古代都市テーベと墓地遺跡(エジプト) ナイル川東岸

ルクソール市街~カルナック神殿~ルクソール神殿

「テーベの都」というのは、古代エジプトを描いた映画などでよく登場する。現在のルクソール(Luxor)。エジプトの遺跡の中で、ギザ、アブ・シンベルと並んで壮大さを誇る。2006年、行ってみた。
中王国(紀元前2040~1785年ごろ)から新王国時代(紀元前1565~1070年ごろ)に栄えた都で、ナイル川(the Nile)をはさんで東岸と西岸に街がある。
東岸は「生者の都」の別名がある。

「アメン」という神を忘れずに

このあたりを見る上で欠かせないのが「アメン神(Amen)」という神で、有名なツタンカーメン(Tut-ankh-amen)の名前の後ろには「アメン」がついている。
アメン神は古王国時代はまだ小さな街だった、このテーベの神で、中王国時代にテーベの発展とともに、古王国時代からの太陽神ラーと合体して「アメン・ラー」という最高神になる。
なぜ合体したのか(させたのか)は分からないが、ファラオをはじめ統治する側に都合がよかったということだろう。

東岸には、かつて4つの神殿があったそうだが、中でも古代都市の象徴でもある大神殿が2つ、「カルナック神殿(Karnak Temple)」と「ルクソール神殿(Luxor Temple)」がある。カルナック神殿から行った。

カルナック神殿は、神を合体させたあたりからつくられ始めた。歴代ファラオが競うように塔門、祭壇、柱、レリーフ、オベリスク・・・などを新王国時代まで2000年近くにわたって次々と建てていったので、エジプト最大規模の神殿になったという。
カルナック神殿の中でも最大の「アメン神殿」の参道には、両側に羊の頭をしたスフィンクスがずらっと並んでいる。羊はアメン神の使いだという。

ファラオたちが競って立てた巨大な柱

第1塔門から大神殿に入ると「建設王」で目立ちたがりのラムセス2世の立像が次の門の両側にデーンとすえられている。


第2塔門を入ると、大列柱室。高さ15~20㍍、巨大な柱は134本立っているという。まさに林立だ。


最大で周囲15㍍にもなるという柱頭は、パピルスの装飾が施されているものが多い。梁の一部が残っているので屋根をつけてあったのだとしても、こんな太い柱を密集させる意味がないようにみえる。


多くのファラオがどんどん立てていったというから、これも一種の自己アピールなのだろう。柱にはきれいなレリーフが施されている。

さらに塔門をくぐって進むと、トトメス1世のオベリスク、その右には高さ約30㍍のハトシェプスト女王のオベリスクが空に向かって伸びている。このへんのファラオの名前も、覚えておくとエジプトでは便利だ。

トトメス1世(左)とハトシェプストのオベリスク

大神殿の周囲にコンス神殿、ムート神殿などがあり、合わせてカルナック神殿という。

アメン神の妻の神殿

ルクソール神殿は、カルナック神殿よりも新しく、アメン神の妻ムート神のために中王国時代に建設が始まり、新王国第18王朝アメンヘテプ3世、第19王朝ラムセス2世がほぼ完成させた。
カルナック神殿から3㌔ほど離れているが、道がつながっていたという。第1塔門の両側には、お決まりのラムセス2世の座像。高さ約15㍍なので、塔門は30㍍以上あるだろうか。


オベリスクも1本建っている。2本あったが、1本はフランス皇帝ナポレオンにプレゼントされ、パリのコンコルド広場にある。こちらを見た人が多いかもしれない。

第1塔門を入ると、「ラムセス2世の中庭)」がある。中庭を取り囲むように柱が並び、ラムセス2世の像が立っている。

第2塔門を抜けると、その先が神殿のハイライトでもある「大列柱廊」。カルナック神殿同様、巨大な柱と壁面のレリーフがメーンのようだ。高さ25㍍の石柱が整然と並んでいる。

第2塔門と列柱

歴代ファラオの名前が刻まれた部屋のようなところもあった。ヒエログリフを読めたら楽しいだろうと、ちょっと思った。

 

神殿に名を残すのが大事

そんな柱の林を抜けて、第3塔門を入ると「アメンホテプ3世の中庭」。ここも列柱がぐるっと取り囲んでいる。


突き当たった先にアレキサンダー(アレクサンドロス)大王がつくった至聖所がある。塞がれているのでその先はいけなかったが、神殿に名を残そうとした登場人物のスケールも大きい。


ここから引き返すのだが、帰り道は壁面のレリーフなどを見ながらぶらぶらと戻った。やはり、ヒエログリフが読めたら何が描かれているか分かるのだろうが、絵としてみるだけでも楽しめる。

ラムセス3世の中庭で列柱を眺めていたら、警備する銃を持った兵士が「写真を撮ってやる」と寄ってきた。チップを要求されたのでにこやかに逃げてきたが、少し怖かった。
ホテルに戻って一休みした。ナイル川に面していたので、夕日がきれいだ。


夜、カルナック神殿に音と光のショーを見に行った。主要なものがライトアップされているので、昼とは違った光景になる。折れたオベリスクが置かれていたり、順路も違った。


聖なる池のほとりの観覧席からみる。神殿内の建物などがライトアップされて、それにまつわる歴史などをドラマ仕立てに紹介している。ただ、範囲が広すぎて、どこで何をやっているのか、見るのは大変だった。

1979年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。