• HOME
  • ブログ
  • 日本
  • 北海道・北東北の縄文遺跡群(日本) 御所野遺跡・伊勢堂岱遺跡・大湯環状列石(秋田・岩手県)

北海道・北東北の縄文遺跡群(日本) 御所野遺跡・伊勢堂岱遺跡・大湯環状列石(秋田・岩手県)

盛岡~御所野遺跡、大館~伊勢堂岱遺跡~大湯環状列石

2021年に日本の25番目の世界遺産、文化遺産としては20番目に登録された縄文遺跡群。北東北の3県のうち、秋田県と岩手県では3カ所が登録された。3カ所とも、文化審議会が世界遺産登録の推薦を5回見送っていた時期に、仕事などで近くに行った際に見てきた。

岩手県にある御所野遺跡には2016年、行ってみた。盛岡からレンタカーで国道4号線を北上し、東北自動車道一戸ICの手前に標識があった。「御所野縄文公園」として、来るべき世界遺産登録のために、遺跡が整備されていた。

復原家屋で縄文体験ができる

駐車場から「きききのつり橋」を通って博物館へ。入館料300円で入った。円形の展示室では、プロジェクションマッピングで縄文時代の人々の暮らしを再現する映像を見られた。そのほか、円筒形の土器や「鼻曲がり土面」という奇妙な表情の土製仮面など、御所野遺跡や周辺の縄文遺跡の出土品などが展示され、下調べになる。40分ほど見てから外に出て、遺跡に入る。

緩やかな傾斜のある広い斜面の大きな広場に、当時の竪穴式住居や掘立柱建物などが復原されている。博物館側から広場の奥に向かって「東むら」「中央むら」「西むら」の集落が並んでいる。

御所野遺跡は、縄文時代中期後半(約4000~4500年前)の大規模集落の跡。中央むらにはストーンサークルより小型の「配石遺構」があり、遺跡全体に約800棟の竪穴式住居が見つかっているというから、人口もかなり多かったようだ。

竪穴式住居の復原方法が説明してあった。実際に使用されていたと思われるクリの木を伐り出し、地面を掘り、柱や壁を立て、樹皮で屋根をつくり、小枝で固定し、その上に土を厚さ10センチ程度のせている。地面と一体になった感じの家になっている。

復原された住居の中にも入れる。入口からしか明かりが入らないので暗い。中央に石で囲われたかまどと思われるものもある。

そのほか、川から水を引き込む「水場遺構」や、大量の土器や石器とともに火を燃やした炉の跡がある「盛り土遺構」など、むらとしての機能が見られる遺構も残っているという。

博物館や体験施設では、土器や石器づくり、火起こし体験、縄文食の調理、組みひもやアクセサリー作りなどで縄文の生活を体感できるプログラムもあるそうだ。

雪と熊に行く手を阻まれたストーンサークル

秋田にある2つの登録遺産には2017年、行ってみた。伊勢堂岱遺跡は北秋田市にある。行ったのは4月上旬。市街地には雪がほとんど残っていなかったので、大館で仕事をした後、迷いなく行くことにした。

ところが…。

伊勢堂岱遺跡は、縄文時代後期前半(約4000年前)の遺跡。台地の上に4つのストーンサークル(環状列石)が見つかっている。ストーンサークルの周囲に、掘立柱建物の跡や墓などが発掘されているが、遺跡の主役といえる。

遺跡のある丘の下に真新しい「伊勢堂岱縄文館」が建てられていた。その入口に張り紙。正確な文言は覚えていないが「残雪があって危険なため、遺跡には入れません」と書いてあった。しかたなく、縄文館に入った。入館料は200円だった。

ストーンサークルはパネルの写真で我慢する。

道路建設の際に見つかったストーンサークルは、発見順にABCDとついている。Aが直径約32メートル、Bは弧状で、Cは45メートルと大きい。道路建設を中止して保全することになり、36メートルのDも見つかった。4つのストーンサークルが同じ場所にあるのは日本で初めてだという。

石は米代川など周辺の川から運んできているという。写真を見る限りは角が取れた丸みのある石が多いので、河原からもってきたのだろう。

サークルの周囲には掘立柱建物、石の下には土坑墓という墓があったという。また、土偶や土器なども周辺から多数発見されており、祭祀に使われていた

とされる。

実は、伊勢堂岱には同年8月にも近くで仕事があったので「もう雪はないだろう」と、リベンジに行ってみた。今度は駐車場も入口にチェーンが渡され、封鎖されていた。張り紙には「熊が出没したので見学できません」とのこと。思わず周囲を見渡した。

石が密集したストーンサークル

伊勢堂岱では見られなかったが「ストーンサークルならこっちだ」と気を取り直して「大湯環状列石」に車で向かった。鹿角市にある。20年ほど前に一度行ったことがあるのだが、傘もほとんどきかない豪雨に見舞われて、見学もそこそこに、退散した経験がある。2度目の挑戦だ。

ところが…。

道や街には雪がなかったのだが、駐車場に車を入れて、周囲を見ると残雪が残っている。ストーンサークルはもちろん屋外にあるので、雪に隠れているかもしれない。ざっと見に行くと、それほどではないが、残雪で隠れているところも見えた。

いい天気だったので、少しでも溶けるようにと、先に「大湯ストーンサークル館」に入る。ここで少し下調べする。

大湯では縄文時代後期(約4000年前)の2つのストーンサークルが見つかっている。「野中堂環状列石」「万座環状列石」で、その周辺と合わせた大規模な遺跡だ。

HPや説明書きによると、野中堂環状列石、万座環状列石は、石を様々な形に組み合わせ、二重の環状になっているのが特徴だという。野中堂環状列石は最大径44メートル、万座環状列石は最大径52メートルとかなり大きい。

サークルの中から墓が見つかっており、「配石墓」というらしい。ストーンサークル全体が「集団墓」の可能性が高いという。祭祀用の土器や石器なども発見され、サークルを取り囲むように掘立柱建物の遺構などもあるため、葬送などの祭祀のための施設とされている。

残雪の上を慎重に歩きながら、まずはサークル館側にある万座環状列石を見に行った。サークルの周囲には掘立柱建物が復原されている。

 

ストーンサークルの全貌は見られなかったが、大体顔を出してくれていた。けっこう石が密集している。前回来たときは豪雨でほとんど見られていないので、あらためてみるとやはり石を並べるのに意図と執念みたいなものを感じる。

特に、細長い石を立てた石組みは雪の上に顔を出していた。こうした石組みを「日時計状組石」というそうだ。確かに日時計のような感じだが、サークル内にたくさんあるので、そんなに日時計は必要ないだろう、何か違う目的があったのでは、と思った。

道路を挟んで反対側に野中堂環状列石がある。こちらも最初に残雪確認で見た通り、サークル内に雪がある。万座よりも日時計状組石が多いのだろうか、立ててある石がたくさんある。

使われている石は約2~4キロ離れた大湯川から運ばれてきたものであることが確認されている。

横から見るのだが、サークルが大きいのでできれば上から見たいところだ。いずれにしろ、2度目の挑戦でも全体像は分からなかったのが少し残念。豪雨に比べたら、だいぶ前進したとはいえる。

秋田の2つの遺跡は、どうも手ごわい。2回行ってもなかなか全部を見せてくれない。3度目の正直を待とう。

2021年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。