バイカル湖(ロシア)

イルクーツク~リストビャンカ~バイカル湖、イルクーツク駅~シベリア鉄道~ポート・バイカル駅

「シベリアのパリ」から行く「シベリアの真珠」。世界最古、世界最深、世界一の透明度を誇る湖が、眼下にひろがっている。2014年、行ってみた。
大韓航空機で「バイカル湖」に近い街、イルクーツクには未明につく。ホームステイを受け入れてくれたデニスが迎えに来てくれ、車に案内されて「日本車に乗っています」と笑った。

数日後「リストヴャンカに行きましょう」と、デニス。「リストヴャンカ」はバイカル湖のほとりにある港町。イルクーツクからは70㌔ぐらいだ。ちょうど日曜日でデニスの両親ほか親戚など車3台に食料を積み込んで出発。途中の酒屋? で量り売りのビールやウオッカを仕入れる。
どうやらバイカル湖のほとりでバーベューパーティーらしい。市街地を出ると、白樺や松が生える原野という、故郷の北海道と似たような風景が広がる。
途中から大きな川に沿って走る。バイカル湖から唯一流れ出ている「アンガラ川」。イルクーツクを流れ、シベリアの大河エニセイ川に合流する。休憩を兼ねて川岸の駐車場へ。かなりの水量だ。

大河アンガラ川

深くどこまでも青い湖

「ホテル・バイカル」の標識から道を左に折れて、山道を登っていく。どこへ行くかはお任せなので気にしなかったが、止まったのはスキー場だった。
「何があるのだろう」と思ったが「トイレに行っておいたほうがいい」と、みんながスキーロッジに入っていくのについていった。乗ったのは2人乗りのスキーリフト。札幌のスキー場でよく乗った。上に上がって坂道を少し下りたところが、バイカル湖を見下ろす展望台だった。


真っ青な湖面が、眼下に広がる。これがバイカル湖だ。太陽光の加減で、遠くの湖面は光っているが、近くに見える水は深い青。バイカル湖からアンガラ川が流れ出るあたりが見える。


山の斜面の下に見える街はリストヴャンカ、対岸の街は「ポート・バイカル」という港街。英語? リストヴャンカとは渡し舟が行き来している。展望台の手すりにはなぜか、色とりどりの布が巻かれていた。何かのおまじないなのだろう。


展望台から少し出たところに岩場がある。岩に座って、しばしたたずむ。湖の対岸には山がみえる。バイカル湖を囲む山々は2000㍍級。少し霞んでいるが、かなり遠くにあるように見える。
バイカル湖は世界地図を開いてもすぐ目に付く「三日月型」の湖で、ほぼ南北に長さ636㌔、幅は平均48㌔、最大幅80㌔ほど。アンガラ川の流出口は南側。見えているのは細い部分ではあるが、それでも対岸が遠そうだ。
面積3万1500平方㌔で琵琶湖の約50倍、といっても想像がつかない。淡水湖としては世界一の大きさを誇る。

サケの仲間はここを海だと思っている?

展望台を降りて、リストヴャンカの街に入る。日曜日だけあって、車も人も多い。ここには水族館のあるバイカル湖博物館や第2次大戦終戦後にシベリアに抑留されこの地で亡くなった日本人の墓地などがある。
バイカル湖でとれる「オームリ」という大きいものは50㌢近い魚は、白身だがサケ科で、バイカル湖に注ぐ川を遡上し産卵してまた湖に戻ってくるというから、バイカル湖がサケにとっての海のような存在になっているようだ。干物などで市場で売っている。


ビール、ウオッカにバーベキューでほろ酔い加減になって、キャンプ場の木々の間から見える湖を見て「そうだ、バイカル湖だ」と思い出し、デニスらと湖岸に下りてみることにした。日も傾きかけている。夏だったので、日の入りは午後10時ごろ。いまは午後8時すぎだ。


バイカル湖の湖岸に下りた。小さな石の湖岸線が続く。夏なので「湖水浴」シーズンなのだろう。湖岸には水着を着た人もちらほら。こっちはフリースやら、ウインドブレーカーを着込んでいるのに。温度の感じ方が違うのだろうか。
水着は持ってこなかったので、裸足になって足だけ浸かってみたが、やはりけっこう冷たい。バイカル湖の水温は、夏でも10度ほどで、最高でも14度ぐらいにしかならないという。そこで泳ぐのだから、こちらの人は強い。

世界で最も古い湖が存在する訳

バイカル湖の歴史を少し。この湖が生まれたのは2500~3000万年前と言われる。日本海溝のような海溝が陸封され、長い年月をかけて淡水化した。世界には琵琶湖のようにできてから10万年以上経つ古代湖と呼ばれる湖があるが、バイカル湖は別格の古さだ。
普通は長くても数万年程度で流入する河川による土砂の堆積などで湖はなくなるそう。さすが元海溝で世界一の水深1600㍍以上を誇るバイカル湖はまだ当分埋まらないだろう。出来た時は相当の深さだったに違いない。
世界一の透明度は40㍍ほど。北海道の摩周湖が1930年に41・6㍍を記録してバイカル湖(当時40・5㍍)を抜いたこともあったが、今は摩周湖も20㍍ほどになっているといい、悔しいけれど透明度を維持しているのは驚きだ。


元は海だったこともあって、バイカル湖には世界で唯一淡水に住む「バイカルアザラシ」がいる。後で聞いたら、リストヴャンカのバイカル湖博物館で飼われている。本物は見逃してしまった。見たい人は博物館に寄ることをお勧めする。
人の多いところには野生のバイカルアザラシはまず出てこない。といっても、バイカル湖の周囲は2100㌔もあり、ほとんどは人が踏み入らないところらしいので、住む場所もたくさんあるだろう。本物ではないが写真だけでも。陸封された時に取り残されたアザラシのような固有種の動植物は1500種以上いるという。

バイカル湖に住むアザラシ

対岸の山並みの稜線は、雲と霞がかかっているが、意外とはっきり見える。連れてきてくれたデニスが「もっと奥に行ってみよう」と、湖岸の崖にある細い道を歩きだした。


手すりも何もない道で、滑り落ちたらすぐ下は湖。けっこう急な崖だ。行き止まりのようなところまで行って、湖の北の方を見渡す。細長い湖の奥はまったくわからない。湖の大きさを実感できた。


湖岸に戻って、流木を椅子に一服。湖を見渡す。ありきたりではあるが「時間がゆっくり流れている」という表現がぴったり。打ち寄せる波も小さく、湖岸の小石を洗っている。
ふと思い立って小石を拾った。石を見ると、白、赤、茶、黒、緑…さまざまな色の石が交じっている。


冬は氷点下30度を下回り、湖面は凍結する。透明度が高いだけあって、きれいなクリスタルのような氷になるという。「シベリアの真珠」と呼ばれる所以だ。湖上には車道ができ、道路標識も立てられる。
そんな冬の湖には悲劇の伝説がある。ロシア帝政からソ連に変わる頃、モスクワを脱出した帝政側の避難民120万人がシベリアを目指したが、寒さで次々に倒れ、バイカル湖畔についたのは25万人。その人たちも凍った湖面を渡る時に氷点下70度の寒波に遭って全員凍死し、春になって湖に沈んだという。いまも、湖で遭難すると発見される期待は小さいという。

シベリア鉄道に乗ってみよう

さて、バイカル湖の入口の大都市イルクーツクは「シベリアのパリ」と称され、街を歩くときれいな建物が並んでいる。

イルクーツクの街並み

シベリア鉄道の主要駅の1つでもある。ここからバイカル湖岸鉄道という観光列車に乗って再びバイカル湖へ。
イルクーツクからスリジャンカというところまでシベリア鉄道の線路を走り、分かれてバイカル湖畔をポート・バイカルまで行く。
出発は早朝7時30分。イルクーツク駅は古そうな、かなり立派な建物。「シベリアのパリ」の玄関口だけのことはある。チケットを持っていたが、改札もなく列車に乗り込んだ。

イルクーツク駅の正面

ここからスリジャンカまで約3時間はシベリア鉄道。シベリア鉄道としてはほんの一部だ。スリジャンカからは、進行方向が逆になってシベリア鉄道と別れ、バイカル湖岸鉄道線に入る。

スリジャンカ駅

故大瀧詠一さんの「さらばシベリア鉄道」が浮かんだが、実は「さらば」ではなかった。
シベリア鉄道は極東のウラジオストクからモスクワまで約9000㌔超。完成は諸説あるが、同乗している湖岸鉄道ガイドの説明によると、1901年にバイカル湖周辺を残して開通、1904年にこの湖岸鉄道ができてシベリア鉄道が全線開通になったという。
さっき走ってきたシベリア鉄道の線路は後から出来たもので、いま走っている湖岸鉄道が元々のシベリア鉄道だった。

バイカル湖岸鉄道

いまは観光列車が走る路線になっており、ポート・バイカルまでの間に5カ所で停車し、付近を散策する。停車すると、湖岸鉄道ガイドが付近の解説をしてくれる。

残念ながらロシア語なので、一緒に行ったデニスに英語に訳してもらった。現在は使っていない石造りの橋を見せてもらったが、やはりバイカル湖の景色が一番だ。

次に止まったのが、崖と湖が織りなす景色が抜群の場所。線路は湖岸から10㍍ほど上の所を走っている。崖を下りると湖岸にでられる。

上から眺めるとさすが透明度世界一だけあって、湖底がしっかり見える。15~20㍍ほど沖は濃い青色。すぐ深くなっているようだ。

バイカル湖の水は軟らかな味がした

停車すると、だいたい20~30分ほどの散策時間がある。3つ目の駅では、古いトンネルを散策した。今は使っていないが、1904年完成、18番という番号が振られている。


中に入ると、すぐにひんやりとしてくる。Tシャツに長袖シャツでは耐えられない。もちろん照明もないので、100メートルほど進んで折り返してきた。
湖岸鉄道にはトンネル39、橋29があり、当時としては最高の技術を駆使して突貫工事でつくられた。バイカル湖の自然だけではなく、こっちも世界遺産になってもいいような気がする。今は100年以上前の旧線に並行して新しい線路が敷かれている。


4カ所目はけっこう大きな集落。ここで昼食タイムだが、時間は午後4時。列車の中では走り出してからすぐに飲めや歌えやの大騒ぎだったので、もうそんな時間? という感じだ。
1時間ほどで汽笛が鳴って乗車の合図。5カ所目ではレンガ造りの壁などを見てから、湖岸に下りてみた。


「水は飲める?」とデニスに聞いたら「大丈夫。ちょっと沖に行ったほうがおいしいけどね」。沖にはいけないので打ち寄せる水を手ですくって飲んでみた。軟らかい水だ。


終点のポート・バイカルに着く。午後8時少し前。ここからイルクーツクまでアンガラ川に沿って造られていたかつてのシベリア鉄道の線路は、下流のダム建設で水没している。

ポートバイカル駅

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。