シルクロード:長安-天山回廊の交易路網(中国) 西安(長安)

西安市内~大雁塔~城壁~夜の大雁塔

日本の奈良、平安時代の平城京、平安京のモデルとなり、遣隋使、遣唐使などが派遣されたかつての中国古代王朝の都・長安。今は西安と呼ばれる、欧州まで続く交易路、シルクロードの出発点(終着点)となった街に2013年、行ってみた。

2300年以上前から現在の西安とその近郊には、古代中国のさまざまな国の都としての街がつくられてきた。紀元前4世紀に秦の始皇帝が都を現在の西安近郊の威陽に定め、聖徳太子(厩戸皇子)が遣隋使を派遣した607年には、隋の首都として現在の西安の原型ができていた。唐代を最後に都ではなくなったが、清代に西安と呼ばれるようになった古都で、長安をモデルとした今の京都のような感じだろうか。

世界遺産になる前年だったので、西安に行った主目的は兵馬俑坑と始皇帝陵を見るためだった。西安市内巡りツアーで「大雁塔(だいがんとう)」に行った。

年期が入った黄色い色の塔

大雁塔は7世紀に唐の第3代高宗が建てた。西遊記の三蔵法師のモデル、玄奘がシルクロードを使って西域に行き、長安に持ち帰った経典や仏像を安置するために、インドの塔婆をモデルに5層の塔を建てたのが始まりだという。

シルクロードは、諸説あるらしいが、長安を発着点として中国からアジア内陸部の砂漠地帯、草原地帯などを抜けて中東、最後はローマへと続く古代の交易路。世界遺産になった長安(西安)から伸びる天山回廊のほかにも複数あったとされる。

奈良時代に建てられた東大寺の正倉院には、西域の交易品が多く収めてあり、日本がシルクロードの終着点ともいわれている。

広場のようなところから、大雁塔に向かって歩く。「大慈恩寺」という高宗が母のために建てた寺の境内にある。広場から階段を上がると大慈恩寺にある「大雄宝殿」という額がある門をくぐる。

大雁塔は一時10層まであったが、現在は7層64.5メートル。高台に建っているので、もっと大きく見える。基底部は25メートル四方。ぐるっと1周してみた。

「元々は灰色のレンガで造られていました。黄砂で、今は黄色っぽくなっています」とガイド。ここに来る前は、写真などを見て黄色い色の塔だと思っていたが、違ったらしい。

大雁塔には上ることができる。「螺旋階段になっています。般若心経の文字数の268段あります。行ってみますか?」とガイドに促されて、上ってみた。

これがやはりハードだ。頂上目指して、とにかく足を運んだ。最上階にいくと、そんな汗をかいた甲斐がある光景を目にできる。西安市内が一望できる。ただ、春だったので、黄砂や排気ガスなどでかすんではいるのが少し残念だが、いい景色と風は気持ちがいい。

城壁の上でサッカーができる?

もう1つ、上るところがある。保存状態がいい「城壁」が西安市内に残っている。明代に造られたもので東西3.8キロ、南北2.8キロの長方形。内部が城はないが西安城と呼ばれる明代の旧市街のようになっている。城壁には門は16あるそうで、その中で城壁の上に上がれる「南門(永寧門)」に行った。西へ行くシルクロードの発着点になった門は「西門(安定門)」になる。

城壁としてはかなり大きい。南門にある階段を上って城壁の上に出ると、「ここが城壁の上?」とびっくりする。とにかく広い。りっぱな建物まで建っている。

城壁は高さ12メートルで、下部が幅18メートル、上部が15メートルもあるという。ちょっと狭いが遊びのフットサルならできそうだ。長安が都だったころの長安城は10倍の広さがあったという。当時の城壁がここまで立派だったかはわからないが、都だけのことはある。

城壁に囲まれた西安城内の真ん中にあるのが、街のシンボル存在の「鐘楼・鼓楼」。鐘楼は1384年、明代初期に建てられ、1582年に現在の場所に移された。すぐ近くにある「鼓楼」は1380年に建てられた。城門を開ける合図に鐘を鳴らし、閉める時に太鼓が鳴らされたそうだ。

鐘楼

鼓楼

鼓楼の周辺にはイスラム教徒が多く住む「回教街」があり、羊肉の串焼きなどの屋台や古い建物の商店が立ち並んでいた。ブラブラと散歩したが、いい匂いが漂っているものの、気軽に食べていいものかはわからなかった。羊肉には惹かれるのだが、見るだけにした。

空海が密教の奥義を収めた寺

世界遺産登録はされていないが、空海ゆかりの寺がある。「青龍寺」という。

詳細は他に譲るが、804年に遣唐使の一行として長安に入った空海は、この寺で当時の密教第七祖として第一人者だった恵果の教えを受けて、わずか半年で奥義をきわめ、第八祖になった。806年に帰国後、高野山で真言宗を開いた。青龍寺はその後廃寺になっていたが、真言宗の信者らによって再建されたという。

空海

恵果

西安には、世界遺産「小雁塔」はじめ、その他にも文化財がたくさんある。さすがに歴史のある街だ。唐代に楊貴妃との関係で有名な玄宗皇帝が政務をとったという興慶宮があった公園には、遣唐使の1人で帰国せずに同皇帝に仕えた阿部仲麻呂の記念碑もある。古代日本とのかかわりが深い街だ。

興慶宮公園阿部仲麻呂記念碑

夜、大雁塔のライトアップを見に行った。広場だったところが噴水になっていて、ちょっとしたショーが行われた。写真の出来は良くないが、夜空に大雁塔が浮かび上がり、水しぶきの中に立つ姿もきれいだった。

 

2014年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。