古代都市テーベと墓地遺跡(エジプト) ナイル川西岸

ルクソール市街~メムノンの巨像~葬祭殿~王家の谷

聖徳太子が「日出ずるところの天子、書を日没するところの天子にいたす」という手紙を隋の煬帝に送り、怒らせたという話がある。太陽が昇る東と沈む西の対比は、世界中にあったのだろう。
ルクソールのナイル川東岸には神殿を中心とした生者の街だったのに対して、「ナイル川西岸」は「王家の谷(Valley of The Kings)」はじめ墓所遺跡を中心した「死者の街」と呼ばれている。東岸を見た後、ルクソールに泊まり、翌日西岸に向かった。

「死者の街」の門番、葬祭殿の数々

「メムノンの巨像(The Colossi of Memnon)」が、死者の街の門番のように建っている。顔の大部分は壊れ、全体にもひびが入った2体の座像。高さ20㍍ぐらいか。トロイ戦争に参加して、アキレスに殺されたエチオピアのメムノン王の名をとったそうだ。
元々は新王国時代(紀元前1565~1070年ごろ)のアメンホテプ3世の葬祭殿の前に立っていた同王の像だという。葬祭殿はその後の石切り場になってなくなり、像の名前もはく奪されたアメンホテプ3世という王に何か問題があったのだろうか。


砂漠の山に近づいていく。そのふもとには、葬祭殿の遺跡が点在している。「ラムセウム」というのはラムセス2世、「メディネト・ハブ(Medinet Habu)」というのはラムセス3世の葬祭殿。メディネト・ハブに行った。


東岸の神殿同様に大きな柱、壁のレリーフなどで作られている。レリーフにはまだ彩色が残っているが、派手な巨像や彫刻などがなく、寂しげな雰囲気なのは葬祭殿らしい。

ラムセス3世は、建設王で有名なラムセス2世の100年ほど後、紀元前1182 ~1151年頃に在位していたとされている。建設王との関係は分からないが、葬祭殿もラムセウスに習って造られているそうで、ラムセウスには行かなかったが、同じような雰囲気なのだろか。

抹殺されたただ1人の女性ファラオ

葬祭殿の中でもっとも規模が大きいのが「ハトシェプスト女王葬祭殿(Mortuary Temple of Hatshepsut)」。入り口から長いトロッコのような車に乗せられた。

1997年、ここで起きた日本人が巻き込まれた銃乱射事件は記憶に残っている方も多いのでは。行った当時は銃を持った警備兵の姿が目に付き、自然と体が硬くなった。緩やかな斜面を上がっていくと、神殿にたどり着く。


古代エジプトでただ1人の女性のファラオで、夫トトメス2世の死後、実子ではないトトメス3世までの間、紀元前1479年~1458年ごろに在位していた。王位を簒奪(さんだつ)したという説もあり、男装していたという。


確かに、葬祭殿にある女王像などはファラオ独特の付け髭はあったが、多くの壁画やレリーフはトトメス3世によって削られてしまったそうだ。


それでも、壁画の一部には彩色が残り、彫りもしっかりしているものもある。葬祭殿を守るように背後にそびえる岩山の反対側に、王家の谷がある。

王家の谷になった特殊な場所

荒涼とした砂漠の山の中、谷を遡っていき「王家の谷」入り口にたどり着く。「あの山の形、何に見えますか」とガイドの問いに、前方のエル・クルン山を見る。頂上部分がちょうどピラミッドの形に見える。

王家の谷の背後にそびえるエル・クルン山

「この場所を墓に選んだのは、ピラミッドに見守られるからだといわれています」と説明した。この特殊な場所は、トトメス1世の紀元前1520年ごろから約500年間、新王国時代の王と家族、貴族の墓所になった場所だ。
王墓22を含めて64の墓が点在し、まだ発見されていない墓がある可能性は高いという。近くには王妃の墓を中心とした「王妃の谷」というのもある。
真っ先に向かうのはやはり「ツタンカーメン王の墓(Tombs of Tutankhamun)」。副葬品のほとんどは現在はエジプト考古学博物館(カイロ博物館)に移されているが、王のミイラはここに眠っている。


1922年、英国人ハワード・カーターが発見した話は有名すぎるので省くとして、ツタンカーメン王については簡単に。新王国第18王朝の父アメンホテプ4世がアメン神((Amen))からアテン神(Aten、太陽神)信仰に改宗、首都をテーベからアマルナに移すなどの改革を行い国内が混乱する中、紀元前1350年ごろ9歳で即位した少年王。
「アテン神の生ける似姿」という意味のトゥトアンクアテン(Tut-ankh-aten、ツタンカーテン)という名前だったが、即位後アメン信仰に戻し、トゥトアンクアメン(Tut-ankh-amen、ツタンカーメン)となった。
王妃はアンケセナーメン。18歳で突然死去した。頭部殴打による暗殺説もあったが、墓に安置されていたミイラのCT検査で否定されている。謎のままだ。


入場料とは別料金なのだが、やはり人気NO・1で行列ができている。待っている間、墓が発見された当時の様子などが通路の壁に掲示されているので、予習にどうぞ。中は写真撮影禁止。
入ると、ガラスでふたをした石棺に王のミイラが納められた人型棺が入っている。王家の谷の中で初めて入る墓だったので、周囲の壁にある3000年以上前の彩色画の鮮やかなオレンジ色に「へえ~」と思ったが、意外と小さい玄室という印象だった。

王家の谷では、公開されている王墓のうち入場券で好きなものを3つ見られるというので、ラムセス2世、ラムセス3世と、ガイドお薦めのトトメス3世の墓を駆け足でみた。
いずれも、ツタンカーメンより規模がずっと大きく、彩色画などの装飾も見事。トトメス3世墓は少し離れたところにあるので、ツアーなどでは時間配分に注意しないといけないが、さまざまな絵が通路から玄室までの壁面、柱に描かれて、見た中では最も豪華だった。撮影禁止だったのが残念だ。
未盗掘だったツタンカーメン墓の副葬品の価値は途方もない額だという。盗掘されてしまったもっと大規模の墓にはどれほどの副葬品が納められていたか、そして、どこにいってしまったのだろうか。当時、盗掘は1つの職業で、近くの住民は盗品を売って生計を立てていたというのだが…。

1979年登録

 

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。