カルタジローネのスカーラ(イタリア)

パレルモ~ピアッツァ・アルメリーナ~カルタジローネ

階段が世界遺産になっている!? そんな街がイタリアのシチリア島にある。2017年、行ってみた。

シチリア州の州都パレルモから山間のピアッツァ・アルメリーナを経由して南下、カルタジローネ(Caltagirone)に向かった。

この街は「陶器の街」として知られているという。ツアーバスを降りて「これに乗りましょう」とガイド。ミニトレインが待機していた。

これも観光客を歓迎するイベントなのだろう。よく見ると、線路はなく、車輪はタイヤ。「トレインバスといいます。街はイスラム統治のころに迷路のように造られて、観光バスが入れません」。車を改造した機関車? が引く客車に乗り込んで「階段」のある旧市街に向かった。

陶器、タイルで飾られた街中

陶器の街と言われるだけのことはある。車窓から旧市街に向かうローマ通りの道路わきの壁を見ると、陶器、タイルがはめ込まれて、壁にアクセントをつけている。

カルタジローネでは、紀元前10世紀ごろから既に陶器の生産が行われたという。近くで良質の粘土がとれ、クレタ島からロクロが伝わったそうだ。

街の名前はアラビア語の「壺の丘」が語源と言われている。9世紀にシチリア島がイスラム勢力の支配を受けた際に、カルタジローネにも城砦が築かれたという。既に壺などを生産していたのだろう。

陶器の歴史を展示している州立陶器博物館の前を通ったが、外壁がきれいな陶器で飾られていた。

18世紀に陶器生産の最盛期を迎えた。主にクリスマスの人形飾り「プレゼビオ」や彩色タイルが有名。製法の詳細は省くが、日本でも知られている「マヨルカ(マジョルカ)焼き」やテラコッタの産地だそうだ。

「サン・ジュリアーノ教会」の前でトレインバスを降りた。教会のクーポラは緑色と水色の中間のような微妙な色合いが美しい。「マヨルカ焼きの陶器でできています」という。曇っていて残念だったが、日光が当たると輝いて見えるだろう。

142段の階段につけられたものは?

古い建物が取り囲む市庁舎前広場。1876年に建てられた市庁舎が威容を見せている。

広場の一角、一見見落としてしまいそうなところに「階段(スカーラ La Scala)」の一番下がある。

下から見上げると、スカーラ1段1段にタイルがはめ込まれている。よく見ると、1段1段、全部違う。これが142段ある。

このスカーラは、17世紀に街の中心だった高台(階段の上)にあった「サンタ・マリア・デル・モンテ教会」と、下のサン・ジュリアーノ地区を結ぶために造られた。スカーラには名前もついていて「Scala di Santa Maria Del Monte」という。

 

「タイルが張られ始めたのは50年ほど前だといいます」とガイド。比較的新しい出来事らしいが、張られているタイル自体は古い時代のものも多いという。

 

かつて街中はタイルを使った建物であふれていたそうだが、改築などの際に使わなくなって一時すたれていたという。そのタイルが「街の財産」と見直され、街の主要生産品にもなり、そのPRを階段で始めたのだろうか。

 

さまざまなデザインに見飽きない

1段1段、タイルを眺めながら上に上った。スカーラの左右には多くの陶器店が軒を連ねている。何枚張られているか見当もつかない。

 

 

何段かのタイルの枚数を数えてみたが、段によって長さが少し違うので何とも言えない。1段50枚としても、7000枚ぐらいになりそうだ。

 

全部見るのはかなり大変。写真に収めるとなると、相当時間もかかりそうだ。1段1段見ながら、面白そうなタイルの写真を撮ってきた。全部撮りたい場合は時間を覚悟しておこう。1段1分でも2時間半ぐらいかかる計算だ。

 

幾何学模様などはイスラムのデザインの影響がありそうだ。同じタイルを張り付けているのではなく、違う意匠のものを配置している。その1段の中でストーリーがありそうなものもある。

毎年5月にはスカーラを花壇に見立てて花を飾る「スカーラ花祭り」。7、8月にはスカーラに模様を描くようにランプを置いて、夜はライトアップされる「聖ジャコモ祭」が催される。絵葉書でしか、様子は分からなかったが。

40分ほどかけてタイルを見ながらスカーラを上がっていると、142段もほとんど苦にならない。上がると、サンタ・マリア・デル・モンテ教会。クーポラと鐘楼を持つなかなか大きな教会だ。中は撮影できなかったが、白壁を主体としたシンプルな造りだった。

教会の入口のところに、やはりタイルで描かれた板絵がある。イスラム勢力のサラセン人を破った戦いの場面が焼き込まれているという。イタリアの教会といえば「モザイク」が定番だが、陶器の街の誇りを感じた。

1997年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。