サーンチーの仏教建造物群(インド)

ジャンシー~寝台特急列車~ボパール~サーンチー

日本の神社に必ずと言っていいほどある鳥居。その鳥居の原型になったのでは、といわれるものが、インドの仏教遺跡にある。2016年、行ってみた。

カジュラホの寺院を見た後、ジャンシーという駅から、ムンバイ行き寝台特急で移動。まだ陽がある夕方の乗車なのだが、日本のようにベッドの上げ下げはしないのか、既にベッドの状態だった。カレーの「駅弁」で夕食をとり、夜遅くにボパール(Bhopal)という駅で降りて1泊。翌朝、車で「サーンチー(Sanchi)」に向かった。

鳥居の原型にみえてくるが…

駐車場から参道? を歩いていくと、前方に大きな饅頭型の建造物。「ストゥーパ(Stupa)」と呼ばれる。本来は仏陀(Buddha、釈迦)の骨(仏舎利)などを安置した仏塔。日本では「卒塔婆」となって、故人を供養する細長い板になっている。

左手が「第3ストゥーパ」、奥が「第1ストゥーパ」。同じぐらい見えるが、配置図のように。第1ストゥーパの方はかなり巨大だ。

メーンの第1ストゥーパに行く前に、第3ストゥーパに寄る。直径15メートル、高さ8.3メートル。鳥居のようなものがストゥーパの前にある。

日本の鳥居だと、2本の柱と横木で作られている。横木は一番上が「笠木(+島木)」、2本目が「貫(ぬき)」というそうで、たいていは2本。こちらは石造で高さ5メートル。名称は分からないが横に3本渡されている。横柱とでもしておこう。柱も横柱も彫刻が施されている。日本で鳥居にこんな彫刻はしないが、形としては鳥居だ。

トラナ(Toraṇa、トーラナ)といい、サンスクリット語の「塔門」を意味する。鳥居の原型という説があり、確かにパッと見たときに「あ、鳥居がある」と思う。

ただ、ここは仏教遺跡であり、日本の鳥居は神社にあるので少し疑問にも感じるが、日本に伝わってきたときに「ありがたいもの」として、形をまねたというのはあるのかもしれない。

第3ストゥーパにあった小部屋からはシャリプトラとマウドガリヤーヤナという2人の高僧の舎利容器が見つかり、小さな骨や真珠、水晶、ガーネット、ラピスラズリなどの宝石類が収められていたという。

ブッダにまつわる説話の彫刻

第1ストゥーパに向かう。順路では北側のトラナから見ていく。直径36.6メートル、高さ16.46メートルある。石積みで曲線を描いている。北トラナ(ノース・ゲート)は2本の柱の後ろを壁のようなもので支え、中への誘導路のようになっている。

北トラナは紀元前1世紀ごろに造られ、ストゥーパへの入口だった。高さは8.5メートルほどで、柱、横柱とも彫刻がびっしり。

「馬に乗る釈迦」の彫刻

「ジャータカ(Jataka)という、ブッダが生まれる前の世界、ブッダの生涯、仏教の歴史などの説話、物語が題材になっています」とガイド。

「菩提樹」などの彫刻

4面に象の彫刻があり、その上の横柱にも同様の物語が刻まれている。多く描かれているのは、ブッダが悟りを開いた菩提樹、仏法の象徴のダルマ・チャクラ(Dharma-cakra、法輪)。これは見つけやすい。

 

何が書いてあるのか、見ただけではよくわからない。たぶん大変な作業だったというのは分かる。当時の人たちは何が書いてあるのか分かったのだろう。

仏教を広める絵本のように使っていたのかもしれない。

北トラナが、これから見ていく計4本のトラナの中で最も保存がいい。

サーンチーはインドを始めて統一したマウルヤ王朝のアショーカ王(Asoka、アショカ)の時代、紀元前3世紀に造られた。仏教を保護したアショーカ王はインド各地にストゥーパをたくさん造り、サーンチーの第1ストゥーパは現在の半分ほどの大きさのレンガ積みだったそうだが、2世紀から1世紀にかけて次のシュンガ王朝時にその周りに石を積んで、現在の大きさになった。

頂上には四角く囲った部屋があり、仏舎利容器を安置するそうで、傘蓋(さんがい)という皿を3つ差した竿を立てている。

トラナ巡りでストゥーパを1周

時計回りにストゥーパの周りを1周する。といっても、トラナ巡り。学術的にはストゥーパが大事なのだろうが、どこから見ても、まあ同じ形だし、見事な彫刻のトラナの方が見ていて楽しい。

「東トラナ(イースト・ゲート)」。ここは北トラナと同じく、柱の中ほどに象が四方に彫られている。

柱の上方にはあるのは獅子だろう。女性像は天女だろうか、きれいに残っている。

ブッダの母マヤ夫人の物語やブッダガヤの話などが描かれている。「サンスクリットより古い」というパリ語の文字も書かれているそうだ。

「南トラナ(サウス・ゲート)」は、北トラナと同じぐらいの時期に建てられたそうだ。

13世紀ごろにインドにイスラム教が入り、仏教が追いやられた。サーンチーもその後荒れて、廃墟になっていた。

1818年に再発見されたが、盗掘などがあり、1912年から英国人考古学者ジョン・マーシャル卿の調査で重要性が明らかになり、修復が行われるようになったという。

南トラナは柱の下方の彫刻がなくなっている。盗掘なのか、破壊なのかは分からない。

残っている彫刻では、サルナートでブッダが説法をしているとことなどが描かれている。

ここも獅子像が四面に彫られている。仏教に獅子って?「ライオンはインドのナショナルシンボルなんです」。2000年以上も前から獅子がシンボルなのだろうか。

多くのストゥーパは略奪にあっている

東トラナと南トラナの周辺には、かつてのストゥーパや建物の跡などが点在している。「アショーカ王の柱」はなくなったストゥーパに立っていたものだという。

「ストゥーパはたくさんあったが、中に宝石とかが入っていたので壊された」という。そんなに多くの人が仏舎利を手にできたわけだはないだろうから、僧侶や有力者の墓もストゥーパの形をとって、自分の遺骨を入れてストゥーパと呼んだらしい。今ではたくさんの痕跡しか残っていない。

少し離れたところにある、第3ストゥーパと同規模の第2ストゥーパは、上部の舎利容器を収める部分が壊されているという。

ギリシャ風の建物もある。「テンプル17」「テンプル18」と番号が振られていた。

テンプル17

「ギリシャ人にも仏教徒がいたそうです」とガイド。ギリシャ人が礼拝しやすい場だったのだろうか。

テンプル18

その先にも寺院や宿坊の跡が残っている。「宿坊には1人4畳半ぐらいの部屋がたくさんあったそうです」とガイド。

大きな石の入れ物があった。「托鉢に行って集まった食べ物を1カ所にまとめるための石の大きなお椀なども見つかっています」というから、多くの僧侶がいる大きな仏教施設だったとともに、周辺の街も大きかったのだろう。

最後に「西トラナ(ウエスト・ゲート)」。ここは人間が柱を支えるように彫刻されている。

サルナートで鹿に初説法した話や、ブッダが生まれ変わる前に猿だった物語などが題材になっているという。

「ブッダを表すシンボルとして、チャクラ、髪、菩提樹、傘などがあり、たくさん描かれています」。厚い信仰がこの地にあったということだろう。

ストゥーパに上ってみよう

ストゥーパの外側を1周して、南トラナから中に入る。ストゥーパの外周はぐるっと壁で囲まれており、その壁とストゥーパ本体との間が通路になっていて歩けるので、1周してみた。四角い石が丁寧に積まれている。ブッダの彫刻がストゥーパの下部に置かれていた。

階段を上がると、ストゥーパからせり出したテラスのようになっていて、ここもぐるっと回れるようになっている。

せっかくなので1周した。4つのトラナを反対側から見られるので、上ることをお勧めする。

北トラナ

東トラナ

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。