ナポリ歴史地区(イタリア)

ローマ~ナポリ、シチリア島メッシーナ~ナポリ

 

「ナポリを見てから死ね(vedi Napoli e poi muori)」ということわざがあるように、文豪ゲーテも「イタリア紀」の中で絶賛している港町。ナポリの風景を見ておかなければ死んでも死に切れないという意味だろうか。

世界遺産登録前の1991年にローマからポンペイへのバスツアーの途中で1度立ち寄ったが、現地の治安が悪かったこともあってバスから下ろしてもらえず、車窓から眺めただけ。まだ死ねない。

あらためて2016年、行ってみた。

さまざまな支配者の下で暮らしてきた

 

ローマから着いた時は雨だった。まだ日没まで時間はあったが、薄暗い。「ヌオーヴォ城(Castel Nuovo)」近くの駐車場から旧市街の方へ向かう。

道の先に、イタリア3大劇場(ローマ・オペラ座、ミラノ・スカラ座)の1つ、「サン・カルロ劇場(Teatro di San Carlo)」が見える。その下を通って、市街地に入った。

「プレビシート広場(Piazza del Plebiscito)」という、半円形状の広場がある。市民の憩いの場なのだが、雨なので閑散としていた。

この広場に面して「王宮(Palazzo Reale di Napoli)」が建っている。

ナポリはイタリア第3の都市。歴史は古く、ギリシャ時代にネア・ポリス(新しい都市国家)として街ができ、紀元前4世紀に古代ローマ帝国の占領下に入った。

8世紀はナポリ公国が誕生し、12世紀まで栄えたが、その後は7つの様々な王朝が支配してきた。このため、13世紀から19世紀にかけて、さまざまな文化が入り、建築などが生まれたという。

「エンターティナー」とイタリア国内でも称される、いわゆる「ナポリっ子気質」は、さまざまな為政者と折り合いをつけてきた歴史の中で出来上がってきたものだという。

この王宮は、スペインが支配していた17世紀にドメニコ・フォンターナ設計で建てられた。広場に面した正面はほぼ当時のまま残されているそうだが、欧州各地にある王宮に比べて簡素というか、華美な装飾などがない。修復中なのか、外側には足場が組まれていた。中を見られなかったのが残念。豪華な内装なのだという。

広場を挟んで反対側には「サン・フランチェスコ・ディ・パオラ教会(S.Francesco di Paola)」が向き合って建っている。左右の回廊は、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂に似ている。中央の列柱はローマのパンテオンがモデルだという。

カステル・ヌオーヴォに戻る途中、サン・カルロ劇場の前にある「ウンベルト1世のガレリア」に入った。きれいな天井があるアーケードの商店街。雨は上がり気味だったが、ここだと濡れなくていい。

19世紀終盤、世界中で流行したコレラの流行が収まった1890年に造られたという。アーケードは十字に交差しており、交差点の天井は高さ58㍍のドームになっていて、教会のクーポラのようだ。

「床にあるのは12星座のモザイクです」とガイドが教えてくれたので、自分の星座を探してみた。

 

実戦も経験している実用的な城

 

ガレリアを出ると、もう傘が必要なくなったが、だいぶ暗くなっていた。

カステル・ヌオーヴォも、控えめながらライトアップされ始めていた。

ナポリ公国から支配を奪ったアンジュー家(フランス系)が13世紀に造った城だという。アンジュー家出身のナポリ王カルロ1世が、フランスのアンジェ城をモデルに建築したといわれている。アンジェ城はロワール渓谷の古城の1つとして世界遺産になっている。

城壁の四隅と正面にある5つの円筒形の塔。しかも、かなり頑丈そう。実用的な城だったのだろう。15世紀にはナポリ支配を巡る戦争でかなりの損害を受けたという。

アンジュー家に代わって15世紀にナポリを占領したアラゴン家(スペイン系)は、城を全面改装し、正面は白い大理石に彫刻を施したファサードをもつ凱旋門にした。中は博物館になっているという。

ナポリのレストランで夕食をとった後、夜行フェリーでサンタ・ルチア港(Porto di Santa Lucia)からシチリア島に向かった。ナポリは世界3大夜景(函館、香港、諸説あり)の1つとされている。丘の上から見たかったが、船上からの夜景もきれいだった。

 

青い海、青い空がナポリ

 

4日後、シチリアのメッシーナ港からナポリに戻ってきたときは、打って変わって快晴。「ナポリを見てから死ね」といわれる青い空、青い海の景観になっていた。

「ナポリ歴史地区」は王宮とカステル・ヌオーヴォのほか、海に突き出た「卵城(カステル・デッローヴォ、Castel dell’Ovo)」、「サンテルモ城(Castel Sant’Elmo)」、「カテドラル(大聖堂)」、「サン・マルティーノ修道院」、「サンタ・キアラ修道院」などが登録されている。

「せっかくの天気ですので、ナポリを見渡せる場所に行きましょう」とガイド。ナポリは2000年代半ば、マフィアも絡んでの「ごみ問題」で収集が追い着かず、街中がごみであふれていたというニュースがあった。

街を少し歩いた感じでは気にならなくなっているが、ガイドに聞いたら「街中にごみのボックスが置かれています。でも1週間置きっぱなしで、あふれてもそのまま。今もごみのポイ捨てはOKなんです」と、まだ解決とまでいかないようだ。ゴミボックスがあったが、ちゃんと分別もしている。ごみ収集直後だろうか。

道路はナポリ名物の渋滞で、道順の問題もあるのか、カステル・ヌオーヴォの周りを1周した。見ていなかった裏側? の海に面した側も車窓ながら見られた。塔を支える基壇のひだがスカートのような感じに見えて印象的だ。

住宅地を上っていき、特に展望台という訳ではないが「ここからがきれいです」とガイド推しのスポットへ。青い海が眼下に広がり、遠くにヴェスビオ火山がそびえる。海に突き出た岬に築かれたナポリ最古の城、卵城も見渡せる。この景色を見たら「死んでもいい」のかもしれない。

 

1995年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。