ミケーネとティリンスの古代遺跡(ギリシャ) ミケーネ

アテネ~コリントス運河~ミケーネ

アテネの国立考古学博物館の一角に、黄金のマスクなどの黄金製品が飾られた部屋がある。伝説ではなく3000年以上前に実際に存在した黄金の都に2019年、行ってみた。

アテネから3泊4日のバスツアー「クラシカル・ツアー」に参加した。アテネがあるギリシャ本土と、古代遺跡が多いペロポネソス半島は細い陸地でつながっている。そこを貫くコリントス運河は以前紹介した。運河を横切って半島に入り、エピダウロスの古代遺跡を見てからミケーネ(Mikines、ミュケナイ)の遺跡に入った。

 

2頭の雌ライオンが見張る門

英語ツアーだったので、入口の売店で日本語のガイドブックも買い、上り始めると、丘の上に石積みがみえてくる。ミケーネの街を囲んでいる城壁。相当頑丈そうだ。

ミケーネの入口は「獅子の門(Lion Gate、ライオンの門)」と呼ばれている。門の上部にはめ込まれた三角形の石に、向かい合った2頭の雌ライオンの彫刻がされている。残念ながら顔はなくなっている。

門は大きく4つの巨石からなっている。2本柱とその上に載せた横石、三角形の石で造られ、周りは長方形の石を積み上げて支えている。3000年前にこの巨石、どう組み上げたのだろうか。

柱にはくぼみが空いており「ここに木の棒などを通して鍵にしていた」とガイド。閂(かんぬき)で閉じていたのだろう。

門を幅は3㍍ほど。かなり頑丈なつくりで、これをくぐると王宮の城壁の中に入る。

 

トロイ発見のシュリーマンがまた見つけた

ミケーネは、紀元前1600年~1200年ごろに栄えた。伝説、神話を要約すると、ゼウスとダナエの息子ペルセウスがミケーネを、弟のプリセスが近くにティリンスを造った。ミケーネにある強固な城壁は、1つ目の巨神キクロペスが積み上げた。

2代後、ヘラクレスに12の偉業を成し遂げさせたエヴリウスが、ミケーネとティリンスを手中にし、その後、アトレウス家が権力を握った。

アトレウスの息子が、トロイ戦争で勝利したギリシャ側総大将のアガメムノン(Agamemnon)。ホメロス叙事詩「イリアス」に描かれている。

アガメムノンは凱旋後に妻と愛人に殺され、息子のオレスティスがその敵を討つ悲劇も起きている。アガメムノンの時代が紀元前1200年ぐらいで、その後すぐに衰退して忘れられていき、神話、伝説だけが残った。

再び世に出したのが、トロイ遺跡を伝説ではなく史実と信じて発掘、発見したハインリヒ・シュリーマン(Heinrich Schliemann)。1874年に発掘を始め、1876年に王墓を発見するなど、数々の黄金製の遺物も発掘した。「トロイがあったのだから、ミケーネもある」と思うのは自然の流れか。

円形墳墓A

 

黄金のマスクが見つかった場所

獅子の門の右に城壁に接した建物の遺構がある。「穀物倉」と言われている。門番の宿泊所だったといわれるが「地下で貯蔵用の壺が発見されて、中に穀物の後があった」(ガイド)ことから、穀物の貯蔵庫の役割も果たしていたたようだ。

その隣に広がるのが「円形墓域A」。ここがミケーネを大発見にした場所でもある。

直径約28㍍の円形に石が積まれ、外側は2重に石板を立てて囲っている。シュリーマンはこの中で竪穴式の墓6基を発見した。全部で19体の遺骨(男性8体、女性9体、子供2体)が発見された。黄金の衣装をまとい、うち5体には黄金のマスクが被せられていた。

 

アテネ考古学博物館ミケーネの部屋

金銀銅や象牙の宝飾品、冠や帯、刀剣など数々の副葬品も発見され、黄金製だけでも14㌔にもなったという。

これらの副葬品は、アテネにある国立考古学博物館に収められ「ミケーネの間」で見ることができる。ツアーに行く前に見てきたが、帰ってきてからでも楽しめるので、ぜひ見に行くことをお勧めする。

もっとも「出来の良い」? マスクは「アガメムノンのマスク」とも呼ばれているが、実際にはガイドブックによると「王族であることぐらいしかわかっていない」そうだ。

廃墟になった宮殿、神殿、建物群

ここから、坂道を上がっていく。円形墓域Aの横には建物群の遺構。「戦士の壺の館」「傾斜路の館」「土偶の館」などと、発掘物や形からネーミングされている。土台しか残っていない。

戦士の壺の館(右)

丘の頂上が、かつての「宮殿」の跡。けっこう広い敷地があるが、大きな石が無数に転がっているだけで、廃墟になっている。

宮殿跡

素人には土台の石の並びや、その他の石との区別などが分からないので、雑然と石があるようにしか見えないのだが、玉座の部屋や、主室、寝室などが特定されているという。

隣接して「神殿」もあったようだ。そこもただ石が残っているだけだが。

そこから下りながら、奥に進む。このあたりも、建物の跡が続く。土台の石が残っていたり、石積みが少し残っていたり。説明板を見ると「BUILDING GAMMA」「DELTA」など、ギリシャの数字がついている。

「列柱の家」という建物跡。王族の屋敷跡だという。下水設備もあったそうで、高度な技術が3000年以上前にあったようだ。でも、やはりどう見たらいいのか、分からなかった。

獅子の門から一番奥にあるのが「貯水池」。今のミケーネは乾燥した感じなのだが、3000年前はどうだったのだろうか。丘の上なので、水の確保には苦労したのだろう。裏門に当たる「出陣の門」もある。

そこから、獅子の門に戻る。城壁内をぐるっと回れるように道もできている。途中、少し簡素な造りの「北門」があった。地図を見ると、防御のためか、門は少なかった。

建物の復元などはされておらず、石ばかりで荒涼とはしているが、伝説からよみがえった都の風情は感じる。獅子の門から外に出た。

城壁の少し外側、駐車場の近くでは「円形墓域B」も発掘されており、ここには24基の竪穴墓が見つかっている。黄金製の副葬品なども埋葬されていたという。

蜂の巣のような石積みの巨大墓

少し離れたところにある「アトレウスの宝庫(Treasury of Atreus)」という墓の遺跡に立ち寄った。「アガメムノンの墓」とも呼ばれ、ミケーネでは最大級の大きさを誇る。

アガメムノンの墓が2つ出てきてどっちか分からないが、副葬品が満載だっただろうと思われるので宝庫という言い方をしているのだろう。

アトレウス宝庫

入口に向かう通路の両側、墓の正面のファサードは高さ約11㍍、長方形の石が整然と積み上げられている。ファサードには三角形の岩がはめ込まれていたであろう、空洞がある。「獅子の門と同じような彫刻などがあったといわれます」とガイド。

中に入る。天井はドーム状になっていて、てっぺんに行くまで石の大きさを変えながら丁寧に積み上げている。

「トロス墓」という様式だそうで、蜂の巣のような形から名付けられた。ミケーネで9基発見されている。

紀元前1400~1300年に造られたという。どうやって積んだのか、3000年以上前の石積み技術も見事なものだ。

 

1999年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。