エピダウロス遺跡(ギリシャ)

 

アテネ~コリントス運河~エピダウロス

2000年以上前にできた劇場が、今も現役で人々を楽しませている。医療に音楽を用いたという医神を祀る場所に2019年、行ってみた。

アテネから古代ギリシャの遺跡などを訪れる1泊2日の英語・スペイン語のクラシカルツアーに参加した。本土とペロポネソス半島を結ぶ細い陸を貫くコリントス運河を見てから橋を渡り、半島側へ。アテネを出て3時間ほどでエピダウロス(Epidavros)に着く。

毎年フェスティバルでにぎわう古代の劇場

遺跡に入って最初に目にするのが、石造りの巨大な「古代劇場」だ。

紀元前4世紀に高名なブロンズ像作家を父に持つ、父と同名のポリクレイトス(Polyklitos、ポリュクレイトス)の設計で造られた。地面にはオルケストラという、石で円形に囲んだ広いステージがあり、客席は当初34段、その後紀元前2世紀に21段追加され、1万2300人ほどを収容できるという。

原形を残しながら修復を行い、現在も現役。夏に開かれる「アテネ・エピダウロスフェスティバル」ではギリシャ劇などが上演される。行ったのは1月だったが、舞台近くに大きなスピーカーが置かれ、何かイベントの準備をしているようだった。

ステージの中央にある丸い石板に乗ったガイドが「客席の角度がよく、音響効果が優れています」。英語・スペイン語ツアーなので、断片的にしか分からないが、たぶん合っていると思う。ここが舞台の中央で、声を出すと確かに音の響きがいい。シーンとしていたら、コインを落とすと客席の最上段まで聞こえるそうだ。

せっかくなので、客席の階段を上がった。なだらかな傾斜なので、上りやすい。上から見ると、すり鉢状になっている劇場が見渡せる。

階段を降りながら、客席を見ると、長方形の石をうまく曲線に並べている。

これもせっかくなので座ってみた。イスとして高さはいいのだが、やはり石なので座り心地はよくはない。座布団のようなものを敷けばいいだろう。

古代ギリシャの劇場は今も欧州各地に残っているが、その中でも一番保存状態がいいそうだ。エピダウロスは医療施設だと聞いていたが、なぜ劇場があるのか。「音楽を治療の1つとして利用していたから」という。

死者をよみがえらせる技で神の怒りに触れた

次に博物館に入った。この遺跡から出土した石像などが展示されている。

ガイドブックなどによると、エピダウロスは「アスクレピオス(Asclepius)の聖域」として栄えた。

神話によると、アポロンと人間の娘の子として生まれたアスクレピオスは、半人半獣のケンタウロスの賢者キロンに育てられ、医術を学んで死者をよみがえらせられるまでになった。これを知ったゼウスは、このままでは死ぬ者がいなくなって自然の掟が破られることを危惧。雷を投げ、打たれたアスクレピオスは死んだ。

紀元前6世紀ごろには「医神」として信仰されるようになった。

杖に蛇が巻き付いた「アスクレピオスの杖」は、発掘された彫像にも描かれている。新型コロナウイルスで脚光も批判も浴びている世界保健機構(WHO)のマークの由来にもなっている。今度、記者会見などの映像を見たときに確認してみては。

エピダウロスには港があって交易で栄え、水に治療効果もあったことから聖域として医療施設がつくられた。当時、海面は高かったのだろう。

施設を飾っていた彫刻や柱、治った人たちから感謝のため奉納された彫像や碑文などが発掘され、博物館に収められている。

紀元前1世紀にローマ軍によって破壊されたが、ローマ皇帝アントニヌス・ピウス帝が2世紀に再建。4世紀末のローマ皇帝テオドシウス帝によって活動を止められた。壊したり造ったり、ローマ皇帝は忙しい。

広大な医療施設と宗教施設

順路に沿って歩く。「カタゴゲイオン(Katagogeion)」という、治療に来ていた患者や家族の宿泊所の跡。石の枠組みや礎石しか残っていないが、広範囲にわたっている。かなりの人数がここで療養していたようだ。

すぐ横には「ギリシャ式浴場」跡がある。敷地内には他にも浴場跡があった。水が治療に効くということなので、鉱泉、冷泉が湧いていたのかもしれない。

続いて「エスティアトリオンの複合体」と説明板にある、これも大きな建物跡。「オデオン(Odeon、音楽堂)」を中心に、大宴会場などがあったという。柱が立っている真ん中あたりにオデオンがあったらしい。

治療に来ているのか、遊びに来ているのか、分からない感じだ。笑顔に治療効果があるというから、明るい医療施設だったようだ。

その奥が、宗教的な施設になる。「エジプトの神々の神殿」跡があるということは、ギリシャ人にとっても、エジプト文明には敬意を表していたということだろうか。

この街の主人公、アスクレピオスを祀る「アスクレピオン神殿(Temple of Asclepius)」跡。巨大なアスクレピオスの像が収められていた。神殿はギリシャ神話やトロイ戦争の場面などの彫刻で飾られていたという。

隣接して列柱が修復されている。ここには「アバトン(Abaton、聖なる仮眠所)」という治療施設があった。神殿で礼拝した患者は2列の列柱の間に横たわり、夢にアスクレピオン神が出てきて治療してくれるのを待ったという。

大がかりな修復作業をしていてそばに寄れなかったが「トロス(Tholos、霊廟)」は、学術的には貴重なものらしい。2列の円柱で囲まれた円形の建物だった。

スタジアムでは完治祝い?

最後に、出入口に向かう途中に「スタジアム」があった。オリンピアで見たような、陸上の直線のトラックがあり、スタートラインも残っている。

ここで競技会も開かれていたようだ。スタートラインに立てたことが病気の治った証として、走ったのだろうか。

2000年も前の遺跡で、しかも破壊されているので、はっきりとした建物は残っておらず、あるのは石が並んでいるというだけのところがほとんどだ。

どんな建物で何に使っていたかなどは、発掘調査のほか、患者らが奉納した碑文などから分かってきたのだという。石ばかりだと、みんな同じように見えてしまうので、象徴的な建物の復原があればイメージも沸くのだろう。

治療に使ったとみられる器具なども発掘されているので、実際にリアルな治療をしていたのは確か。ただ、どちらかというと治療というよりは、娯楽も楽しみながら自力で治す施設という気がした。「病は気から」だろうか。

1988年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。