セルギエフポサードの至聖三者聖セルギイ大修道院の建築的遺跡群(ロシア)

モスクワ空港~セルギエフポサード

ロシア・モスクワ近郊に中世の街が輪のように連なる「黄金の輪」と呼ばれる地域がある。その一角に、古くから信仰を集めるロシア正教の大修道院がある。2013年、行ってみた。

サンクトペテルブルクから飛行機でモスクワ空港に着き、バスで2時間ほど、セスギエフポサード(Sergiyev Posad、セフギエフパッサード)に着いた。

広々とした修道院前広場(駐車場)と大修道院を取り囲む白壁の向こうに、ロシア正教の聖堂らしい「ねぎ坊主」のドーム屋根が見える。

死後30年間そのままの姿をしていた聖人

案内所のような小屋に立ち寄って、日本語のガイドブックがあったので買った。正門から入ると、赤い壁、金色の「ねぎ坊主」の建物。「イオアン(ヨハネ)聖堂」がある。

聖堂の下がちょっとしたトンネル通路になっている。壁、天井には宗教画が描かれていた。

抜けると、目の前に真っ白な聖堂が見える。そこに向かって進んでいく。「トロイツキー聖堂(至聖三者聖堂)」という。

1423年に聖セルギイが埋葬された木造教会のあった場所に建てられた。中世ロシア建築初期の傑作の1つだという。

トロイツキー聖堂の前に立つ。聖セルギイは生前、自ら樫の木で棺を作っていた。死後、埋葬されて30年後の1422年に墓を開けたところ、遺体はもとより、衣服も靴も朽ちないままだったという。現在の聖堂内にその棺が安置されている。

大修道院全体の名前になっている聖セルギイの話を簡単に。ガイドブックによると、1314年に貴族の家に生まれ、20代で家を弟に譲ってこの地に小さな木造教会と修道小屋を建て、至聖三者(父と子と聖霊)に生涯をささげた。極貧生活で、熊とパンを分け合ったともいう。

そのころ、ロシアは「タタールのくびき」というモンゴルの支配を受けていたが、聖セルギイの祝福を受けたドミトリー公率いるロシア軍がモンゴル軍を破り、ロシアが解放された。

ロシア正教の十字の切り方

偉大な聖人として尊敬を集め、死後も多くの修道士がここで暮らしている(修行している)。「黒い服を着ているのが修道士です」とガイド。

「ロシア正教で十字を切るときは、右手の親指、人差し指、中指をあわせて、額、胸の次は右肩、左肩の順。カトリックは左肩が先です」と教えてくれた。聖堂に入るとき、男性は脱帽、女性は何かをかぶらなければならないという。

トロイツキー聖堂から振り返ると、修道院の食堂でもあった「大食堂教会(トラペザ聖堂)」がある。17世紀の建物で、中に入ってすぐの左手にあるのがハリストス(キリスト)の像。処刑されたゴルゴダの丘を表している。

室内は広く、奥の祭壇は金色の装飾とイコンでびっしりと飾られて見事だ。周囲の壁や柱にも装飾がされており、特にねじれたようなデザインの柱は宮殿などでは見たことがあったが、教会では珍しいかもしれない。

食堂と教会の両方で使われていたといい「ワインがキリストの血に変わったとか、聖霊が降りてきたとか、ここでは奇跡がたくさんあったといいます」という。

天井や壁面には宗教画がびっしりと描かれている。そうした話も書かれているのかもしれない。

外に出て右手に進むと広場のようになっており、その周りにたくさんの建物が集まっている。左手に先ほどのトロイツキー聖堂、正面には「鐘楼」とその左奥にこじんまりした「スモレンスカヤ聖堂」がある。

鐘楼(手前)とスモレンスカヤ教会(左奥)

右手には青い「ねぎ坊主」屋根の「聖霊降臨聖堂」、ピンク色の壁の「泉の上の小聖堂」と並んでいる。

泉の小聖堂(左)と聖霊降誕聖堂

聖霊降臨聖堂は使徒たちに聖霊が降臨したことを記念して1476年に建てられた。石造りのトロイツキー聖堂に建て替えた際に木造教会を移築していた場所に新たに建てたという。

そして金色のドームを4つの青いドームが囲む「ウスペンスキー大聖堂」が並んでいる。主要な建物のほとんどを見渡せる。

眼病を治す「奇跡の泉」

聖霊降臨聖堂に入った。どの聖堂も同じ感じなのだろうが、壁一面に宗教画、イコンがびっしりと描かれている。聖堂内は撮影禁止だった。

その前に建つ鐘楼は高さ88メートル。モスクワのクレムリンにある「イワン雷帝の鐘楼」より7メートルほど高い。

ウスペンスキー大聖堂(右)と鐘楼

30以上の鐘がある。1930年のロシア革命の際に「鐘の王様」と呼ばれた約67トンの大鐘などは壊され、かつて42あった鐘のうち、残っているのは13個だという。

2004年に72トンの大鐘が新たに取り付けられた。いつ鳴らすのかは分からないが、残念ながら滞在中に音は聞けなかった。鐘楼にも入ってみた。

こちらもイコンなど宗教画が壁を占領している。ここは写真撮影できた。

広場の一角に「泉」があり、家族連れらが水を飲んだり、ボトルにつめたりしていた。この水は「泉の上の小聖堂」から引かれている。

「源泉」は1644年の工事中に見つかった泉で、その水で目を洗った修道士の眼病が治ったことから「奇跡の泉」といわれる。奇跡なのか、成分なのかは分からないが、体に合わなかったらまずいと思って飲むのはやめた。

小聖堂の中も人がいっぱいいた。眼病ではないので、手を洗ってきた。観光客というよりは参拝客がたくさんいる感じで、日本でいう「お伊勢参り」のような場所なのかもしれない。

モスクワより1メートル高い大聖堂

大修道院のメーンの建物は、ウスペンスキー大聖堂。モンゴルの支配を完全に脱したイワン雷帝によって建てられ、26年かかって1585年に完成した。金色ドームの上に立つ十字架の最上部には王冠が載せられている。

モスクワのクレムリンにあるウスペンスキー大聖堂をモデルに、さらに1メートル高く造られたという。鐘楼といい、モスクワのクレムリンを上回る高さに、ロシア正教における、セルギエフポサードの「位置づけ」が分かる気がする。

1993年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。