バイカル湖(ロシア)

ポートバイカル駅

駅舎は2005年の開通100周年の際に立て直された。当時使われていた蒸気機関車が展示されていた。


対岸のリストヴャンカに船で渡り、バスでイルクーツクに戻る。少し傾きかけた日を浴びた「シャーマンの岩」が、湖面から顔を出していた。
帰国後、デニスから連絡が来た。乗った日の2日後、土砂崩れで湖岸鉄道が不通になったという。危なかった。

湖面から顔をのぞかせるシャーマンの岩

1996年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。