サガルマータ国立公園(ネパール)

カトマンズ~トリブヴァン空港

世界最高峰を見たいと思った。ネパール名サガルマータ、チベット名チョモランマ、英語名エベレスト、8848メートル。

母校の先輩、三浦雄一郎氏が2013年に世界最高齢80歳で登頂に成功されたが、残念ながらそのような強い気力も体力も持ち合わせていない。時間も予算も少ないならどうすればいいか探していたら、ネパールの首都カトマンズから小型飛行機でサガルマータを見る「マウンテンフライト」を見つけた。ホテル送迎付き180ドルを予約し、2011年10月、行ってみた。

ちなみに、トレッキングや本格登山とすれば、費用や時間は2、3ケタ違うだろう。

2週間前に墜落したフライト

出発直前の9月25日、予約した航空会社のマウンテンフライト便が墜落事故を起こし、乗員・乗客19人全員が亡くなった。予約代理店にメールで問い合わせたら「機体の問題ではなく、悪天候の視界不良が原因。来られるころはちゃんと乾期になって晴れるといいですね。ちょっと雨期が長引いているんで」と返答がきた。心配ないということなのだろう。

事故から約2週間後の朝5時半、ホテルを出発する。夜明け前の空には満天の星。天気は良くなりそうだ。

トリブヴァン空港国内線でチェックインに並んでいたら、通行証を胸につけた係員が私のeチケットを持っていって手続きしてくれた。

「ありがとう」というと「チップを」という。どうやら正式な航空会社の係員ではなかったらしい。勝手に手続する人がいるようだ。20ルピー(約20円)渡すと「もっと」というから断ったが。

7時に飛行機へ運ばれた。満席の16人で、パイロット2人、客室乗務員1人。「19人…墜落したのと同型機だな」と一瞬、不安もよぎったが、ベルトを締めればもう逃げられない。

飛び立って、すぐにヒマラヤの山々が目に飛び込んでくる。真っ白なランタン山群が続く。ここから東に向かって飛び、サガルマータの上空で折り返してくる。

乗客は全員窓側で、行きは左側、帰りは右側の席からヒマラヤ山脈を見られる。山名の入ったイラスト地図を見ながら雪をかぶった山の頂をながめ、特徴ある山が見えると客室乗務員が教えてくれる。

大きなプロペラ音で聞き取りにくく、サガルマータを探して先の方に目と心を奪われているので、なんとなく上の空。写真だけは撮っていたが、何を写しているかよくわかっていない。

目の前にそびえる世界最高峰の峰々

テレビや写真などで記憶にある山の形がうっすらと目の端に見え始めたころ、右側の席から1人ずつ、順番にコックピットに呼ばれる。

自分の番になった。「左がエベレスト、右がローツェ」とパイロットが短く言う。15秒ぐらいだったろうか、目で見て、カメラを向けた。まだ遠方に、それはあった。

一巡すると、また最初の人から呼ばれる。機内もサガルマータを見られた興奮もあって、騒々しくなってくる。2度目のコックピットからの景色、これは近かった。

ピラミッドのような山容、雪と岩肌の境目もはっきり見えて、目の前にある。

サガルマータ(中央)と、ローツェ(右)

「これが、あの…」と思うと写真を取るのを忘れていて、あわててシャッターを押したが、手が震えているのが分かった。時間も1回目より長かった。

サガルマータに寄り添うように世界4位のローツェ(8516メートル)が座している。少し離れて5位のマカルー(8463メートル)のとがった嶺が見える。

サガルマータ(左)、マカルー(中央)

遠くに頭1つ出ているのが、たぶん世界3位のカンチェンジュンガ(8586メートル)だろうか。世界の屋根が勢ぞろいしているこの周辺が世界遺産になっている。

カンチェンジュンガ(右)とマカルー(左)

大きく旋回して帰路に入る。窓から見えるサガルマータが遠ざかっていくころ、我に返った。見るのはサガルマータだけではない。白い屏風のように連なるヒマラヤの峰々も負けず劣らずの偉容をみせている。

あわてて、窓の外を見た。このフライトでは8000メートル級が6座は見られる。

サガルマータ近くにあったチョ・オユー(8201メートル=6位)はあまり記憶にないのだが、写真には撮れていたようだ。

チョ・オユー(左)

たぶんシシャパンマ(8013メートル=14位)も無意識に見て撮っていたようだ。いずれも周りより高いので、目に入っていたのだろう。

シシャパンマ

テーブル型のおもしろい形をしたメルンチェ(7181メートル)が目を引いた。8000メートル級の山々を見ていると、7000メートル台だと「低い」と感じるが、富士山(3776メートル)の倍近くある。

メルンチェ

ただ、せっかく行きに客室乗務員が山の名前をアナウンスしていたのだが、どこかに飛んでしまってよく分からないまま、何度も山の形を見てはイラスト地図と外に視線を行き来させる。

ランタン山群

あっという間にカトマンズの街が見えてきた。離陸して約1時間。飛行機を降りる際、サガルマータを見たという証明書をもらった。世界最高峰を自分の目で見られた極上の時間になった。

ネパールでの山と丘の違い

夕方、地上からヒマラヤの夕日を見に行った。

ネパールには高山がたくさんあるが、ガイドによると「1年中雪をかぶっているのが山。それ以外は丘です」という。富士山並みの3000メートル級でも名前も付いていない「丘」が無数にあるらしい。

カトマンズから車で1時間半ほどのナガルコット(標高2100メートル)に行った。「コット」は丘という意味もあるといい、展望台などになっていることが多い。

ナガルコットから

ナガルコットも日本ならりっぱな高山だ。「でも、日本の山は海からの高さ。こっちはカトマンズの街で既に1300メートルありますから、日本だと800メートルぐらいの丘と一緒」と、慰めるように言ってくれた。雲の上に見えるのはランタン山群だという。

「乾期だと朝はきれいに山が見えることが多いのですが、夕方はよほど天気がよくなければ難しいです」とガイドに事前に言われて、展望台へ。

ちょうど、ヒンドゥー教最大の祭り「ダサイン」の最中で、凧揚げ大会に使った足場があり、さらに一段高いところから見られた。凧揚げをやるだけあって、風が強い。丘を挟んで反対側に、夕日が沈んでいくにつれて、暮れゆく日差しを受けた「山」が輝きを増す。

丘の西側、朝に飛行機から見たランタンの山並みが雲から突き出ている。遠くにマナスル、アンナプルナ山群が少しだけ顔を出している。

東側のサガルマータ方向は厚い雲がかかったまま。「エベレストは見えたとしても、小さくうっすらと見えるだけで目ではほとんど分からないんです」とガイド。これも慰めてくれたのだろうか。

※現地の山の高さは航空会社の資料参照

1979年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。