キナバル自然公園(マレーシア)

コタ・キナバル~ポーリン温泉~キナバル公園植物園

 

オランウータン、ラフレシアに、ウツボカズラ…。珍しい動植物の宝庫が、マレーシアの高山、キナバル山(Gunung Kinabalu)とその山域に広がるキナバル自然公園(Taman Kinabalu)。2005年、行ってみた。

世界3番目に大きな島、ボルネオ島。この島は、南側大部分がインドネシア、北側の一部がマレーシア、マレーシア領内に小国ブルネイと、世界で唯一3つの国に分かれている珍しい島でもある。

マレーシア領には2つの州があり、以前紹介した鍾乳洞のあるグヌン・ムル国立公園はサラワク州、キナバル自然公園があるのがサバ州。サバ州の州都コタ・キナバル(Kota Kinabalu)からツアーで向かった。

ギザギザ山頂の山は今も成長中

途中、東南アジア最高峰のキナバル山がきれいに見えた。標高は4095㍍。山容がちょっと奇妙だ。

広い山頂部分に、たくさんの岩が突き出したような感じに見える。かなりごつごつしていそうだ。コタ・キナバルのホテルで買った絵葉書にはキナバル山の山頂の様子が分かりやすいものがあった。

 

1泊2日で登頂するツアーもあるそうなので、時間と体力がある人は上ってみては。この山を中心に、山麓を含めて自然公園になっている。

もらったガイドブックによると、キナバル山は100万年前に花崗岩が押し上げられてできたといい、氷河期に突き出ていた花崗岩以外が削られて山頂がなだらかになったため、いくつもの岩が立っている形になったという。

今も年間5ミリぐらい上昇を続けているという。200年後には1メートル高くなっているかもしれない。

熱帯雨林のジャングルを空中散歩

2時間弱で、ポーリン温泉というところに着いた。「キャノピーウォークに行ってから温泉に入りましょう」とガイド。ジャングルの山道を上っていく。

キャノピーは細い釣り橋のことで、そこを歩く。キャノピーがかかっているのは、熱帯雨林のジャングルの樹木の上、高いところでは40㍍ぐらいあるという。

濃霧、というか、霧雨の感じになっていた。ポーリン温泉は晴れていたのに、ちょっと上っただけで? 大した量ではないが、じっとりと濡れる感じだ。

キャノピーは人一人がやっと通れるほどの幅しかない。すれ違えないので一方通行になっている。眼下のジャングルを見ながら歩く。キナバル山はふもとの熱帯雨林から、山頂の高山帯まで多種多様な植物が生息している。山麓のこの辺は50㍍以上の大木もある。

両側をネットとロープでガードされてるのでまず落ちないとは思うが、揺れたりするのでロープを知らず知らず握っている。ジャングルの空中散歩、なかなかスリルがあって樹上を歩くのは得難い体験。眼下、遠方のジャングルの緑もきれいだ。

旧日本軍が見つけた温泉

じっとり濡れたこともあって、温泉が楽しみになってきた。ポーリン温泉はやっぱり晴れていた。

この温泉、第2次世界大戦中にこの島を占領した旧日本軍が見つけた温泉だという。温泉好きの日本人としては、さぞうれしかったことだろう。

日本の温泉とはちょっと違い、温泉が入った小さなプールがたくさんあるという感じ。水着で入る。お湯は少しぬるめだったが、気温が高いのでちょうどいい。

入っているころにはすっかり晴れ上がった。そうそう、ラフレシアとウツボカズラだ。

自然公園は動植物の宝庫と言われる。中でも世界最大の花ラフレシアや、食虫植物のウツボカズラで有名な植物は6000種以上、ランだけでも1200種が見つかっている。

ラフレシアは時期を問わないが、ジャングルの中で3~5日間ぐらいしか咲かないため、見るのは難しい花だという。「このあたりでも見つかることがあるんですが、今日はその情報はありません」と、携帯電話を手にしたガイド。ガイド同士で情報交換をしているらしいが、ちょっと残念。ラフレシア保護区というのがあるそうなので、そこだと見つかりやすいかもしれない。

「ウツボカズラは植物園で見られますので」と、山腹を車で少し上って行って植物園近くのレストランで昼食をとった。

ウツボカズラの奇妙な形

レストランに入った時は晴れていたのだが、出ると真っ黒な雲で当たりも暗い。すぐに土砂降りの雨。山の天気が変わりやすいのか、熱帯の天気なのか。植物園に行ったが、雨の勢いは収まらなかった。

「行ってみますか?」というガイドに、傘を取り出して「ウツボカズラだけでも見たい」と植物園へ。

雨からカメラを守るのに必死で、撮影もままならない。しかも昼過ぎなのに夕方のような暗さ。「これがウツボカズラです」といくつか、金網越しにあるウツボカズラを教えてくれた。

ウツボカズラは、壺状の丸い捕虫袋が特徴で、この袋の中に落ちてきた虫などを溶かして栄養にしている。

それ以外にもさまざまな花が咲いていた。ただ、傘もほとんど役に立たないような雨で、鑑賞するという感じにならず、早々に撤退してきた。

「森の人」に出会う

翌日、コタ・キナバル市内のホテルの中でオランウータンを保護・飼育しているところに行った。ボルネオ島と、インドネシアのスマトラ島にしか生息しておらず、キナバル自然公園一帯の森にも数多く住んでいるという。観光用でもあるが、保護・飼育をしているホテルも多い。

「森の人」とも呼ばれている。子供のオランウータンがえさをもらったり、遊んだりしている。人懐こいのか、近くに寄ってきた。なんとも、表情がかわいらしい。

 

2000年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。