌスに捧げられた泉を建物で囲んでいた。ほとんど立っているのがやっとという風情の柱などがある。

トラヤヌスの泉

原形をとどめていないのが残念だが、道の両脇にはモザイクに飾られた住居跡や商店などがあった。たくさんの柱が残っている。かなり大きな街だったようだ。

持ち去られたのか、頭がなくなった大理石像や、勝利の女神「ニケ(ナイキ)」の彫刻などが道の左右に無造作に置かれていた。

「面白いものがあります」とガイド。道の一角に足跡と文字。「娼館はこっちにありますという目印です」という。水路に流す公衆トイレなども「完備」されている。なんでもありそうな街だ。

聖母マリアが余生を送った地

発掘中だったのか、時間の問題か、理由はよくわからないが、ガイドが「ここで引き返します」といったところの目の前には、廃墟のような遺跡が広がっていた。神殿や「アゴラ」という集会所があったという。

巨大都市も、要の港が土砂の堆積などで埋まっていったため、8世紀ごろには放棄されたという。都市遺跡はほとんど未発掘でどれぐらいの規模か分かっていない。行ってからもう15年以上経ち、世界遺産にも登録されたので、発掘や修復は進んでいることだろう。

都市遺跡を離れて、近くの山中にある「聖母マリアの家」にいった。イエス・キリストの磔刑後、聖母マリアが聖ヨハネとともに住んでいたといわれていた場所で、実際に紀元前後の家の遺構が発掘されたという。

いまはしっかりした石造りの家が建てられ、シーンとした静かな雰囲気。キリスト教の聖地になっており、ローマ教皇も訪れるという。

2015年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。