イスラム都市カイロ(エジプト)

カイロ市内~ハンハリーリ市場~モハメド・アリ・モスク~カイロ博物館

ナイル川に面しているカイロ(Cairo)の街、人も車も、ごちゃごちゃに「動いている」という感じで活気がある。2006年、行ってみた。

当時人口1500万人ぐらいというから、東京都より多い。ツアーバスで走っていて気になったのは信号の少なさ。ドライバー同士に暗黙のルールがあるのだろうか。

「事故はたくさんあります」とガイドは話したが、危なっかしい運転ながら、巧みによけあっている。ただ、渋滞もひどい。譲り合いの精神は少ないようだ。車窓から、暇に任せてアラビア文字と洋数字が併記されているナンバーをみていたら、しまいにはアラビア数字だけでもわかるようになってしまった。そのぐらい、渋滞にはまると時間を持て余す。

ピラミッドが見えるイスラム都市

古都の活気を味わえるのが、最大の市場のハンハリーリ市場(Khan Al-Khalili)。イスラム都市にありがちな細い道に小さな店がぎっしり建ち並ぶ。

3回右に曲がっても元に戻れないことが多い。目印の店を覚え、角の写真も撮ってすぐ見られるようにしておいたが、似たような店も多く、迷子になりそうになった。

カイロは、7世紀からエジプトを治めたイスラム勢力が、969年に新しい都として建設が始まったという。江戸よりはずっと古い。

ピラミッドが見えるように、というか、敬意を払ってというか、ピラミッドのそばに街が建設されている。街中の少し高いところや、道路からもピラミッドがみえる。

ピラミッドがあるギザ地区とは別に、カイロ市内にあるイスラム系の建造物などを中心に、世界遺産になっている。モスクが主だが、その中でも新しい1830年完成のムハンマド・アリ・モスク(Mosque of Muhammad Ali)にいった。

モスクに入る時、女性は注意

小高い山の中腹あたりにあり、カイロ市街が一望できる。砦を築くのに絶好の場所。モスクは、侵入者から街を守るためにつくられた「シタデル」という城塞の中にある。

このモスク、2本の尖塔、ミナレットがそびえている。どこかで見たことがあると思ったら、このミナレットの形はトルコの様式だという。エジプト様式を見たい方は、ハンハリーリ市場に近い、エル・アズハル・モスクにりっぱなのがあるそうだ。

中に入る前の中庭には八角形の屋根の「清めの泉」がある。ここでイスラム教徒は身を清めて中に入る。その後ろには「時計塔」。1845年にフランスから贈られたものだという。

モスク内に入る時は、特に女性は注意が必要。手足を含めて露出が多いと判断されると、マントのような体をスッポリ覆う布を着せられる。ガイドの女性も羽織っていた。

内部は、金色を主体にしてさまざまな装飾が施されている。天井からつり下げられた巨大な円形のランプの光で、かなりきれいだ。

ガイドブックによると、このモスクを作ったモハンメド・アリはアルバニア人で、ナポレオンの占領下のエジプトを解放する戦争に参加している。

ミンバルという説教壇、メッカの方向の壁にあるくぼみ(ミフラーブ)の装飾も一見の価値がある。

ピラミッドやアブシンベルなど数千年前の遺跡を見てきた後だったので、逆に新鮮なのかも。世界遺産に登録されている建造物などは、カイロ市内に広範囲に散らばっているので、時間がある方は巡ってみては。

市民が守った世界遺産の詰まった博物館

さて、カイロに行ったら、必ず「行かなければならない」のが「カイロ考古学博物館(The Egyptian Museum In Cairo)」。3大ピラミッドのあるギザ地区に「大エジプト博物館(The Grand Egyptian Museum)」が建設中で、新型コロナウイルスの世界的感染拡大によって、開館は2021年に延期されている。考古学博物館の収められている「世界遺産」はそちらに移されるのだろう。

行ったときは撮影禁止だった。ツタンカーメン王の墓から発掘された副葬品を展示する秘宝コーナーは必見で、黄金のマスクや玉座、ベッドからサンダル、碁盤みたいなゲーム盤、装飾品などなど、見ていてため息がでてくる。スカラベ(ふんころがし)をふんだんに取り入れた首飾りがおもしろかった。

ファラオのミイラを収めたミイラ室には、例の建設王ラムセス2世はじめ、ファラオ「本人」と対面できる。数千年の時を経ているとは思えない。ただ、ミイラになったこともあるのだろうが、総じてみんな、体が小さい。猫とか猿とか、動物もミイラになっている。

そのほかにも、時代ごとに発掘されたさまざまな遺物がところ狭しと並び、突然教科書でみたものが展示されているので、気を抜けない。展示物は12万点あるという。

2011年、「アラブの春」の政変時、市民が略奪を恐れて真っ先に博物館の周りを守ったという。エジプトの誇りがそこにあるのだろう。

1979年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。