歴史的村落・河回と良洞(韓国) 良洞村

慶州~路線バス良洞民俗マウル前~良洞村

韓国の伝統的な家屋が多く残されている村がある。日本でいうと、合掌造りで世界遺産に登録された白川(岐阜)、五箇山(富山)のような村なのだろうか。2015年、行ってみた。

慶州の市外バスターミナルに行って良洞行きのバス乗り場を聞くと、通りを挟んだ反対側のバス停を教えてくれた。筆談だったが「200、201、203、212、217番に乗ってください」とのこと。バス停に行った。

203番が近くまで行くそうなので時間を聞いて、8時30分のバスに15分ぐらい前から並んだが、いっこうにバスが来ない。地元の人も来る方を見ながら怒っているようだ。1時間近く待たされてやっと来た。いつもこんなに遅れるのかは分からない。

45分ほどで「良洞民俗マウル前」終点に着く。

ロータリーになっており、バスの運転手に聞くと、帰りも同じ停留所というので、時刻を聞いて良洞村への入口に向かった。203番のバスは本数が少ないそうだが、良洞村(ヤンドンマウル)の入口のすぐ近くまで行ってくれる。その他の番号のバスは「良洞入口」で下りて20分ほど歩くという。

 

朝鮮王朝時代の上流階級の屋敷が集まる

バス停からすぐの村の入口には案内所の立派な建物とゲートがある。普通の村とはいえ、勝手に観光客は出入りできない。入場料は4000ウォン(約400円)。そこで日本語のパンフレットがあったので、その地図とお勧めスポットを参考に歩くことにした。

村に入ると、のどかな風景が広がる。今の時代とは違う時間が流れているようだ。小川が流れ、橋がかかり、田畑の向こうに古い藁ぶきの建物と豪奢な屋敷がみえる。

良洞村は背後にある雪蒼山(ソルチャサン)の谷川と3つの丘にできた村で、「勿」という縁起のいい字に似ている地形とあって、朝鮮時代に驪江李氏(ヨガン・イシ)と月城孫氏(ウォルソン・ソンシ)の名家2家が代々、500年以上も住んでいたという村で、伝統家屋が150軒ほどあり、いまも多くは普通に暮らしている。当時の「両班(ヤンバン)」の家屋を見られる

橋を渡って丘の上に見える「豪邸」は「香檀(ヒャンダン)」という。朝鮮時代の中期、1543年に、良洞出身の性理学者・李彦廸(イ・オンジョク)が母の看病をできるように中宗が建ててくれた家だという。性理学とは、詳しくは他に譲るが、儒学の一派で朝鮮時代に隆盛した学問だという。

中には入れないが、構造は居間、母屋、門脇部屋が「興」の字形をとっている上流階級の格式という。興の字かどうかは見えないが、大きな屋敷であるのは確かだ。

 

両班の財力、権力の大きさが表れる

パンフレットに建物の紹介が載っているのは香檀を含めて4つ。内部は難しいが、敷地内に入れる。地図に建物の名前が書いてあるのが24あり、そのほかの家は立ち入れない。

地図を見て、香檀から近い「観稼亭(クァンカジョン)」にいくことにした。道は書いてあるが、その他にも道があったり、これか?思うようなあぜ道のような道だったり、パンフレット頼みの場合は迷うことは覚悟して歩こう。5分ほどで着いた。

観稼亭

成宗の時代に大臣を務めた孫仲暾(ソン・ジュンドン)が暮らした家。16世紀にできた。門の屋根は下に落ちないかと思うほど大きくりっぱだ。

母屋は四角い柱、祠堂と縁側は丸い柱になっているのは、あずま屋という建て方なのだという。あずま屋(東屋)というと、日本では公園や庭園に行くと休憩をとれるような簡素な建物という印象が強いが、韓国では違うらしい。

ここから引き返して、香壇の前を通って反対側へ行く。パンフレットに書いてある道には太い、細いがあるのだが、実際に歩くと違いがよく分からない。「無忝堂(ムチョムダン)」を目指した。ちょっと迷いながら20分ほどで着いた。

無忝堂

香檀で出て来た李彦廸の宗家別堂とパンフレットに説明があった。

1460年にできて、父の李蕃(イ・ボン)が晩年を送った場所という。舞台のような建物が印象的だ。書斎と居室になっていたという。

 

今も多くの人が伝統家屋で暮らす村

4つ目、一番遠い「書百堂(ソベッタン)」を目指した。道しるべもあるのだが、ハングルなのでよく分からなかったので、文字の形をみて進んだ。無忝堂から15分ほどで着く。

書百堂

月城孫氏の孫昭(ソン・ソ)という人が1454年に建てた。門屋が一の字形、母屋がロの字形で初期の両班屋敷の構造をしているという。白い天井を丸太で支えているデザインが美しい。

息子孫仲暾、東方五賢の1人と称えられていた李彦廸と、月城孫氏の中でも名士を輩出した家。風水で見た人によると、雪蒼山の地気がこの家に集まっているといい、今も3人目の名士の登場を待っているという。

ここから入口方向に戻りながら、伝統家屋の一部を見ながらぶらぶらと歩いた。瓦屋根は両班、藁ぶきは庶民の家だという。家の門、玄関には普通に表札がかかっている。今も暮らしているのだろう。

「沙湖堂古宅(サノダンゴタック)」が途中にあった。説明板によると、1840年ごろに建てられたそうで、敷地内の建物はこの村にある伝統的なロ型の配置ではなく、日本でいう曲がり屋のようなГ形の配置なのだという。

沙湖堂古宅

少し早めに入口付近に着いたが、バスまでの時間があるので、案内所に近いところの伝統家屋を見て回った。

「心水亭(シンスジョン)」は1560年にできたそうで、韓国の中でも重要な建物の1つだという。

心水亭

この村は、月城孫氏と驪江李氏と、有力な2つの名家が共存してきたのは珍しいという。家にある表札をいくつか見たが、全部孫姓だった。

上ったり、下りたりが多い道をのんびり、ぐるっと回って2時間ほど。帰りのバスはほぼ時間通りにきた。

この世界遺産には、同じように朝鮮時代の両班の伝統家屋が残り、仮面劇で有名な安東(アンドン)の河回村(ハフェマウル)も登録されている。

2010年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。