ラバト(モロッコ)

カサブランカ~ラバト~王宮~ムハンマド5世の霊廟

「近代的首都と歴史都市を合わせ持つ遺産」という肩書きがついた街がある。たぶん「古さと新しさが融合している」ということなのだろうか。モロッコの首都でもあるラバト(Rabat)に2014年、行ってみた。
ラバトに行く前、カサブランカ(Casablanca)に立ち寄った。ハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンの映画「カサブランカ」はあまりに有名だ。
商業の中心都市で人口は400万人を超える、モロッコ最大の都市。ポルトガル語で「白い家」の意味で「16世紀にポルトガル人が海から来てこの街を見たときは白い家があって、海に浮かんでいるように見えたそうです」とガイド。今はビルが立ち並ぶ。大西洋に面したところに「ハッサン2世モスク」がある。


前国王が「海の上にモスクを造りたい」と、世界で3番目に大きいモスクを建設。装飾が見事で、イスラムの技術を駆使したそうで「200㍍のミナレットは世界一、いろいろな色の大理石など、材料はほとんどモロッコものです」という。


カサブランカからバスで2時間ほど、首都ラバトに着いたのは夜になっていた。ホテルから5分も歩けば王宮を囲む城壁、反対方向に5分歩けばラバト駅になる。
散歩に出て、まずラバト駅へ。人口65万人とカサブランカより小さいとはいえ、首都の玄関とは思えないこじんまりした駅だった。ここから伸びる通りの周辺が「新市街」で「近代的首都」として、街の中心になっている。

ラバト駅

折り返して城壁へ。ライトアップされておらず、道路に面しているので車のライトで浮かび上がると、かなり高い壁が続いている。


暗くて全体が見えなかったが「バブ エル ルワー(ルワー門=風の門)」というりっぱな門があった。12世紀に造られた城壁の一部で、当時の状態をとどめているのだという。
門の中に入れて、小さな博物館になっているそうだが、もう閉まっていた。翌朝、もう1度散歩に行って、門ははっきり見てきたが、博物館はやはり閉まっていた。

海賊も目をつけた要衝の地

城壁に中にある王宮から見に行った。門を入ると、城壁の外からも見えていたミナレットとモスクが左手にある。

王宮の門

庭園のような広々とした空間が、城壁内に広がっている。王族専用のモスクの裏手でバスを降りる。モスクを回り込むように歩いていくと、また大きな広場に出る。


噴水をはさんで向こう側にもモザイクで彩られた立派な門。王宮の入口だ。黒い制服と赤い制服の衛兵が門を固めている。あまり近づけなくて「ここまでです」という柵があり、遠目に眺める。


現在の国王、ムハンマド6世がここの主。ラバトは紀元前3世紀ごろには人が定住していたとされ、12世紀のムワヒッド朝のヤークーブ・マンスールがここに城壁を築いて首都とした。
13世紀に中心地がフェズに移って衰退したが、17世紀に海賊の拠点となり、19世紀にフランスがモロッコを保護領とし、1912年に首都がフェズから帰ってきた。
1956年の独立後も首都としていまに至っている。というのが、ガイドやガイドブックによる、ラバトのあらまし。大西洋に面し、ちょっと回れば地中海。海賊が目をつけたのだから、地の利のいい場所だったのは間違いない。

王宮前広場

現在の王宮は1864年に建てられた。王族専用のモスクは、比較的新しい印象。国王がこの王宮にいる場合は土曜日に礼拝するという。


モスクのミナレットには、三角形の旗が掲げられている。これはメッカの方角を示しているという。もちろん、中には入れないので、周りをぐるっと1周。遠目にはわからなかったが、壁などの装飾はさすが王族専用だけあってきめ細かい。

天井の装飾が印象的な霊廟

王宮を出て「ムハンマド5世の霊廟(Mousolee Muhammad Ⅴ )」に向かう。今の国王の祖父。フランスの保護領になったときに一時中断しているが、17世紀から続くアラウィー朝の国王。
「1956年に独立したときはスルタンでベン・ヨーセフと言いましたが、独立後にムハンマド5世になりました。遺体は霊廟の真ん中に置いてあります」とガイド。


霊廟は1961年に死後、1973年に完成した。彫刻が施された白壁に緑の屋根。モロッコの伝統的なものだという。
塀の外側には馬に乗った赤い服に白いマントの衛兵、内側の霊廟入口にも衛兵が立っている。どちらも一緒に記念撮影してくれるのでどうぞ。


霊廟内に入ると、まず、天井から壁一面にイスラムの幾何学模様の装飾がびっしり描かれているのが目につく。石の棺はちょうど2階から見下ろすように置かれている。


ランプの光が、金の装飾を照らして、きらびやかだ。周囲はぐるっと1周できる。下ばかりに目が行くが、装飾の中では特に天井がきれいなので、上を見るのを忘れないようにしたい。

途中で建設が止まった巨大な塔

外に出ると、広場の先に「ハッサンの塔(Tour Hassan)」が建っている。1195年にヤークーブ・マンスールが88㍍のミナレット建設を開始したが、4年後に死去し、半分の44㍍まででいったところで工事が中断。いまも未完のままだ。

ガイドによると、同じモロッコのマラケシュにある「クトゥビアの塔」、スペイン・セビリア(セビージャ)の「ヒラルダの塔」と並ぶ「世界3大塔」の1つなのだという。高さだけの問題ではないのだろうか。
全体がレンガでできており、中央部にはやはり彫刻がある。800年以上経っているためか、少し黒ずんでいる。


ラバトには、そのほかに「ウダイヤのカスバ」やメディナなど、歴史を示す場所が点在している。大西洋に注ぐブーレグレグ川を渡って、メクネスに向かった。

2012年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。