古都奈良の文化財(日本) 春日大社

奈良駅~春日大社表参道~春日大社

奈良公園といえば、鹿。鹿せんべいを持っていなくても寄ってくる。持っていたら、大勢に囲まれて大変だ。なぜ鹿があんなにいるのだろう。その理由はこの神社にある。2016年、行ってみた。

20年に一度「式年造替」のさなか

近くに仕事で来ていた時に、20年に一度行われる「式年造替(しきねんぞうたい)」が行われており、「御仮殿特別参拝」ができることをネットで知った。もう生きて見られないと思い、雨だったが立ち寄ることにした。
式年造替は既に始まっており、2016年11月に終了している。伊勢神宮では「式年遷宮」が行われるが、社殿(本殿)を新たに移し替えるのが「遷宮」、社殿の場所はそのままでいったん別の場所に移ってもらい(遷座)、改装、改修してきれいにしてから元の社殿に戻ってもらうのを「造替」というそうだ。
JR奈良駅に降りたときは、3月の冷たい雨が降っていた。バスに乗って奈良公園内にある春日大社表参道で下車、傘をさして森の中を「御本殿」まで足早に歩いた。「南門」をくぐって、御本殿に入る。


入ると正面にあるのが「幣殿」。パンフレットによると、859年創建で、通常は参拝所として使われているという。

幣殿

幣殿の右に「特別参拝」の受付があったので、そこにまず行った。雨だったこともあるのか、並んでもおらず、特別参拝料500円を払って中に入る。
右手に「伊栗神社」(安産の神)、「穴栗神社」(幸運の神)、「辛榊(からさかき)神社」(交渉をまとめる神)、「青榊神社」(争いを解決に導く神)の4つの社を見ながら階段を上る。

辛榊神社【右)と青榊神社

階段から見上げると、朱色の立派な建物。式年造替で真新しくなった「中門」。この門の向こうに御本殿がある。ちょうど梅がきれいに咲いていた。

階段を上ると、「手力雄(たちからお)・飛来天神社遥拝所」がある。すだれがかかっていてよく見えない。ちなみに、手力雄神社は「勇気と力の神」というのは分かるが、飛来天神社は「空の旅の安全を守る」とあった。奈良時代に空を飛べた? 神だから飛べるか? と思いながら手を合わせてきた。

手力雄・飛来天神社

パンフレットの地図によると、壁伝いに少し離れところに「影向門」があって、いったん外に出ると山藤の名所と「御蓋山(みかさやま)浮雲峰遥拝所」という禁足場所に出られるのだが、雨で視界が悪いのと藤の季節ではなかったので行かなかった。重要な場所だったのを後で知る。
中門の壁伝いに右から左に歩いていく。軒先? には燈籠(とうろう)がぶら下がっている。直江兼続や宇喜多秀家ら戦国武将、徳川綱吉といった人の名前を見つけた。

神は鹿に乗ってやってきた

春日大社は、今から約1300年前、奈良に都(平城京)ができたころに創建された。神話の「国譲り」を成就させた神、武甕槌命(たけみかづちのみこと)を鹿島神宮(茨城県)から迎え、降り立ったのがさきほどの御蓋山山頂だったという。
この神が乗ってきたのが神鹿。鹿は神の使いなので、奈良公園では手厚く保護されている。
768年に称徳天皇の勅命でこの地に4つの社をたて、第一殿に「武甕槌命」、第二殿に香取神宮(千葉県)から「経津主命(ふつぬしのみこと)」、第三殿に枚岡神社(大阪府)から「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」、第四殿にその后神の「比売」(ひめ)神」を招いて鎮座した。それぞれの神については他に譲る。
日本各地の偉大な神様を集めた強力な力で、世界の平和、日本の繁栄、国民の安寧を守っている。
中門を過ぎていくと「一位橋」という説明板。そこが開いていて、造替中の御本殿、4つの社が見えた。「春日造」という建築方法で、朱色が雨の中でも鮮やかだ。

一位橋から本殿

中門を過ぎたあたりで、後ろの庭を振り返って見よう。「林檎の庭」という、神楽などを奉納する庭があり、その角に大きな杉が立っている。鎌倉時代の「春日権現日記」に幼木で描かれているというから樹齢800年は超えている。

渡り廊下を通って「移殿(うつしどの)」に行った。859年創建で「仮御殿」ともいう。本殿の4柱の神が、20年に1度の造替中はここに鎮座している。

移殿

普段は御本殿がある内院は、皇族や神職以外は入れない。神がこの移殿に遷座した後、神がいなくなった御本殿を特別公開したというが、移殿に鎮座している時が最も4柱の神に近づけるということにもなるのだろう。中は撮影禁止。手を合わせてきた。
移殿の裏手に出て、奥に進むと「多賀神社」(延命長寿の神)の社を経て「藤浪之屋」という看板があった。特別拝観で扉が開いていたので入って見た。中は真っ暗で、明かりを入れた燈籠が無数に下げられている。幻想的な雰囲気だ。

藤浪之屋の内部

春日大社には、さまざまな人から奉納された燈籠が約3000基あるという。中門の周りで見てきたように、いたるところにぶら下がっている。
仮御殿裏の「清浄門」から御本殿の外に出た。いったん南門まで戻って「若宮15社めぐり」へ。「若宮神社」を1番目として、15の社を巡る。

若宮神社

「知恵を授ける」「子孫繁栄」「金運」「衣食住」…15の社では、人生で起こるさまざまことを守ってくれる神が祀られている。時間がある人は全部、ない人は自分に関係ありそうな社だけでも手を合わせてくるのもいいだろう。

若宮社御利益図

春日大社の背後には、立ち入れない神域の「春日山原始林」があり、世界遺産に登録されている。帰りは表参道をバス停まで戻った。周りには春日大社に関連した建物が並んでいたので、寄り道しながら歩いた。

酒殿

手元に残った2種類の限定朱印

2018年、また近くでの仕事の帰り、3時間ほどあったので春日大社にきた。今回はJR奈良駅からバスで「春日大社本殿」行きのバスがあったので乗り、降りたところにある「国宝殿」を見に行ってみた。2016年に来たときは宝物館から国宝殿への改修工事中で見られなかった。入館料は500円。
甲冑や刀など、春日大社に奉納された美術工芸品が主に展示されている。収蔵する国宝は352点という。源義経、楠木正成といった悲劇の名将の鎧も奉納されている。
ちょっと時間が残ったので、南門をくぐり、中門をのぞいてみた。やはり、晴れた日は式年造替の終わった朱色が鮮やかだ。


2016年に朱印をいただいたのを忘れていて、また朱印をいただいてしまった。帰宅して比べると2016年は「第六十次造替」、2018年には「創建千二百五十年」と記された別の朱印が押されていた。限定朱印だったようだ。

1998年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。