コルドバ歴史地区(スペイン)

コルドバ~ローマ橋~花の小道~メスキータ

赤と白のストライプの柱が林立し、イスラム教とキリスト教の礼拝堂が合体している不思議でいて、荘厳な建物があるという。中世ヨーロッパで最大級の都市だったコルドバに2015年、行ってみた。

コルドバの街並み

アンダルシア地方のこの街に入るにはグアダルキビル川を渡る。車が通る橋の横に、白いりっぱな橋が見える。ローマ橋といい、元々はローマ時代にかかっていたアウグストゥス橋の橋げたを利用してつくられた歩行者専用の橋だという。そのローマ橋の向こうに大きな建物群。目指す「メスキータ」だった。

1000年前はヨーロッパ最大級の都市

アルカサルという庭園のある元王城の横を通って、メスキータの外壁に沿ってコルドバ旧市街に入っていく。ガイドによると、コルドバはローマ時代にローマの属州の首都として人々が住んでいた。キリスト教の西ゴート王国だった711年に、北アフリカからイスラム教徒が侵入。占領した土地(アル・アンダルス)の首都になった。

756年にバグダッドのアッバース朝に追われたウマイヤ朝の王族の1人、アブデラマン1世(アブド・アッラフマーン1世)がここで即位して後ウマイヤ朝を開いた。10世紀には人口50万人とも100万人ともいわれる大都市に発展した。
当時は「600のモスク、200の公衆浴場、羊皮紙の手写本を収蔵する図書館が20、学校が50あった」(ガイド)という。
その繁栄も1236年、キリスト教徒のレコンキスタ(国土回復運動)でイスラム教徒が追われて終止符を打つ。逃れたイスラム教徒はグラナダ王国に向かい、アルハンブラ宮殿建設に携わったという。
きれいな装飾をされたメスキータの外壁に沿って、旧市街に入った。

装飾されたメスキータの外壁

花の小道に見る街づくり

メスキータの北側に「ユダヤ人街」がある。コルドバは川運の中継地として発展しており、商業も盛んだった。ユダヤ人は経済を動かしていたため、イスラムの王に信頼を得ていたそうで、コミュニティーをつくっていた。宗教の違いはさして問題ではなかったらしい。

「花の小道」と呼ばれるユダヤ人街

アンダルシアは夏が猛暑になるため、建物は白壁、中庭を持っていて風通しをよくし、暑さをしのいでいたという。
迷路のような入り組んだ道の中で「「花の小道」と呼ばれる一角がある。白壁に、植木鉢がかけられていて、いつも花が咲いている。住民も鉢の色をそろえるなどして「街づくり」に協力している。

いよいよ、長方形の外壁に囲まれたメスキータに入る。北側にある「免罪の門」をくぐると、すぐに庭が広がっている。目に付くのがオレンジの実をつけた木。その通りに「オレンジの中庭」という。
このオレンジ、おいしそうなのだがそのままでは苦くて食べられないそう。葉を見ると、根元近くがくびれていて、ひょうたん型というか、小さい葉と大きい葉が連結しているような形をしているのが苦いオレンジの見分け方。取っても無駄なので見るだけにした。

メスキータ内のオレンジの中庭

イスラム建築の傑作の中へ

振り返ると、免罪の門の隣に塔が立っている。これはモスクの時代にはミナレットだったものだ。

メスキータはスペイン語で「モスク」の意味。名前はそのまま残ったが、モスクだったこともあって、イスラム建築の中でも傑作と言われるこの建物に対して、キリスト教徒はアルハンブラ宮殿のように最小限の改修にとどめることはしなかった。
メスキータの外壁にはたくさんの扉があったと思われる枠が残っているが、そのほとんどは塗りつぶされている。「モスクは扉を開けて中を明るくしていますが、キリスト教の礼拝堂は扉を閉じて中を暗くしないといけないので、扉をふさいでしまった」とガイド。

塞がれた扉が並ぶメスキータの壁

1つ残っている「栄光の門」から中に入った。すでに、メスキータの特徴である白と赤のアーチが、門を支えている。

確かに暗い。入ってすぐに、堂内に林立する柱が目に飛び込む。柱の上部は、赤と白のストライプが入ったアーチになっている。これが、イスラム建築の傑作の1つ、メスキータの円柱だ。

メスキータは最初につくられた後、3度増築されている。入ってすぐの所は一番最初、アブデラマン1世が758年に建設した部分(黄色=下図参照)。床下には、この場所に立っていたキリスト教のサン・セバスチャン教会の床が保存されている。

林立する赤と白のストライプの柱

「711年にコルドバに入って以降、しばらくイスラム教徒は教会の一部を借りて礼拝に使っていました。人口の増加などもあってモスクとして手狭になり、キリスト教徒に頼んでこの土地を買い取り、メスキータを建てました。奪い取ったものではないところが重要です」とガイド。床にガラスがはめ込まれた一角から、元の教会の床にあったモザイクを見られる。

床下にある教会の跡

その後、アブデラマン2世が848年に増築(オレンジ色)。現在の中央部分になっている。961年にはアルハケム2世がさらに奥へと拡張した(濃オレンジ色)。


987年にはアルマンゾールによってそれまでのメスキータの東側全部に新たに増築を行い(赤色)、今のような正方形に近い形になっている。


天井を支えるために、柱のアーチは赤いレンガと白い石灰岩をくさび状にして交互に合わせて作られていた。しかし、最後の増築の際には「材料は白い石灰岩だけで、赤いストライプは色を塗ってコストを下げたようです」とガイドのいうように、造作が少し雑になって、アーチの赤色がはげてきている部分もある。

一番奥、南東側の壁面にはメッカの方角を示すミヒラーヴがつくられている。壁にくぼみを作っているのだが、その周りの装飾は金色や青色を使った精緻な模様が描かれている。
「砂漠の民だったので水の青や木の緑はあこがれの色だったと言われています」(ガイド)と、とっておきの装飾にした。最終的には2万5000人収容の大モスクになった。

モスクだったことがわかるミヒラーヴ

1236年、キリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)により、コルドバはイスラム教徒の手から離れる。メスキータを見たキリスト教徒はその建築の見事さに、まったく手をつけずに、全体の建築はそのままで大聖堂として使用していた。

取り壊し命令を匠の技が救った

16世紀に入って、ハプスブルグ家の司教が赴任。モスクをそのまま利用している市民に対して、取り壊して大聖堂を建設するように命令した。
市民は猛反対したが、司教はレコンキスタを完成させたイサベル、フェルナンドのカトリック両王の孫、カルロス1世の承諾を得てしまった。この司教には他宗教の価値を認める精神がなかったようだ。もっとも、このころはキリスト教の宣教師らは世界各地で異なる宗教や信仰を排除していた。
大聖堂建設を任されたエルナン・ルイス親子は「守るべき芸術」として、メスキータを最大限取り壊さずに残し、司教を満足させるため、中央部分のみ改築して大聖堂にした。「反抗」した建築家には価値がわかったらしい。

1016本あった柱は最終的に864本に減ったが、そのおかげでメスキータ本来の姿を多くとどめた。モスクと大聖堂が合体した、世界でも唯一といっていい建造物が誕生した。


メスキータの中央部分には、キリスト教の聖堂にある中央礼拝堂、翼廊、中央内陣が配置され、屋根には天蓋(ドーム)が作られた。残されたミヒラーヴの横にも小さな礼拝堂がつくられている。

大聖堂天蓋の装飾

スペイン王の後悔

改築後、初めてメスキータを見たカルロス1世は「私は大変なことした。いくらでもつくれるもののために、世界にたった1つしかない貴重なものを壊してしまった」と、後悔したという。
ただ、大聖堂もかなりの芸術性がある建築であることは確か。暗くなった以外はメスキータ本来の雰囲気を損なわずにつくられているので、初めて見た人は違和感なく受け入れられ、そうした「歴史」に気づかないかもしれない。

イスラム教、キリスト教が戦いの中にあっても、キリスト教の高位にあるはずのここに来た司教以外は、お互いの宗教、文化、芸術を認め合ったおかげで、いまも人々を魅了する建物が生き残った。
トルコでは逆にキリスト教の大聖堂をそのままモスクに転用したアヤソフィアがあり、キリスト教の宗教画も破壊せず漆喰で塗り込めただけで残した。
宗教が違っても人間としての価値観は同じだった人が多かったのだろう。当時のイスラム教徒、キリスト教徒が、現代の所業を知ったらどう思うのだろうか。

1984年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。