古都京都の文化財(日本) 銀閣(東山)

京都駅~バス銀閣寺道

初めて京都に行ったのは1976年。北海道の高校の修学旅行先は京都だった。寝台列車と新幹線を乗り継いでいった。多くの神社仏閣、史跡を見て回ったが、グループでの自由行動で選んだ先が銀閣。世界遺産という言葉も知らなかった頃だった。

もう1回見てみたいと思って、43年ぶりの2019年、行ってみた。

金閣と対照的に渋みがある銀閣

京都駅からバスで「銀閣寺道」へ。正確に覚えていないが、結構かかったので、30~40分ぐらいは乗っていたかも。「銀閣寺前」のバス停の方が近いらしい。

参道のような土産屋や飲食店がある通りをぶらぶら歩いて総門をくぐり、「銀閣寺垣」と呼ばれる竹垣が両側にある参道に入ると、小学生の社会見学だろうか、大集団がずらっと並んで待っていた。たぶん団体と個人は入口が違うだろうと先に進んだ。

子供がいたので写真を撮らなかったが、帰路で撮り忘れた。入口で手続きが済んだ子供たちがぞろぞろと中に入る列の隙間をついて、入山料500円で中に入った。

中門をくぐり、細い道を右に折れると「八幡社」の鳥居。その先に国宝「銀閣」がたたずんでいる。記憶していたよりも小さい。天気の問題か、黒々としていた印象があるが、日が当たっている銀閣は、きらびやかな金閣の正反対の味わいある渋さを醸し出している。

 

銀箔を張った痕跡がない銀閣

「方丈」と国宝「東求堂」の特別拝観があるので、先にそちらの受付に行った。時間が決まったいたが、あと20分ほどで入場できるというので、名前を書き込んだ。特別拝観料は1500円。銀閣を眺めて時間をつぶした。

HPやガイドブックによると「銀閣」は正式には「東山慈照寺」の「観音殿」のこと。室町幕府8代将軍の足利義政が、祖父の3代将軍義満がつくった北山「鹿苑寺(金閣寺)」を手本にして、1482年から山荘東山殿の造営を始めた。

舎利殿・金閣に対して作ったのが観音殿・銀閣で、木造2階建て。1階(一層)が「心空殿」、2階(二層)は「潮音閣」と名付けられている。

2層の潮音閣

銀閣とは言いながら、銀箔を張った形跡はないという。当時は、自らの政治姿勢、後継者問題もあって起こった応仁の乱の終結直後。焼け野原になった京都で民を労役にかり出し、臨時税を徴収してまで造営した。相当恨みを買ったと想像できる。義政は完成直前の1490年に銀閣の内装を指示して亡くなっている。

1層の心空殿

ただ、銀閣と呼ばれ始めたのは江戸時代からだともいわれているそうで、創建当時に銀箔を張り付けるつもりだったかどうかは分からない。義政死後、法号慈照院にちなみ、山荘は臨済宗相国寺派の東山慈照寺となり、銀閣寺が通称となった。

屋根のてっぺんには、鳳凰が今もにらみを利かせている。日が当たって屋根から蒸気がたってきたのが、またいい。

 

4畳半の間取りの起源

特別拝観の時間になった。10人ほどで中に入る。まず「方丈」。本堂に当たり、義政の位牌が祀られているという。撮影や録音は禁止だった。

外から見た方丈

方丈には、池大雅、与謝野蕪村の水墨画の襖(ふすま)絵がある。ただ、置いてあるのは正確な複製画という。蕪村の「棕櫚(しゅろ)に叭叭鳥(ははちょう)図」は、ムクドリとされる叭叭鳥8羽がふすまを飛び回っている。大雅の「琴棋書画図」は人物画。落ち着いた空間だ。

廊下を先に進み「東求堂(とうぐどう)」に入る。元々は12の建物があったが、1550年に三好長慶と15代将軍足利義昭との戦いの影響で銀閣と東求堂を残して焼失した。

外から見た東求堂

義政の持仏堂として1486年に造られたという。義政の等身大の木造座像が安置されている。天井は書院造で使われる折り上げ小組格天井というそうで、木を組んである。

奥の書院に行く。「同仁斎」と名前がついていた。初期の書院造で、畳4畳半の広さ。今の家屋に4畳半の部屋が普通にあるが、半端な「半」ができたのは、この義政の書院が原形なのだという。

義政の愛用した品も残っており「書院飾り」として、墨、すずり、筆、巻物、印材などが、決まった置き方をされている。段が互い違いの「違棚」には茶道具が置かれていた。

離れのような「弄清亭(ろうせいてい)」は香を楽しんだところという。襖絵はそれまで見たのとは違って、昭和に活躍した日本画家奥田元宋(1912~2003年)の作品。四季を表す桜やもみじが色鮮やかに描かれていた。

プリンのような向月台の作り方

小1時間だっただろうか、拝観を終えて外に出た。さあ、庭を見よう。修学旅行で来たときに一番印象に残っているのは、白砂に線が描かれた庭とプリンのようなもの。

「銀沙灘(ぎんしゃだん)」というのが白砂の庭、プリンのような形のものは砂を固めてつくった「向月台」という。

先ほどの特別拝観の時に庭について教えてくれた。「銀沙灘は中国の西湖をまねたものです」という。走っている筋は水面の波ということか。使っている砂は江戸時代のものだという。白砂には、反射で向かいにある方丈など建物に明かりを入れる役目もあったそうだ。

向月台は、富士山をイメージしたとか、上に座って月を見たといわれているそうだ。「砂をたたいて固めるので、5,6人乗っても壊れない。雨も大丈夫」というから、見た目より頑丈だ。土をたたいて固めて作る大相撲の土俵と似ていると思ったが、丸みをつけるのはかなりの技術なのだろう。

1976年に撮った写真があった。同じような位置から撮ってみたが、向月台の形が少し違うような気がするが、銀沙灘の波の形は変わっていない。

銀閣と向月台 (1976年)

銀閣と向月台(2019年)

木、水、石、砂…自然を表す造形

その先には錦鏡池(きんきょうち)という大きな池に島が浮かぶ庭園。この禅宗様式の庭園、夢想国師がつくった西芳寺(苔寺)の庭園をならってつくられた。池には7つの石橋と4つの浮石がある。「四方正面の庭」と言われ、どこから見ても素晴らしい庭ということらしい。

時計回りに、庭園を歩く。「洗月泉」という、小さな滝がある。これで池に水を引き込んでいる。

洗月泉から少し上ったところに展望所があるのでぜひ立ち寄った方がいい。銀閣や東求堂はじめ、銀閣寺全体が一望できる。ちょうど紅葉に入った時期だったので、もみじの赤がきれいだった。

出口に向かう前に、銀閣を「裏」から見られる。入り口側から見たときよりも近いかもしれない。日の光が当たっていたので、くっきりとしている。屋根の反り、2階の板壁、1階の白壁や障子などを見られた。

造った将軍の評判は悪いが、造ったもの自体はお見事、という建物だった。

1994年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。