故宮(中国)

北京空港~北京市内ホテル~故宮

 

航空会社のマイルがたまったので、どこかへ、と思って航空券の交換マイルを見たら、国内だけではなくて、近いアジアにも行けそうだ。北京に行こうと思い立って2002年、行ってみた。

2泊3日、といっても、1日目は午後早くに着き、3日目は午後早くに出国する。現地で動けるのは1日半といったところだったので、2日目の1日を使って万里の長城や頤和園などを巡るツアーを申し込んだ。

ということで1日目、午前便に乗って北京に着き、ホテルに荷物を置き、パスポート(必須)を持って、徒歩15分ほどの「天安門」に着いたのは、午後3時少し前。想定していたより1時間以上遅れ、午後5時に閉まるので「ざっと見て回るぐらいか」と思った。予備知識もあまりないのでパンフレットでもあるかと探したが、置いていなかった。取り急ぎ、売店に日本語のガイドブックがあったので買って入った。

 

天安門の前に広がる天安門広場は、よく中国のニュースに登場する。1989年に民主化を求めるデモ隊に軍が武力行使した「天安門事件」の舞台でもある。

(天安門広場)

天安門から天安門広場をみる。右に人民大会堂、左に博物館、広場のずっと先(南)に「前門(正陽門)」。ここからがかつての内城ということになる。

天安門から中に入り、「午門」から先が堀で囲まれた「紫禁城」と呼ばれる部分になる。今は「故宮博物院」という。

巨大、広大な紫禁城

入ってまず広さと大きさにびっくりした記憶がある。広場に堀が流れ、橋が5本かかっている。その先の「太和門」をくぐると「前三殿」と呼ばれる区域に。正面にドーンと建っているのが「太和殿」。最初から圧倒された。

太和殿は重要な式典などの際に、広場に文武百官が勢ぞろいしたところだという。基壇の上に立っており、階段の横には龍の彫刻がされている。中は金色の玉座を中心に、華美な装飾で飾られている。

端まで行こうと思って駆け足だったので、あまり写真は撮らずにひたすら見ては歩いた。当時のカメラでは、フラッシュなしの内部の撮影は難しかった。

行ったのは6月だったが、どんよりとしている。その後、北京のスモッグが問題になったが、このころ既に発生していた。

ガイドブックから拾ってみる。紫禁城は、明・清の時代に皇宮として使われた。1420年、明の第3代永楽帝が造営を始め、1420年にほぼ今の形に完成したという。翌年、都が南京から北京に移されて、清朝が終わる1912年まで皇宮だった。

「前三殿」は太和殿のほか、「中和殿」「保和殿」で構成されている。中和殿は皇帝の休憩場所、保和殿は儀式をおこなっていたそう。主に皇帝の仕事場で、三殿を含めてこの区域を「外朝」という。

紫禁城は1925年から「故宮博物院」と呼ばれ、当時の建物はじめ、装飾品はじめ宝物はそのまま置かれているそうで、全体が巨大な博物館になっている。

どこに何があるか分からない内廷

先を急ぐ。前三殿を過ぎて「乾清門」をくぐると「内廷」と呼ばれる、皇帝、皇后はじめ紫禁城に住まった人たちの生活空間になる。

また目の前にドーンとした建物。「乾清宮」という。皇帝の生活の場で寝所でもあった。これだけ大きいと、どこで皇帝が寝ているのかも、よく分からなかっただろう。

ここには「後三宮」がある。乾清宮の後ろにちょっと小さい「交泰殿」があり、その向こうに「坤寧宮」が、前三殿に続いて南北一直線に並んでいる。

交泰殿は明代では皇后の誕生祝いの場だったが、清代には玉璽などの貴重品の保管場所になっていたという。坤寧宮は皇后の生活の場だが、のちに神を祀る場所になっていたそうだ。

交泰殿の前でガイドブックの地図を見ると、この三宮の両側(東西)には、他の人たちの生活の場が広がり、左側(西側)には清代に皇帝が政務を執り行った「養心殿」や皇后、后らが住んでいた「西六宮」はじめ、多くの建物がある。

右側(東側)には同様に「東六宮」や「奉先殿」があり、さらにその外側に「皇極殿」など「外東宮」がある。建物のいわれなどは他に譲るが、歴史的な建物が軒を並べている。

ここまで1時間半近くかかったので、残り時間が少ない。「九龍壁」という龍の彫刻がある壁が出てきていないことに気づいたので、地図で位置を探した。メーンの前・後三宮にあるのではなく、内廷の南東角、一番外側の皇極殿の前にある。保和殿を出て右に進めばよかったようだ。

故宮巡りは時間と地図が必携

戻ろうと、東六宮の方へでたが、このあたり、壁に囲まれた道がたくさんあり、建物もたくさんあり、門は時間的な問題なのか閉まってところも多く、どこに何があるのか、自分がどの道にいるか、分からなくなった。

何とか、九龍壁があるはずの門の前に来たが、これも時間の問題なのか、門を間違ったのか、閉まっていた。午後4時半ごろになっていた。

一番奥まで行く時間どころか、閉門時間にも間に合わなくなる可能性もあるので、やむなく急ぎ足で坤寧宮に引き返した。残念。

場内のいたるところにある彫刻なども、なんとなく見てきたが、できればじっくり見ていきたいところだ。

 

坤寧門を出て、紫禁城の一番奥には「御花園」がある。皇族が花をめで、遊んだり休息を取ったりした場所だという。中国歴史ドラマなどを見ると、皇宮暮らしは精神的にきつかったと思われるので、ホッと一息つく空間だったのだろう。

庭園には小さな石の山「堆秀山」もある。山登りをしたそうだ。運動不足の解消だろうか。

御花園・堆秀山

ここでほぼタイムアップ。紫禁城の一番北にある「神武門」から外に出た。全部で9000室はあるという建物群、とても2時間ちょっとでは見ることができなかった。次に来る機会があれば1日空けてじっくりとみよう。

第2次大戦後、中華民国政府が台湾に移った際に故宮から持ち出された宝物の一部は台湾の故宮博物院に収められている。台湾の博物院も見ているが、2カ所に分散しているとはいえ、明・清500年に渡る宝物はどちらにもたっぷりと残っている。

歩いていると、動物などの彫刻や像が至る所にあり、建物内部には宝物がかつて置かれていたように配置されている。

神武門と通りを挟んでその先、北側には「景山公園」があり、西側には「北海公園」が広がる。とにかく、広大だ。

1987年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。