デリーのラール・キラー(インド)

デリー市街~コンノート・プレイス~ラール・キラー

今も現役で軍が使用している約400年前の城が、デリーにある。2016年、行ってみた。

夜デリーに着いて翌早朝、デリー市街から車で向かった。白い瀟洒な建物が並んでいる場所を通った。「コンノート・プレイス」の一角だという。ニューデリーの中心、英国の植民地時代に造られたそうで、広場を中心に英国によくあるロータリーのような造りになっている。

ここを通ってオールドデリーに入り、20分ほどで朝日を背後から受けた逆光の中に、大きな建物が見えてくる。「ラール・キラー(Lal Qila)」と呼ばれる城だった。

 

赤砂岩主体に造られた別名赤い砦

城の前は大きな広場になっている。「このあたりには日曜日に市場になります」という。

「ラホール門(Lahore Gate)」から入る。門への入口はさほど広くないのは、防御のためなのだろう。門自体は大きく立派なものなので、カメラに収まり切れない。

「この門は、パキスタンにある巡礼の街ラホールの方角を向いて造られてます」とガイド。1655年に完成した。

城全体が赤砂岩を主体に造られており、赤い城で「レッド・フォート(Red Fort、赤い砦)」とも呼ばれる。アーグラー(アグラ)にあるアーグラー城も同様にレッド・フォートと呼ばれているが、こちらがデリーのレッド・フォートという。重要な場所にいくつかあったようだ。

この門、入ってからが長い。門というよりは、通路がついた建物の感じ。入ると、朝早かったのでシャッターは下りていたが、商店街になっている。「チャッタ・チョーク商店街」という市場で、いまは観光客相手の土産物店が多いという。

チャッタ・チャウチ商店街

抜けると、もう1つ、大きな門のような、白壁の建物がある。「ナッカール・カーナ (Naqqar Khana)」という中門。時刻や王族の帰還を知らせる音楽が演奏されていた。「旧正門です。この城を造ったシャー・ジャハーンは大理石が大好きだった」(ガイド)と、これは白い大理石でできている。

ただ、通り抜けたら、反対側の壁面は赤砂岩でできていた。凝った造りだが、理由は分からなかった。

 

宝石に飾れられた玉座で一般人と謁見

ラール・キラーは、16世紀初頭から19世紀後半までインドを支配したイスラム国家ムガール帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが当時の都アーグラーから遷都して1648年に完成した。シャー・ジャハーンと言えば、先に紹介したタージ・マハル、アーグラー城を造った皇帝だ。

朝もやがかかっている。この時期、デリーはよく霧になるという。中門を抜けると前に細長い大きな建物が見えてくる。「デュワニ・アーム(Diwan-i-Aam)」という。

皇帝が市民と謁見する場所であるとともに、閣議など政治の場でもあった城の中では最重要の建物になる。9つのアーチが並び、確かに重厚な造りだ。

中央には、皇帝の玉座がある。今は、ガラスで囲われていた。玉座は宝石などで飾られているという。「ここでは一般の人を前に裁判なども行われていました」という。

デュワニ・アームから左に進む。白い建物は「モティ・マスジド(Moti Masjid)。マスジドはモスクのこと。「真珠のモスク」と呼ばれる白い大理石でできている。

息子の第6代皇帝アウラングゼーブが建てたもので、皇帝一家専用だった。「女性は家から出られなかったので、ここは皇帝の奥さんたちが祈ったところでもあります」という。

隣には「ハマム」とあったので、お風呂。祈る前に体をここで清めた。風呂にしてはかなりの大きさだ。

 

赤い砦の白い主要施設

敷地内には地図があるのだが、緑色になっている部分がある。「この城は軍が使っています。入れるところが多くありません。緑の部分だけです」という。

英国領だった1857年に起きた「セポイの反乱」の時に、英国軍がここに駐屯した。兵舎などもつくられ、インド独立後も軍の施設として使用されていた。

今もほとんどの敷地を軍が城として使っているので、モティ・マスジドより先(北側)にも緑の部分はあったが、今は行けなかった。

Uターンしてデュワニ・アームの前を横切って、反対側へ行く。「ディワニ・カース(Diwan-i-Khas)」は、皇帝と賓客との謁見の場だった。「カースは特別の意味です」という。

内部には入れないのでのぞいてみたが、柱などには植物などが描かれていた。「宝石の象嵌(ぞうがん)がされています」というので、賓客を迎えるために豪華な内装にしたようだ。軍が隣で見張っているから、盗人が入ってきにくいことは確かだ

その隣が「カース・マハール(Khas Mahal)」。ここは寝室や居室などがあった。こちらも内部には入れない。

ディワニ・カース同様に、宝石で内部は飾られているという。このあたりの建物はみんな白い大理石を使っている。

最後にもう1つみられるのが「ラング・マハル(Rang Mahal)。説明版には「six apartment」とあったので、多くの部屋があって、遊興などに使っていたようだ。

 

「彩の間」と言われるように、内部の装飾がきれいだったらしい。建物の前にはたぶん、広い池がつくられていたのだろう。

見学できるところはコンパクトにまとまっている。修復中なのか、内部に入ることができなかったのは残念だが、ラホール門をくぐってから1時間30分ほどで一連の建物は見られた。

全景。左からモティマスジッド、ハマム、ディワニ・カース、カース・マハル、ラング・マハル。手前が池

 

今も「城」の務めを果たす

ラホール門から外に出る。霧がだいぶ薄くなってきた。城壁やその上の建物などの赤砂岩の色がきれいに見え始めている。

北側は軍関係でいけないので、堀で囲まれた外周をみながら、南側に歩く。南にも立派な門があった。進入禁止の軍のものと思われる出入り口もその横にあった。城の務めを今も果たしている。

 

 

2007年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。