アグリジェント(イタリア)

パレルモ~アグリジェント新市街~神殿の谷

シチリア島の歴史は古い。ギリシャ時代に建てられた神殿がある。2016年、行ってみた。
シチリア島の北にあるパレルモから、ツアーのバスで約2時間。南下して島の南側、地中海に面したアグリジェント(アグリージェント、Agrigento)の新市街に着く。
ギリシャ時代の遺跡があるのはその街の郊外の丘の斜面。上っていくと、遺跡の建物や柱が点在しているのが遠目に分かってくる。このあたりは「神殿の谷」と呼ばれている。

2500年前に造られた派手な神殿

バスを降りて、最初に行くのが「ヘラ(ユーノー)の神殿」。ギリシャ神話の最高神、ゼウスの妻の名前がついている。

巨大な柱が整然と立っている。「柱はドーリア式で、縦に溝が2重についています」とガイド。柱の頭の部分に彫刻された丸い石があり、その上に梁の横柱が載せられている。


古代ローマの神殿のような大理石の柱ではない。「隣にある山から切り出してきた砂岩で造りました」という。正面の柱は6本。ドーリア式の特徴だという。


この神殿は紀元前5世紀ごろに造られたという。日本だと縄文、弥生時代だ。元々は「外側が赤い屋根があって、屋根の内側は青に塗られていた。かなり派手な神殿だったようです」。


ヘラは結婚生活を守護する神でもあった。「かなりのやきもち焼きだった」という。神殿の谷にはこうしたギリシャ神話に出てくる神々の名前がついた神殿が立ち並んでいた。ギリシャ神話を少し予習しておくとわかりやすいだろう。

古い城壁の使い道は?

ヘラ神殿から丘の上に通っている1本道を緩やかに下っていく。途中に、かつての城壁が残っている。
城壁にはアーチ状に穴が開いている。「さて問題です。この穴は何に使われたでしょう」とガイド。食料の保存庫と思ったのだが、だいぶ違った。


「ここはお墓でした。ビザンチン時代に転用されて、身分の高い人ほど上の方につくられているといわれています」が正解。のぞいてみたが、いまは何も残っていない。砂岩だったので細工もしやすかったのだろう。よく思いついたものだ。


首のない大理石の像も立っている。古代ローマ時代のものだという。頭がないのにも理由がある。「頭は元々つけた状態ではつくっていませんでした。皇帝が変わるたびに、その人の頭を付け替えていたといわれています」。使い回しできるようになっていたらしい。いろいろな博物館などで頭だけとか、胴体だけという彫像があるが、同じ理由からなののだろうか。

夕日に染まるシチリアの代表的な神殿

行ったのは1月下旬で、ちょうどアーモンドの花が咲いている時期だった。見学路の脇にもアーモンドの木があり、桜のような花をつけていた。


花を眺めながら行くと、保存状態がいいというか、建設当時の姿をとどめている巨大神殿が現れてくる。「コンコルディア神殿」という。まだ行っていないのだが、ギリシャのアテネにあるパルテノン神殿と似ているのでは。


シチリア島を代表する建造物なのだという。正面の柱は6本のドーリア式神殿。正面にも背面にも、三角形の破風が載せられている。風化してしまったのか、はぎとられたのか、かつては彫刻が施されていた感じもする

神殿の破風は彫刻で飾られていた

全体で34本の柱、梁の横柱も原型をとどめている。内部にある建物も残っている。紀元前5世紀に建てられ、元々は「カストルとボルックスの神殿」だったという。ふたご座の由来になったギリシャ神話の兄弟だ。


「調和と均整がとれた造りなのでコンコルディアといいます。四つ角の柱は少し内側に傾いていて、5㌔上空でぶつかるような設計」(ガイド)という。柱は4つの石を積み上げて造られている。


古代ローマ時代に、教会として転用され、長く大切に使われてきたため、保存状態がいい。ちょうど、夕日の時間帯。だんだん、赤く染まっていく。
「入口(正面)は東を向いていて、夕日が当たる西側(背面)は死の世界になっています」。夕日を受けた神殿を見る限り、死の世界はきれいなところなのだろう。


神殿の前の広場に、ブロンズ像が転がっている。「イカロスの像で、2011年に作った人が置いたのですが、風景にマッチするというのでそのままにしてあります」とガイド。確かに雰囲気は損なってはいないが、古いものではない。

破壊、持ち去りに遭った神殿は修復中

日没が迫ってきたので、心なしか早足になる。レンガの円筒状のものの下に階段状にある遺跡は「カタコンベ(墓)だった」という。道の反対側にも区画された墓地があった。

当時の墓カタコンベ

日没直前、「ヘラクレス神殿」にたどり着いた。アグリジェントでは最古の神殿で紀元前6世紀に造られたという。


「カルタゴによって破壊されました」とガイド。ギリシャ人がこの地に入植したのが紀元前6世紀ごろ。当時は「アクラガス」と呼ばれた。
紀元前5世紀末にカルタゴの攻撃を受けて籠城の末に陥落。そのカルタゴと古代ローマが戦い、紀元前3世紀にはローマの支配下になった。


地震などもあって全倒壊し、19世紀には「丘の下の街をつくるために石材が持ち運ばれてしまいました」とガイド。神殿の周りにはそれでも残ったがれきがたくさんあった。その中から柱の石を積み上げて、現在は8本の柱が修復された。


離れたところにある1本だけが「オリジナル」だという。足場が組まれていたので、修復中なのだろう。


ここまで来たところで日没を迎えた。すぐに周囲は真っ暗になった。神殿の谷には、見てきた3つの神殿を含めて10以上の神殿跡があるという。時期が違うのか、時間が違うのか、行った時はなかったが、夜はライトアップもされるという。

1997年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。