シントラの歴史的景観(ポルトガル)

リスボン・ロシオ駅~シントラ駅~王宮~ペナ宮

19世紀初頭の英国の詩人バイロンが「エデンの園」にたとえた「シントラ」という街がポルトガルにある。王宮殿に加え、奇妙な宮殿もある。2015年、行ってみた。
正午過ぎ、リスボン市内の中心部、ロシオ駅から郊外電車に乗る。この駅の外観が、意外と豪華。かなり古そうな建築だ。


電車とシントラでのバス乗り放題がセットになったチケット15.5ユーロを買った。ロシオ駅を出て約40分で、シントラ駅に着く。


あいにくの雨模様。バス停付近で20分後のバスを待った。時刻表通りにはこないだろうなとは思って、すぐ近くの店でビールとサンドイッチの昼食をとりながら待ったが、全然来ない。1時間近くしてやっと来た。
運転手がポルトガル語で説明していたので詳しくは分からないが、身振り手振りからどうやら午前中に強かった雨で道に穴があいて一時通行止めだったらしい。
王宮殿の前でバスを降りたが、5分しないぐらいで着いてしまった。歩いても15分ぐらいだったかなと後悔しながら、王宮殿の前にたった。雨は上がって青空ものぞいている。

天正遣欧使節が立ち寄った場所

外観はおとなしく、あまり「宮殿」という感じがしない。階段を上がって入口へ。売店もガイドブックも見つけられなかったので、とにかく中に入ってみた。


順路はよく分からなかったが、小さな説明板があるので、それにしたがって、忘れないように看板の写真を撮りながら歩いた。まず「白鳥の間」に入った。


細長い部屋の天井に注目。八角形の中に描かれた白鳥が、27羽。1枚1枚が違う。壁には幾何学模様の青いタイルで飾られている。
ここには16世紀終盤、日本の戦国時代末期に天正遣欧少年使節が訪れた場所でもあるという。見つけられなかったが、その時の様子を焼き付けたタイルも残っているというので探してみてはいかがか。


王宮は15世紀初めにポルトガル王のジョアン1世が夏の離宮として建設し、16世紀にマヌエル1世が大幅に増改築して現在の姿になった。マヌエル1世はリスボンのジェロニモス修道院を造るなど、大航海時代でポルトガルが栄華を誇ったころの王。資金は豊富だった。ゴシック、イスラムに、自身の名前がついたマヌエル様式も加えたという。
中庭を見ながら次に進むと、またも天井が特徴的な部屋へ。「カササギの間」という。


これはジョアン1世が女官とキスをしていたことがうわさで広がってしまったため、おしゃべりな鳥とされるカササギを女官数136人と同じ数で天井を埋めたという。この宮殿は天井に特徴があるようだ。

「アズレージョ」に彩られた部屋

王の寝室や、天井に人魚が描かれた部屋など、小さな部屋をいくつか見ながら先へ進む。どうやら、部屋の装飾が部屋の名前の由来になっているらしい。

人魚の間

「ガレオン船の間」という広い部屋に出る。ガレオン船というのは、大航海時代に活躍した船。ここも天井がその船底の形をしており、ガレオン船の絵が描かれている。

ガレオン船の間

小さな部屋もそうだが、壁には「アズレージョ」というポルトガル独特の青タイルが張られている。ただやはり、天井を見逃したくない。上を向いて歩こう。
王宮殿一番の見どころというのが「紋章の間」。マヌエル1世が、王家とポルトガル王家を支える貴族の紋章を描いた木製の天井をつくった。


鹿が名前を書いたタスキのようなものを巻いているのが描かれている。ここにはインド航路を開いたヴァスコ・ダ・ガマの紋章もあるので、探してみよう。
「GAMA」とあるのを見つけて写真を撮ってはみたが、薄暗くて遠いのと、カメラ性能もあって、お見せできるようなものが撮れなかったが。壁には一面にアズレージョで飾られている。

アズレージョの装飾

中庭を眺めてから「中国の間」へ。中国からの調度がおかれているが、なぜここに中国の間があるのかは分からなかった。
「礼拝堂」は絵タイルと床のモザイクで飾られていた。

礼拝堂

「アラブの間」には真ん中に噴水があり、壁はアズレージョ。それぞれ特徴がはっきりしている部屋が続く。最後に台所へ。天井が高く、明かり取りか排気口なのか、てっぺんに穴が空いている。

アラブの間

空模様は微妙。青空は見えるのに、霧雨が時々やってくる。外に出ると、王宮の前で結婚式だろうか、新郎新婦がいた。写真スポットなのだろう。
よく見ると彫刻で飾られた窓がきれいだ。次に向かう「ペナ宮」へのバス乗り場へ。バスダイヤは滅茶苦茶になっていたが、運よくペナ宮方面へ向かうバスが、今度はすぐに来てくれた。

霧に浮かぶへんてこ?な宮殿

シントラ一帯は、宮殿のほかに貴族の館などが丘の中に点在している。王宮殿からバスで丘を登っていく。今度は予想外の霧が深くなってきた。
途中に「ムーア人の砦」という8~9世紀の遺跡がある。遺跡自体は廃墟のようになっているが、展望がすばらしいらしい。ただ、この霧では50㍍先も見えないだろうと思い、そのまま通過して「ペナ宮」で降りた。
入口から坂を上っていった。ペナ宮の姿が見えたのは、間近に近づいてからだった。


ペナ宮は「雑多な建築様式」「悪趣味な色遣い」で、シントラでは異彩を放つ宮殿。霧の向こうにうっすらと黄色い建物が見えてくる。
宮殿全体は霧で見えないが、王宮殿よりは「宮殿」らしい感じがした。ここにも英語の地図ぐらいしかなかったので、とりあえず中に入った。
この宮殿は、フェルナンド2世がドイツから建築家を呼んで1850年に完成させた。イスラム、ゴシック、ルネサンス、マヌエルとたくさん様式を取り入れた(交ぜ合わせた)。
統一性がないとも言われるが、見る側で各様式を熟知している人はそういないだろうし、事実見てもそんなに統一性がないとは思わなかった。ただ、最初に見えた黄色の建物の色は、ちょっとはじけすぎかなとも感じた。彫刻で彩られた門をくぐった。

門の装飾も、蛇がいたりライオンがいたり、球状や四角錘の突起がついていたりと「これが統一性のなさといわれるのか」とは思った。来た人が一番最初にこれを見るのだから。


テラスのようなところにでて、周りにある建物を見回してみた。「トリトンの出窓」という入口がある建物には目を引かれた。


彫刻で飾られた窓の下部を、トリトンが怖い顔をして支えているような感じ。シャコガイやサンゴの彫刻がある。
この宮殿は海をモチーフにした彫刻が多いのだという。中に入ると、フェルナンド2世(たぶん)の像が階段を見張っているような感じで置かれている。

トリトンの出窓

多彩なステンドグラスとだまし絵

王宮殿同様、こちらも小さな説明板を見ながら見て回る。モザイク床の中庭をみてから、寝室や食堂など小さな部屋をいくつか通った。

ペナ宮の中庭

壁の色が黄色や青や赤やいろいろな色。この辺も批判の対象なのだろうが、部屋ごとに違うだけなのであまり気にならない。
少し大きめの部屋に出たら、そこが「礼拝堂」だった。壁は青いタイルを中心に装飾されている。ステンドグラスがシンプルだ。秘書の部屋とかバスルームとかも出てきたが、タイル張りで豪華だ。

ペナ宮礼拝堂

「アメリア女王の間」に入る。ここはちょっと趣が違う。天井から壁まで、同じデザインで飾られている。よく見ると、菊花の紋が描かれている。

アメリア女王の間

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。