トロイの古代遺跡(トルコ)

イスタンブール~マルマラ海~チャナッカレ~トロイ

「トロイの木馬」の話、ご存じだろうか。トロイ(Troy、トロイアTroia )遺跡を発掘したハインリヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann)の伝記などを子供のころに読んだ人も多いだろう。2004年、行ってみた。
イスタンブールを出発して、マルマラ海をフェリーで渡ってから西へ進み、チャナッカレ( Canakkale)という街に1泊した。翌朝、海岸の公園に散歩に行ったところ、ブラッド・ピット主演の映画「TROY」(2004年)の中で登場した木馬が置かれていた。


トロイにまつわる映画なども多く作られているが、なぜ?「映画を記念して、トロイ遺跡に飾るためにここに陸揚げされたばかりだそうです」とガイドが聞き込んできてくれた。
その後トルコに行った友人によると、今でもチャナッカレに展示してあると聞いた。

木馬の中に入ってみよう

トロイに行くまでに、トロイ戦争、トロイの木馬について触りを少し。吟遊詩人ホメロスの紀元前800年ごろに書いた古代ギリシャの叙事詩「イリアス(Ilias)」と「オデュッセイア(Odyssea)」にトロイ戦争の記載がある。
トロイの王子パリスがスパルタ王妃ヘレンを誘拐し、アガメムノンを総大将とするギリシャ連合軍がトロイを攻める。トロイの王はプリアモスだった。
戦いが膠着し、ギリシャ軍は木馬を残して撤退。トロイ側が戦利品として木馬を城内に運び込んだところ、中にギリシャ兵が潜んでいて、夜になって攻撃を開始し、難攻不落の城を落とした。
戦いには神話、伝説の登場する英雄たちがたくさん出てくる。中でも、ギリシャ軍にいた英雄アキレス(Achilles、アキレウス)は唯一の弱点の足首を射抜かれて死ぬのが、それがアキレスけんの語源になったという話も有名だ。
それでも、叙事詩に書かれた戦争は神話、伝説、創作だとされていた。
チャナッカレから30分ほどでトロイに着く。まずは伝説の木馬が出迎えてくれる。もちろん、トロイ戦争当時のものではなく、チャナッカレでみた映画の木馬の方が本物っぽい。


ギリシャ兵の気分になるために、木馬の体内に入れる。狭いので頭上注意。胴体部分に窓が開けられており、ここからの眺めはいい。もやがかかってよく分からなかったが、たぶんエーゲ海が遠くに見えるはずだ。
ガイドによると、かつてはこの遺跡のあるトロイの近くまで海だったという。そういえば、木馬は海岸に置かれていたはず。当時より海が後退したのか、陸地が隆起したのか。地球温暖化と関係があるのだろうか。

発見者シュリーマンの失敗

かつてこのあたりはイリオスと呼ばれ、アポロンとポセイドンが城壁を築き、ヘラクレスが攻撃するなど、ギリシャ神話のころから存在していたとされる。
遺跡の入り口にある解説板によると、実際には紀元前3000年ぐらいに始まる城塞都市遺跡で、紀元前350年ごろまでの、9つの時代の遺跡が積み重なっているという。


1つの都市が壊されると、それを土台に新しい都市を築いていくのは日本をはじめ世界中にあるが、9つも重なっているのはそうないかもしれない。このあたりは地理的条件がよく、支配者が何度も変わったのだろうか。


そんなトロイも大地震で崩壊して消えてしまい、忘れ去られてしまう。伝説、神話だけが残った。
少年時代に「イリアス」を読んだシュリーマンは、実業家として財を成した後、1870年に発掘を始め、1873年に「プリアモスの財宝」と呼ばれる遺物を発見した。
ただ、シュリーマンは積み重なっていた都市層の中で、下から2番目の第2市の遺跡で財宝を発見した。しかし、時代的には実際には探していたトロイ戦争時の王プリアモスの時代のものではなかった。
シュリーマンは数百点の貴金属などの財宝を当時のオスマン帝国に申告せずに持ち出し、その後母国ドイツに寄贈。第2次大戦時にロシアに持ち去られ、モスクワのプーシキン美術館に収められているという。偉人伝説が残っているが、盗掘者でもあったということだ。古代の財宝の魅力に負けたのだろうか。


また、9都市も重なっていたとを知ってか知らずか、2層目にたどり着こうとして多くの遺構を破壊してしまった。特に、本来見つけたかったはずのトロイ戦争があったとされる紀元前13世紀前後にあたる第7市が、発掘時の破壊でほとんど残っていないため、いまだにここが正確にトロイだったかの確証が得られていないという。発掘の難しさなのだろう。

さまざまな遺構はあれど…

ぐるっと遺跡を歩く。第1市の住居跡、第2市の石畳の道、第7市のトロイ戦争時の城壁や門の跡、第9市のアレクサンダー大王も供物をささげたという聖域…それぞれの時代の遺構が次々と現れてくる。


「古い」ということはわかるが、多くは同じような石積み、レンガづくりの遺構でもあり、素人目には時代によっての違いがそんなに分からないというのが正直なところだった。


シュリーマンの発掘の破壊を免れた古い方の第1、2市はけっこう残っているらしいが、遺跡の売り物になるであろう、トロイ戦争時の第7市の遺構がだめになっているのが惜しまれる。
これといってメーンとなる建物、芸術品の展示などはなかった。「ここはアキレスが死んだと思われる場所です」などが分かってくれば、見る方の楽しみにもなるのだが…。


当時はいたるところをビニールシートなどで保護して発掘作業を行っていたので、今はもう少し修復、復元などが行われているかもしれない。

確かにトロイだったという新たな発見は今のところ、聞こえてこない。「トロイ遺跡」ではなく、地名をとって「イリオス遺跡」とも呼ばれている。
文字通り、廃墟になった街だが、映画のシーンほか、これまで見聞きしてきたいろいろなことを想像しながら歩くと、街が生き返って見えてくるのかもしれない。

1998年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。