カルタゴ遺跡(チュニジア)

チュニス市内~ビュルサの丘~アントニウスの浴場~バルドー美術館

「ハンニバル(Hannibal)」に「カルタゴ(Carthage)」。どこかで聞いた事があるのでは。古代ローマ帝国に挑んで1度は勝利した将軍と古代都市国家。カルタゴ発祥の地の遺跡がチュニジアにある。チュニス在住の友人のカウターさんを訪ねた2010年11月、行ってみた。
ハンニバルは、カルタゴの将軍。紀元前3世紀に、時の超大国ローマ帝国に対し、当時滞在していたスペインから象などを引き連れた戦史上有名な「アルプス超え」などで戦い(第2次ポエニ戦争)一度は勝利を収めて名将といわれた。映画「ハンニバル」とは全く違うのでお間違えなく。

牛の皮1枚分の土地から始った

カウターさんの車で向かったのは、ビュルサの丘。頂上に1890年に建てられたサン・ルイ教会と、隣にカルタゴ博物館があるのが目印になる。
入場券を買いに行くと「カルタゴ遺跡全部を見るチケットがある」とカウターさん。点在する遺跡を周遊すれば安上がりだという。1人4ディナール(約240円)でカメラは1台1ディナールなので買ってもらった。
ちなみに教師のカウターさんは、こうした遺跡や博物館などは無料。子どもたちに歴史を学ばせることを大切にしている。日本も見習いたいところだ。
博物館あたりからの景色がきれいだ。売店でカルタゴミニガイドブックを手に入れた。


博物館の展示物は多くはないが、周辺遺跡の出土品が並んでいる。


ガイドブックによると、紀元前814年にフェニキア(ラテン語ポエニ)の王女エリッサらがここに上陸し、現地人に「ビュルサ(牛の皮)1枚分で覆える土地が欲しい」と交渉。受け入れられると、牛皮を細く切ってつないでひもにして、この丘一帯に大きな土地を獲得したという。

古代ローマ帝国が徹底的に破壊

以後交易を中心に地中海に沿岸に大きな国家をつくった。そのカルタゴ発祥の地は、第3次ポエニ戦争(紀元前146終戦)で勝利したローマ帝国に徹底的に破壊された。


残っているのはほとんどがローマ時代の遺跡なので「カルタゴ遺跡」といっていいのかどうか。
ローマはカルタゴの人たちをほとんど殺すか奴隷にし、地面には塩をまいて二度と農業ができないようにしたというから、1次、2次ポエニ戦争で敗れた恨みが相当だったのだろうが、一般市民を巻き込むのは強国にしては大人げない。
博物館の前は「カルタゴ」の遺跡が残っている。そこまでやってなお、ローマ人がこの地をカルタゴの名のままで再興したのは、やはり地理的にも重要だったのだろう。

ローマ人が再興し繁栄を取り戻す

丘を北へ少し下ったところに「円形闘技場跡」がある。世界各地のローマ遺跡ではおなじみだ。4万人ぐらいを収容したというが、その面影は残っていなかった。

カルタゴ円形競技場

近くには「ラ・マルガの貯水池」がある。レンガで造られたトンネル状のタンクが14あったそうだ。

ラ・マルガの貯水池

まだ遺跡としてはあまり整備されていないようで、管理人らしき人が中まで入れてくれたが、深い縦穴などもむき出しで、足元に注意しないと落ちそうなる。


都市国家カルタゴの遺跡と、その後のカルタゴのローマ遺跡は、チュニス市内から観光地シディ・ブサイドに向かうの電車の途中「カルタージュ・ビュルサ駅」と隣の「カルタージュ・ハンニバル駅」周辺にまとまってある。カルタージュはカルタゴのフランス語。
我々は車だったが、歩いても大半は回れそうだ。ビュルサの丘の上から南に下ると駅方面に出る。登ったり下ったりなのでちょっときついかもしれない。
闘技場から車で10分ほどのところにあるのが「ローマ劇場」。1500年ぐらいたって、今も現役。
毎年7、8月にカルタゴ国際フェスティバルが開催されるそうで、まだポスターや舞台、照明設備などもあった。音響効果のほどは分からなかったが、修復を重ねて再利用されているのは、劇場として機能しているのだろう。

ローマ劇場

劇場の先が「ローマ人住居跡」。ほとんどはレンガを積み上げた区画しか残っていないが、栄華の片りんを見られるのが修復された「ヴォリエーラ(ヴォリエール、鳥舎)の別荘」。通称「鳥の家」だ。

ローマ人住居鳥の家

中庭の地面にあるモザイクには、動物や鳥、魚などが描かれている。それぞれが四角に区切られて碁盤の目のようになっており、ゲームに使っていたという説もあるという。そう思うと、双六のようではある。


ローマ人の住居跡から海に下りていくと「アントニウスの浴場」にでる。2世紀に建てられたという。高さ15㍍の円柱が目を引く。柱からいえば、相当大きな建物だったのだろうか。


浴場には更衣室から2つの温泉に入れるようになっていて、冷浴室、温水プール、高温浴室、サウナ、体育場などの施設があったという。健康ランドといったところか。


往時の面影はほとんどないが、石積みの遺跡はかなり大きな建築物だったことをうかがわせる。


遺跡を区切るように、ベンアリ大統領(当時)の大統領官邸の白壁が細長く続いて、外部と遮断している。「あまりカメラを向けない方がいいわよ」とカウターさんが小声で言った。付近は銃を持った軍の兵士が巡回しているという。
その大統領は、行った2カ月後に「ジャスミン革命」で追放(亡命)されている。

白い壁の向こうが大統領官邸

ここからカルタージュ・ビュルサ駅方向に行くと、円形をしていた古代カルタゴ港の遺跡や、カルタゴの守護女神タニトを祀る「トフェ」という聖地がある。

カルタゴ港

世界一のモザイクコレクション

カルタゴ、ローマの遺跡を見たら、ぜひ「バルドー博物館」に足を延ばそう。チュニジアの遺跡などから発掘、移されたローマ時代のモザイクは質、量とも世界最大規模だという。
行った時(2010年10月)は全館改装工事中で、通常の3分の1ほどしかみることができなかったので、入館料も半額以下だった。


まだ陳列品が包装されたまま置かれていたり、工事をやっている横を通ったりして見学した。


完成した部屋に入ると、床にモザイクがある。その上を歩く。すべてではないが、床にあったものは床にする、という陳列法を取っているということなので、ちょっと驚いた。

海賊とキューピッドの釣り

 


ちなみにモザイクは、大理石などの自然石や、ガラス、陶器などを小さいかけらにして張り付け、色の違いを利用して絵や模様を描いたもの。ギリシア、ローマの時代に流行した。

ボクシング

2012年全館オープンと書いてあったので、今は楽しめるだろう。

1979年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。