ビンベットカの岩陰遺跡群(インド)

ボパール~ビンベットカ

インドの中央部に、先史時代の岩絵が多数残っている遺跡がある。2016年、行ってみた。

インド中部の大都市ボパール(Bhopal、ボーパール)という街から車でサーンチーという仏教遺跡を見た後、ビンベットカ(Bhimbetka、ビームベートカー)に向かった。途中、インドの「ど真ん中」という碑を見ながら、高原を走る。ボパールから直接車で来ると1時間ぐらいだという。

樹木もまばらな丘を上がっていくと、大きな岩が点在しているのが見えてくる。入口、というか、門のようなものなく、警備員が車を止めてガイドと何やら話してから駐車場に入った。何かの許可をもらったのだろうか。

 

ロック・シェルターに描かれた絵

遺跡群に入る。まず、大きな岩がある。その下に、たぶん天然の岩窟。人間の像、家族の像があり、当時の人の様子を再現している。

トンネルのようなところ入ると、岩壁に向かって絵を描く人の像。遺跡群が始まる。

その岩肌のすべすべしているところに、手と動物、人間のようなものの岩絵がさっそく描かれている。

こうした絵が描かれた岩窟は「ロック・シェルター(Rock Shelter)」と呼ばれていて、地面にシェルター番号が書かれて表示されている。

「Zoo Rock(Rock Shelter4)」と書かれた岩に来た。動物園というだけあって、動物の岩絵が多数残っている。

槍をもって動物を追い立てているのは狩りなのだろうか。ここには動物が252、人が90描かれているという。「槍を持っている人は5000年前、その下の赤い絵は2000年前ぐらい」とガイドは言う。

下の赤い絵というのは動物を追い立てているような岩絵。飼育している場面にみえる。狩猟ではなく、牧畜に移行してきた時代ということだろうか。

 

赤、白、黄…色とりどりの岩絵

赤い砂岩の大きな岩が浸食されて自然にできた岩窟の壁や天井などに、ここに住み着いた人たちが絵が描いた。今は雨がそんなに降りそうもないような土地なのだが、雨や風を避けるようなところ「岩陰」に描かれている。

遺跡群の総面積は18.93平方キロと広大で、7つの地域に分かれていて、700以上のロック・シェルターが見つかっている。

ガイドによると、古いものでは3万年前、旧石器時代から描かれ始め、300年前ぐらいまでの長い期間、ここに住んでいた人たちによって延々と書き加えられてきたのだという。

白、赤、黄色など多彩な色をだす顔料は「このあたりで取れる自然のものからとっている」(ガイド)というが、よく残っているものだ。

最も多くのロック・シェルターがあるのがビンベットカで、243のロック・シェルターが見つかっている。その中の一部が公開されている。

ロックシェルター8

「Rock Shelter8」は、大きな岩の上の方に空いた岩窟の天井に、赤でたくさんの岩絵があった。ズームしてみると、武器をもって馬に乗る人たちだった。「アショカ王の時代(2300年前)のものとされます」(ガイド)という。

「Rock Shelter10」の岩には、黄色と白の顔料で描いてある。「果物と馬の絵です」とガイド。果物は色からいって柑橘類か。

白い象の絵も。確かにインドには象がいる。ガイドによると「ここには1万年前から300年前ぐらいの絵が残っています」と、相当長い期間にわたって、ここの岩窟は「キャンバス」になっていた。。

シェルター番号通りの順路は気にしないで、近そうなところから行く。「Rock Shelter15」は「コブラ岩」とも呼ばれているそうだ。確かに。

「大きな動物が描かれています」という。コブラののどの当たりに赤い絵。牛と思ったが、よく見ると牛の前に小さな人がいて、追われて逃げている感じだ。比率が確かなら相当大きな牛だ。

 

記録として残す意味があったのか

岩絵はくっきりと残ってはいるのだが、白い絵の場合や、岩の汚れなどもあって最初は見つけにくかった。だんだんとコツを覚えてくると、すぐに見つかるようになる。「Rock Shelter12」には、鹿や猿、牛などにぎやかだ

同じ赤系の色でも、くすんでいるのとくっきりしているのがある。「時代が違います。同じ場所に、違う人たちが重ねていったのでしょう」とガイド。ここまで見てきた絵の感じからいうと、より写実的になっている方が新しい時代らしい。技術の進歩だろう。

「Rock Shelter11」は、白い岩絵。意味が分からないが線がたくさん描かれていたり、馬に乗った人も見られる。

「戦争の場面が描かれています」とガイドが示した。武器らしいものを持った人がたくさんいる。絵はその時の生活やその手法の継承、出来事の記録的な意味もあったと思える。

「シェルターは15までが公開されています」とガイド。15まで入ったので、戻りながら見て行く。「Rock Shelter9」には「木と鳥」が描かれていた。

「Rock Shelter7」には、馬の乗った人が躍動感たっぷりに描かれている。

「Rock Shelter6」はこれまでとは違ったシーンが。「みんなで踊っているところです」とガイドが言うように、手をつないで踊っているように見える。

そろそろ元の入口(出口)が近くなってきた。また、トンネルを抜けて、当時の家族の像のシェルターにでる。気づかなかったが「Rock Shelter2」とあった。

このビンベットカの岩絵は、インド人によって1957年に最初に発見された。「人骨がたくさん出て来たそうです。1000人ぐらいの集落があったとされます」とガイド。今は荒涼としている感じだが、岩絵を見る限り、豊かな土地だったことが分かる。

広大な土地にまだ岩絵が発見されていないシェルターがたくさんあるという。「新しいのを見つけてはどうですか」とガイド。その気になって、ナンバーが打たれていないシェルターをいくつかのぞいてみた。

2003年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。