• HOME
  • ブログ
  • 日本
  • 明治日本の産業革命遺産群(日本) 橋野鉄鉱山・韮山反射炉(釜石・韮山エリア)

明治日本の産業革命遺産群(日本) 橋野鉄鉱山・韮山反射炉(釜石・韮山エリア)

盛岡~釜石道~橋野高炉跡、東京~伊豆市~韮山反射炉

明治時代の産業革命遺産群の中で「鉄」に関わるものが多い。当時(今もそうだが)、鉄を持つこと、しかも大量に生産することが、欧米列強に対抗する大きな手段だったのだろう。

岩手県釜石市は言わずと知れた「鉄の街」。「ラグビーの街」でもあるが、それは釜石に製鉄業があったからこそ生まれた。

釜石市内に、明治時代の産業革命を成し遂げるために重要だった遺跡がある。世界遺産登録直後の2015年、行ってみた。

今に残る日本最古の高炉

盛岡駅でレンタカーを借り、東北自動車道花巻JCTから釜石道に入り、遠野ICで下りて、釜石市の西側の山中にある「橋野鉄鉱山」へ。2時間ほどかかった。

駐車場から橋野鉄鉱山インフォメーションセンターに立ち寄る。ガイドツアーもあるが予約が必要だった。10分ちょっとのビデオを見てから、詳しく案内されたパンフレットをもらって出た。

世界遺産には「橋野鉄鉱山採掘場跡」「運搬路跡」「橋野高炉場跡」と大きく3つのエリアが登録されている。採掘場跡、運搬路跡は通常は入れないので、見られるのは「橋野高炉跡」。同センターから歩いて川を渡ると広場のようなところに出る。説明板が立っているのでわかりやすいが、大門、長屋など書いてある遺構はほとんど残っていない。広場は緩やかな斜面になっており、真ん中にある水路に沿って登っていく。

奥まで行って折り返し、下りながら見ていくことにした。「一番高炉」が一番奥にある。1860年ごろに造られたものだという。

一番高炉跡

すぐ下には「二番高炉」の跡がある。こちらも同時期に造られた。ともに、石組みが残っているだけで、どんな「高炉」だったのか、判然としない。

二番高炉跡

高炉完成までの話をビデオやパンフレットから簡単に。幕末、長崎で学び、水戸藩の反射炉づくり、大砲づくりにかかわった盛岡藩士、大島高任が大砲をつくるには良質な「銑鉄(せんてつ)」が必要と考え、盛岡藩大橋に独自に設計して鉄鉱石を製錬して銑鉄をつくる高炉を建設、製造に成功した。

これを基に1858年、橋野に洋式の仮高炉をつくり、当時国内有数だった橋野鉄鉱山の鉄鉱石を運び込み、良質の銑鉄をつくりだした。そこで一、二番高炉を造り、水戸藩への供給のため本格的な操業を開始した。

現存する最古の高炉だという。石組みしかないのでどんな構造か分からないが、インフォメーションセンターに説明板があった。

詳細は他に譲るが、鉄鉱石から不純物をある程度取り除き、粉砕して高炉にいれ、薪や木炭などの燃料をフイゴで高温にして砕いた鉄鉱石を溶かして取り出したものを銑鉄と呼ぶ。

貨幣密造発覚で廃炉へ

ところが、せっかく操業に入ったころ、江戸幕府大老井伊直弼の「安政の大獄」(1858~59年)によって水戸藩主徳川斉昭が謹慎となり、反射炉も閉鎖された。

水戸への銑鉄供給ができなくなり、1859年に高炉は南部藩所有となる。このころ、最初にできた仮高炉を改修して「三番高炉」として稼働した。

三番高炉

高炉跡としては、三番高炉の修復具合が一番よさそうだ。5.4㍍四方に石段を積み、四隅に縦長の花崗岩を立てている。元々は高さ7㍍ほどの高炉だったという。

明治に入って民間経営になり、貨幣を造る銭座も設けられた。約1000人が働き、年間約930㌧の銑鉄を造る最盛期を迎えた。広場には従業員への賃金を支払った「御日払所」の跡がある。

御日払所跡

また危険もつきものだったようで「山神碑」や、牛馬を運搬に使ったためだろか「牛馬観世音碑」なども立っている。

1869年(明治2年)に明治新政府による鋳銭禁止令がでたが、橋野では鋳造を続けた。いわば「密造」なのだが、1871年に発覚し、銭座が廃止され、一、二番高炉は廃炉となった。1894年に残っていた三番高炉も操業を止め、橋野鉱山での鉄鉱石の採掘のみが残ったという。

それでも、産業革命黎明期に日本人の手でつくられた功績は大きい。釜石がその後も鉄の町として栄え、ラグビー「北の鉄人」を生み出す基になったともいえるだろう。

ナポレオンが広めた反射炉とは

幕末、ペリー来航から欧米列強への脅威にさらされた日本では、対抗するための武器、大砲などの国内生産することが急務になっていた。

その大砲など鋳造するために、溶解炉が必要だったことから、伊豆・韮山に「反射炉」がつくられた。東京からのバスツアーで2016年、行ってみた。

伊豆半島を南下する途中にあるので、何度か目の前を通って、そびえている反射炉を車窓から見たことは何度かあったが、実際に間近で見るのは初めてだった。

見上げると結構大きい。格子のようになっているのは耐震のためにあとでつけられた。

徳川幕府の命で建造を始めたのは、蘭学を学んでいた代官の江川太郎左衛門英龍。ペリーが伊豆・下田に来た翌1854年から建設が始まった。

1855年に江川英龍は完成を見ずに病気で亡くなったが、息子の英敏が引き継ぎ、1857年に完成した。同じころに、反射炉に入れる銑鉄をつくる橋野高炉もできている。

反射炉と江川英龍の像

「反射炉を世界でだれが最初につくったかは定かではありませんが、ナポレオンが利用して大砲をたくさん作ったことで広まった」とボランティア解説員。

反射炉の詳細は他に譲るが、簡単にいうと、焚口に入れた石炭や木材などの燃料で発生させた熱を、炉内の天井や壁に反射させて高温を生み出し、その熱を鋳口に入れた銑鉄に集中して溶かし、流れ出た純度の高い鉄を鋳型に入れて大砲などをつくる。

鋳口(左)と焚口

「銑鉄から取り出すのは1600度にしないといけないのですが、石炭や薪では温度が上がらなかった。オランダの本にコークスとあったので、石炭からコークスを造り、フイゴで空気を送った。煙突の高さも関係していて、15.7㍍が絶妙の高さだった」と、成功の理由を解説員は説明した。

橋野高炉→韮山反射炉で大砲量産

溶解炉を2つ備える連双式2基が直角に並び、4つの溶解炉で同時に鉄を作ることで、大型の大砲もつくれた。年表を見ると「18ポンドカノン(キャノン)砲」が主で、何基もつくられている。18ポンド(約8キロ)の砲弾を発射できる。一回りサイズが大きい24ポンドカノン砲の複製が置いてあった。

「銑鉄は橋野鉄鉱山から持ってきました。1つの炉で0.9㌧、4つで3.6㌧を1度につくれた。大砲1基に3.5㌧が必要だったといいます」と解説員。いったん火を入れたら、1基の大砲を造れる鉄を取り出せたようだ。

1864年に幕府直営としての役割を終え、江川家の私有となり、その後明治政府が保存に乗り出し、現在まで残った。

「土台には築城技術を使い、耐火煉瓦は英龍が探した地元の土で作り、杭を896本打ちこんで積み上げ、伊豆石で外側を巻いた。職人たちが知恵を絞ってつくったことで、産業革命の基礎技術がたくさん生まれた」と説明した。

橋野鉄鉱山、韮山反射炉が連動して国を守る大砲をつくり、その過程で培った技術で近代日本の黎明期を支えた。

パンを日本で初めて焼いた江川英龍

ちなみに江川英龍は、農民で構成した軍のために、1842年に日本で初めてパンを焼いたそうだ。「硬くて水にふやかして食べたそうです」(解説員)というから、乾パンのようなものだったのだろうか。

パンを焼いた日、4月12日は「パンの記念日」、毎月12日が「パンの日」になっている。

2015年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。