昌徳宮(韓国)

ソウル~昌徳宮敦化門~後苑(秘苑)~昌徳宮宮殿内

ソウル市内に李氏朝鮮王朝時代の宮殿「古宮」が5つある。そのうちの1つで、韓国の時代劇の舞台になることが多く、古宮の中でも保存状態がよく、当時の姿を残しているのが「昌徳宮(チャンドックン)」。2015年、行ってみた。
韓国はインターネットの普及が進んでいるので、こうした宮殿もネット予約、日本語ガイドツアーの時間に合わせるのをお勧めする。
特に庭園「後苑(秘苑=ピウォン)」は時間観覧制なので日本語ガイドツアーの時間を予約した。

ネット予約で韓流ドラマの舞台へ

日本語ガイドブック(500ウォン)を手に「敦化門」という正門の前に立った。大きい。1412年に建てられた「楼閣型木造門」。1592年の壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮出兵)で焼失したが1609年に再建され、いまに残っている韓国最古の門だという。

門をくぐって右手、錦川橋を渡って宮殿の建物を横目にまっすぐ急ぎ足で進み、予約した秘苑に行った。秘苑の方が通りがいいのは、かつては一般人が入れない「禁苑」だったからだという。
まず「芙蓉池」。秘苑の中心的な場所。池のほとりに「芙蓉亭」「暎花堂」という東屋が立ち、池を挟んで向かい側の斜面に「魚水門」があり「宙合楼」が建っている。
「この池のほとりではチャングムというドラマのロケがありました。宙合楼はドラマになったイサン(第22代正祖)が建てました」とガイド。韓流ドラマを引き合いに出した方がが日本人にもわかりやすいということだろうか。


「天地宇宙に通じる家」という意味の宙合楼は王室の図書館だった。15世紀初めに第3代太宗が秘苑も含めて昌徳宮を創建し、壬辰倭乱で大半が焼失後、17世紀初めに第15代光海君が再建を開始した。
20世紀に入って日本統治時代に、伊藤博文が宙合楼を宴会場にするなど多くの建物が損傷を受けたり、用途を変えられたりしているという。

後苑宙合楼

芙蓉池を出て、王室の書斎だったという「倚斗閤」という建物を通り過ぎると、石門の「不老門」がある。王の長寿を願って建てられたといい、門をくぐると長生きするというので、一応くぐっておいた。

後苑不老門

「愛蓮池」という、芙蓉池よりは小ぶりの池がある。「トンイというドラマに出てくる第19代粛宗がつくりました。以前は島があったそうです」という。粛宗は蓮の花が好きだったので、池の名前になったという。小さな建物は「愛蓮亭」という。

後苑愛蓮亭

アップダウンの多い庭園

さらに進む。また池が見えてくる。「観覧池」を囲むようにして4つの東屋が建っている。最初に出合う「観覧亭」はよく見ると全体が扇形をしている。


次に見える「尊徳亭」は面白い建物だ。六角形の建物で屋根が二重になっている。「砭愚榭」「勝在亭」と、建築様式の違う建物で、気分や用途によって居場所を変えたのだろうか。


一番奥にあるのが「玉流川一帯」。この庭園全体は自然の地形を利用した上で池や建物を配しているので、けっこうアップダウンがあり体力も必要だ。
王様は輿にでも乗るのだろうが、せっかく少しずつ登ってきたのにかなり谷を下る。帰りが大変そうだ。玉流川一体には名前のとおり川が流され、滝もつくられている。
1636年に第16代仁祖が「逍遥巖」という地面に出ている岩盤を削って曲線の溝を造り、盃を浮かべて流しながら詩をつくる「曲水宴」を始めたという。

逍遥巖

「盃が流れてくる間に詩を作れないと3杯飲まされました」とイッキの罰もあったらしい。岩に刻まれた玉流川の文字は仁祖、詩は粛宗のもの。川のほとりには5つの東屋が建つ。
「清漪亭」は六角形の屋根が藁葺きで浅い池の中に建っていた。「建物の周りは水田になっています」という。田植えはまだだった。

清漪亭

思ったとおり、帰りの上りはけっこうきつい。そしてまた下る。もったいない。「秘苑」の最後に行ったのが「演慶堂」。貴族(両班)の屋敷をモデルにして作ったそうで、門が2つあって男性用と女性用。


屋敷も男女の居住空間が別になっている。1865年頃に建てられ。秘苑内の建物は小さな東屋でも彩色されていたが、ここは貴族の建物を模しているので彩色されていない。当時、彩色できるのは宮殿関係の建物と寺だけだったという。


秘苑だけでも2時間近くかかった。相当広い昌徳宮の中でも、半分ぐらいをこの庭園が占める。日本語ガイドツアーが解散したのは、敦化門のところだった。
元に戻ったので、あらためて今度は昌徳宮を見て歩く。

迷路のような宮殿内

敦化門を入ったところ、ちょうど解散したのが「閣内(内閣?)」という額のある建物の前。ここが政治の中心と思ったが勘違いで「閣内各司」といって、王室を補佐する部門が入っている。


禁川にかかる錦川橋を再び渡ると、宮殿内に入ったことになる。さっと渡ってしまったが、あとから調べたらこの石橋は1411年にかけられた韓国で最も古い石橋なのだという。
前には「進善門」。左手に「玉堂」とあったので入ってみた。このあたりも閣内各司の一帯で「薬房」と名前が付いた内医院など、あまり大きくない建物が並び、迷路のようになっている。

ガイドブックにはそんなに詳細な地図はなかったので、当たりをつけて出たところが進善門の横だった。くぐると左手に「仁政門」が見える。

李氏朝鮮王朝の中心地へ

このあたりが、李氏朝鮮王朝の政治の中心地。門を入ると、また広い広場。テレビドラマでよく出てくるような場所だ。白い石畳に道が付いており、門から基壇の上に建つ2階建ての巨大な「仁政殿」にまっすぐ伸びている。


道の両側には小さな石版が並んでいた。「従五品」「正三品」など、仁政殿に近くなるにしたがって数字が減る。
かつての日本の朝廷にもあった「正一位」とか「従三位」とかいう位と同じく、序列が示され、立つ位置が決まっていた。一応、遠慮して「従三品」で写真を撮った。


ここでは重要な国事を行っていた。1405年に昌徳宮創建時に同時に建てられたが、1592年の壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮出兵)で焼失。第15代光海君によって1610年再建、1803年にまた焼失したが翌年再建された。
石段を上がると内部を見られる。彩色された天井は高く、赤い柱が支えている。中央の御座(王の座)がある。もっときらびやかと思ったが、そうでもなかった。柱などについている電灯は、現代風のものだった。

仁政殿内の玉座

昌徳宮について簡単に。1405年に第3代太宗が宮殿「景福宮」の離宮として建てた。だが、王たちは主に昌徳宮に住み、政務を行ったという。
壬辰倭乱で焼失後、景福宮は土地が不吉だとして再建されず、昌徳宮が再建されて1610年完成。景福宮が再建されるまで250年以上も王宮として使われてきた。
日本統治時代に内殿の一部が火事に遭い、景福宮から建物を移築するなどオリジナル性が乏しくなって、第2次大戦後は荒れたままだったが、1991年から復元が進められた。

焼失、再建を繰り返した宮殿

仁政門をでて「粛章門」を通ると今度は「宣政殿」の一帯に出る。王の公式の執務室で、臣下との各種会議が開かれたところだという。壬辰倭乱の時と、第16代仁祖が昌徳宮を再建した光海君をクーデターで追い出した仁祖反正の時に焼失したが、1647年に再建。「宣政門」をくぐると、屋根がついた廊下が続いていて「宣政殿」につながっている。

ここも内部を見学できる。仁政殿を小ぶりにしたような雰囲気の内部の造りで、緑や赤茶を主体に彩色された天井や壁、置いてある御座は低めだった。よりくつろいだ雰囲気だったのだろうか。

宣政殿の玉座

一応、ガイドブックを頼りに歩いたが、各所には案内板が立っている。ただし、ハングルと英語表記なのでご注意を。一般観覧でも日本語のガイドツアーがあるというので、秘苑観覧との時間を調整して申し込めばいいかもしれない。
さて、政治に重要な2つの場所を過ぎると、王室の生活の場になる。まず、王の寝殿兼執務室だった「煕政堂」。1917年に焼失し、景福宮から建物を移築して造ったので、昔とは違うそうだ。そういえば、それまでの建物とは正面からして雰囲気が違う感じだ。

煕政堂

煕政堂を抜けると、王妃の寝殿の「大造殿」一帯になる。メーンの大造殿を囲んでたくさんの建物が密集している。こちらも焼失後に景福宮の建物を移築した。
建物の形は違うが元々の宮廷様式で構成されている。王の寝殿より大きいのはそうした移築のせいなのか、元々そうなっていたのかはわからなかった。


戻って煕政堂を出ると、秘苑の入口だった。秘苑への道の周囲に皇太子の居所「誠正閣(東宮)」の建物群がある。

東宮一帯

各建物群にはたくさんの付属の建物があり、名前がついているものも多いが、外観や色づかいが似ていて分かりづらい。建物をつなぐ道には門があり、やはり迷路のようになっている。
往時はもっとたくさん建っていたらしい。すべての建物、道順を覚えたのだろうか。宮仕えはいつの時代も大変そうだ。

1997年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。