カサーレの別荘(イタリア)

パレルモ~ピアッツァ・アルメリーナ~カサーレの別荘

シチリア島にモザイク満載の帝政ローマ時代の家が残っている。2017年、行ってみた。
パレルモからバスで2時間ちょっと、ピアッツァ・アルメリーナ(Piazza Armerina)という山合いに建物がびっしりと並んでいる街に入る。目的地の「ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ(Villa Romana del Casale、カサーレの別荘)」はその郊外にある。

建物の床一面のモザイク

入口から入るとまず壊れかけた小さな建物がある。ここには後でつけたと思われる屋根が3つ、ついている。


「浴場があったところです」とガイド。冷水室、マッサージ室、運動室などがあり、床にはモザイクがある。


「街の公衆浴場でもありました」という。なので、別荘の外側に建てられていたということだろうか。柱が少し残ったところを通り過ぎると、別荘の玄関になる。
玄関から中をのぞくと、床一面にモザイク。さすが、ローマ時代のモザイクで飾られた別荘という雰囲気は、まず玄関からも伝わってくる。


モザイクを踏まないようにつくられた見学路を通っていく。廊下を柱で囲まれた中庭にでる。半円で囲まれたところは「神棚があったところです」とガイド。信仰の場でもあったらしい。


ここで見学路は階段で上に上がっていく。床のモザイクを見るので、上から見られるように見学路は高くなっている。ただ、物を落としたら拾えないので注意を。下にはモザイクが広がっている。

中庭の回廊のモザイク

全長138㍍、幅3.8㍍の廊下は回廊になっていて、屋根がついていて夏は日よけをしながら歩けたという。床のモザイクは、主に動物の顔が描かれたモザイクが続いている。

人物、動物、幾何学模様…モザイク、モザイク

中庭を囲むように部屋があり、その部屋ごとに様々なテーマのモザイクが床を飾っている。


モザイクを見るのに一生懸命で、部屋の名前までは正確に憶えられなかったが、イタリア語と英語の説明版があり、簡単なモザイクの説明と部屋の位置が記されているので、見に行く人は参考に。


狩りのモザイクの部屋では、さまざまな動物が生き生きと描かれている。今にも動き出しそうだ。


狩りに行くときの服装や武器などが描かれており、当時の様子がうかがえ、習慣や風俗などがこのモザイクで知ることができそうだ。


海なのだろうか、漁をしている場面もある。4層の船でキューピッドが網を引いている。


このあたりには海はないはずなのだが、別荘というだけに、ここに住んでいた人は普段は海に近いところにいたのだろうか。


「ここは奴隷部屋や倉庫になっていたといわれます」という床にも、幾何学模様のきれいなモザイクがある。とにかく、モザイク、モザイクだ。

軍人が駐留した街

この別荘は4世紀初めに建てられたもので、ローマ帝国の西の皇帝マクシミアヌスの時代だったという。ピアッツァ・アルメリーナは「練兵場」を意味しているそうで、当時このあたりは軍人の街だったとされる。

一時、異民族(バンダル族)に破壊され、軍人らがいなくなったところで一般の人たちが住み始めた。山崩れでこの別荘が埋まってしまい、屋根などが破壊された。
そのまま忘れられていたが、埋まっていたことで20世紀初めの発掘でモザイクがきれいに見つかった。1950年ごろに今ある別荘全体が掘り出されて、修復が行われたという。


「別荘の敷地は3500平方㍍あったといわれています。まだほとんどが未発見です」というから、別荘と言ってもスケールは大きい。相当な身分の人の別荘だったのだろう。部屋、廊下はたぶん高価だったと思われるモザイクをふんだんに使っている。

10人のビキニ美女もいる

「ローマが世界の中心だったというモザイクです」というのは、さまざまな動物を船に積み込んでいるモザイク。「グレートハンティングの廊下」と呼ばれている。象やライオンなど、アフリカから動物を連れて行く光景を描いている。


アフリカで捕獲した動物をローマにもっていく。ローマのコロッセオでの「ショー」に使われたのだろうか。


「たぶんみなさんはこれを見たかったでしょう」というのが10人の女性のモザイク。ビキニのような服をきて何か運動のようなことをしている。


ダンベルを持っていたり、ボールのようなものを投げ合っている。ローマ帝国時代でもそうした運動が行われていたようだが、女性もやっていたということなのだろうか。


子供を題材にしたモザイクも増えてくる。女の子の部屋と思われる床には、香水にするバラを摘んでいる様子が描かれているという。


男の子の部屋と思われるところには、競技場で鳥に引かせる車で競い合う様子が描かれている。

1700年前の生活ぶりなどがモザイクを見ることで何となく想像がついてくる。そういう意味でも貴重な資料なのだろう。

寝室に描かれたモザイクは?

モザイクを使って勉強もしていたらしい。「ここは息子に様々なことを教えるためのモザイクになっています。勉強部屋だったのでしょう」という。作物を育てたり、動物を捕まえたりというモザイクが描いてある。


「イルカに乗った少年が真ん中にいる部屋は読書部屋だったとされています」という。イルカに乗っているのは少年には見えなかったが…。周りにいるのはたぶん神々だろうと思われる。


果物がたくさん描かれている部屋は「朝食に使われたのでは」。イチジクやプラム、リンゴやナシなど、当時の人たちの食卓にものったのだろう。

そろそろ別荘の一番奥の方に来た。といえば、主寝室になる。「寝室なので、そのようなモザイクになっています」とガイドもニヤリとした。


中央に、それらしい、ちょっとエロチックなモザイクが描かれている。

最後に見た部屋には寝室の控え部屋で、ユリシーズの話からとった「3つ目の男性」のモザイクが。「3つの目はシチリア島の3つの岬で、男性はシチリア島を表しています」という。確かシチリア島は3本脚(トリナクリア、三脚巴)で表しているはずだが、ローマ時代は3つ目だったのだろうか。


ここで見学路はまた地面におりて、大きな部屋に入る。床は相当傷んでいて、モザイクなどもあまり残っていないようだが、まだ修復途中なのかもしれない。「会議室、議事堂のようなところだったと考えられます」という。別荘とはいえ、仕事場でもあったようだ。


議事堂を抜けると、外に出る。とにかくモザイク、モザイク。これだけのローマ時代のモザイクを一度に見られるのは、いままでなかった。チュニジアのバルドー美術館の方が量は多いが、国中の遺跡から集めたものだった。
1軒の別荘でこれだけのモザイクを使った贅沢さに感心した。

1997年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。