マラケシュ旧市街(モロッコ)

マラケシュ市街~メナラ公園~クトゥビアの塔~バヒア宮殿~フナ広場

「マラケシュ(Marrakech)」という言葉の響き、それだけで「異国」というイメージを強くするのは私だけだろうか。2014年、行ってみた。

モロッコはサハラの国だが、マラケシュは緑も多い。南にあるオート・アトラス山脈を超えないとサハラに行けないので、砂漠の街ではない。

東西約2㌔、南北約3㌔の城壁に囲まれていたのが、旧市街。いまも多くの城壁が残っている。朝、まず「メナラ庭園(Jardin Menara)」に行く道すがら、車窓から城壁や旧市街に入る門がいくつか見かけた。

欧州の塔の模範になったミナレット

この庭園はオリーブ農園という方があたっている。城壁の少し外側、いわゆる新市街にあるのだが、できたのは12世紀だという。

入口を入ると、緩やかな上り坂の広い道。道の両側が、オリーブ畑になっている。オリーブは地中海沿岸で世界の80%程が取れるといい、これまで地中海沿岸の他の国でたくさんのオリーブを見てきたが、この庭園(農園)のは少し背が低い感じがした。

チュニジアやスペインでは木を揺すったり、たたいたりして落として収穫すると聞いたことがあるが「この庭園のオリーブは手で収穫します。オークションで競売にかけられます」(ガイド)というから、王室関連だけに高級なのだろうか。

大きな貯水池にでる。いまはコンクリートで囲われているが、12世紀ごろから灌漑用に使われているという。オート・アトラス山脈の雪解け水を集めた池は旧市街に4つあったという。

背後に雪を残したオート・アトラスの山並みが朝日を受けている。池のほとりには、土壁(レンガ?)に緑色の屋根の建物。なかなか風情がある。ベルベル人のムワヒッド朝創始者アブド・アルムーメンによって作られた庭園で、スルタンのデートスポットだったというだけのことはある。

庭園の出入口から正面に延びる道路の向こうに、大きな塔がみえる。「クトゥビアの塔(Koutoubia)」という。

旧市街に入ってその下に行ってみる。この塔は高さ77㍍。アブド・アルムーメンがモスクを建て、12世紀末にヤークーブ・マンスールがいまのミナレットを造ったという。石積みに土の壁面で、壁にある穴は「木を差し込んで、上るための足場にした」という。

「モロッコのミナレットは四角いのが特徴です」とガイド。そういえば、トルコなどのミナレットは円柱だった。

ただ、太い部分は塔、最上部に乗っている細い部分がミナレットなのだそうだ。使い道が違うということだろうか。

内部は6階建てで「石を上に運ぶのにラバやロバを使ったので、螺旋階段になっています」という。クトゥビアというのは本屋のことで、このあたりが本屋のスーク(市場)だったらしい。

同時期に造られたラバトの「ハッサンの塔」とスペイン・セビージャの「ヒラルダの塔」の手本にもなったという。マラケシュ市内には、この塔以上の高さの建物は造らないという。まさにランドマークだ。

民族で待合室を分ける心遣いの宮殿

ここから、ユダヤ人街を通って「バヒア宮殿(Palais de la Bahia)」に向かった。

モロッコはイスラム教の国だが、信仰の自由は認められている。たぶん、昔からそうなのだろう。いまもユダヤ人が住んでいるそうで「1階が店、2階が住居になっている」と、2階がせり出した独特の造りをしている。

バヒア宮殿は、旧市街にいくつか残る宮殿の1つだが、王宮ではなく、19世紀にアラウィー朝の宰相の私邸として造られた比較的新しい建物。「行政のために使われてきた」(ガイド)という。

入口の門から、精緻な透かし彫りに幾何学模様のタイルという装飾が見事。中の豪華さがうかがえる。中に入るまでの道にはたくさんの木が植えられている。砂漠の民だっただけに、緑が一番貴重なものなのだろう。

モロッコ伝統の中庭付きの家を「リアド」という。中庭にある仕事場だったという一角に。こちらは中庭を囲んで執務室があり、待合室も3つある。

「ベルベル人、ユダヤ人、アラブ人に分けて待ってもらったので、それぞれの部屋の装飾が違っています」という。

屋根にはヒマラヤ杉、壁の漆喰は石灰と卵を使っている。床がタイル張りと、待たせる側の心遣いだろうか。とにかく装飾が美しい。

「あべこべの船」という、船底型の天井があるのが応接室と会議室。「2重天井にしてあります。夏は48度から52度ぐらいになるので、風を通して熱を入れない自然のエアコンの役割です」という。

室内の色は茶色が多い。ヘナを使っているそうで、緑はミント、黄色はサフランなど自然素材で彩色している。

大きな中庭に出る。宮殿の中心だといい、噴水のある中庭の周囲には4人の妻の部屋がある。

一夫多妻だった当時「宮殿の名前にもなっている3人目の妻バヒアが一番いい部屋をもらったそうです」という。バヒアの部屋はやはり船底天井で、壁は漆喰、床は大理石でできていた。

妻をたくさんもらう場合は、全員に平等に接しないといけないというルールがあるというが、やはり差はあったのだろうか。

いずれにしろ、妻たちの部屋の装飾が凝っているが、ほかに24人の妾がいたというから、行政のために使った宮殿というよりはハーレムといっていいだろう。それが当時の権力者にとっては普通だったのかもしれないが。

大道芸人が集まる広場

マラケシュはこの街を最初に都市化したベルベル人の言葉で「神の国」の意味だという。いまは「大道芸人の天国」かもしれない。

「ジャマ・エル・フナ広場(Palace Djemaa el Fna)」という。マラケシュを紹介するときは必ず出てくる広場に夕方、行ってみた。

とにかく広い。石畳のようになっている。ガイドが「まず上から見ましょう」と、広場を囲む建物の一角、飲食店に入った。2階のテラス席から広場を見渡す。

同じく外国人観光客がお茶やビールを飲みながら、ただ広場に目をやっている。どことはなしに見ているのだが、広場のいろいろなところでいろいろなことが起きていて、見ていて飽きない。

ガイドから注意があった。「スークの中に入ると自分がどこにいるかわからなくなります。これから日が暮れてきますが、街灯などはほとんどありません。自分で目印をつけて歩いてください。迷ったら、たぶん戻れません」。

けっこうな脅し文句ではあるが、スークの中に入らないことにはこの広場のことがわからないだろうと、ちょっと緊張しながら広場に出た。

この広場は昼と夜ではまったく様相が変わるという。昼間は大道芸人が広場のいたるところで自分の芸を見せて、観客からチップをもらっている。

日が傾いてくると、テントや屋台が店を開き始め、主に飲食店が広場いっぱいに広がるというので、先に大道芸を見ておこうと、広場を歩き回った。

「写真を撮るとチップを要求されることがある」というので、なるべく正面からは撮らずにいた。すごい人だかりがあったのでのぞいてみたが、音楽を演奏しながらなにか芸をやっているらしい。人が多すぎてよく見えなかった。

広場全体に大道芸人たちは散らばって、それぞれの芸を披露している。ヘビ使いももちろんいた。コブラを使っていたが、周りに人が来なかったのでまだ「芸」をしていなかったから、何をするのかはわからなかった。

広場の名前は「死者たちの広場」という意味があるそうで、昔は公開処刑などが行われたという。今はそんな暗さはまったくない。

迷路スークに挑戦

広場をひと回りして、スークに挑戦した。

ベン・ヨーセフ・モスクとクッバ・バアディンという2つの建物を見たいと思い、スークの地図をしっかりと見ながら歩き始めた・・・のだが、目印になる最初の建物はわかったが、肝心の通りが見つからない。

スークの道、ちょっと広めの道には名前がついているのだが、その道の名前を探せない。地図を読むのは得意なほうなのだが、のっけからお手上げ。歩いていくうちに分かるかもしれないと思って「スーク・エル・クサビン」という看板のかかった広めの道を入った。

これまでイスラム圏の街で、メディナと呼ばれる旧市街の市場をいろいろ見てきた。ごちゃごちゃしているのは同じだが、なにより、他の市場より一段と活気がある。見ようと思っていた建物よりもこうした雑踏の方が楽しいかもしれないと、奥へ向かった。

騒々しいので、隣の人の声も聞き返さないといけないときもある。何でも売っている。「これが商品か」と思うような雑貨も堂々と並べている。曲がりくねった細い道を行くと小さな広場に出たりする。

地図とにらめっこしても、しょせんはよく分からないので、道に迷わないように分かれ道の建物や店を覚えるようにしたが、分かれ道が多すぎて「本当に帰れなくなるかもしれない」と少し不安になった。

廃墟のようなところもある。行き止まりももちろんある。そうこうしているうちに、日が暮れてくる。街灯は見当たらない。商店の明かりが頼りだ。

ある程度まで進んで、目印を忘れないうちに引き返してきた。後で気づいたのだが、地図で大きめの通りになっていても実際の通りはかなり狭いらしい。大きめの通りばかり探したのが間違いだったようだ。

ジャマ・エル・フナ広場に戻ると、もうほとんど日が暮れていた。食べ物屋が営業を始め、日本人と見ると日本語のメニュー(といっても紙1枚だが)を見せながら「おいしいよ」とか「こんにちは」と客引きに来る。

大丈夫かなとは思ったが、山のように積んであるオレンジがおいしそうだったので、ジュースを飲んだ。

ジャマ・エル・フナ広場はその特徴的なにぎわいに、2009年に初の世界無形遺産として正式に登録されている。確かにこの巨大な雑踏は「文化」なのだろう。

 

1985年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。