紀伊山地の霊場と参詣道(日本) 高野山

大阪~高野山奥の院~金剛三昧院~高野山壇上伽藍~徳川家霊台

高野山一帯もこの世界遺産の構成遺産になっている。日本を代表する霊場で同じ和歌山県とはいえ、いわゆる熊野一帯とは距離、地理的に違和感を覚えたが、ここから熊野本宮大社を最短で結ぶ熊野古道、小辺路(こへち)が始まっている。
熊野詣の前に、霊場高野山をお参りするとは、なんともありがたい旅だったようだ。熊野詣とは別に2013年、行ってみた。
朝、大阪・難波駅で南海電鉄の「高野山・世界遺産きっぷ」(当時2780円)を購入した。拝観やお土産の割引券もついている。
難波から電車、ケーブルカー、バスを乗り継いだ。予定は半日、高野山内バス乗り放題のフリーチケットで移動する。10時過ぎ、一番遠い「奥之院」から始めた。

弘法大師は存命している

一の橋口で降り、奥之院の御廟を目指す。約2㌔のほぼ一本道で、道沿いには墓碑、石塔、霊屋が林立している。墓碑、石塔は約20万基あるという。世界遺産に登録されているのが「上杉謙信霊屋」。

上杉家霊屋

こうした墓碑や霊屋などは全部が世界遺産登録ではない。上杉謙信霊屋のほかには、佐竹義重霊屋、松平秀康・同母霊屋史跡が登録されている。

松平秀康石廟

著名人? には立て札などがあってわかりやすい。織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、石田三成、武田信玄、伊達政宗ら戦国武将、平敦盛と熊谷直実、大岡越前守、赤穂浪士、法然、親鸞ら、敵味方? 入り乱れて眠っている。本当の墓ではないが「墓所」の記載がある。

織田信長墓所

御廟橋から先は奥之院。弘法大師空海の入定(真言宗密教の修行)の地で、高野山では最も神聖な場所だ。
835年に亡くなったが「この世に身を留め、未来永劫人々を救い続けます」という誓願をしており、いまも生きていると信じられている。毎日食事も出されているという。


神聖な場所ということで、御廟橋から先は撮影禁止。御廟で手を合わせ、朱印をいただいてきた。

日本で2番目に古い優美な多宝塔

奥之院からバスで高野山の中心地へ戻る。千手院橋という商店などが立ち並ぶ一角で降り、少し小高いところにある「金剛三昧院」へ。ここの「多宝塔」が国宝であり、世界遺産でもある。


鎌倉時代、北条政子が源頼朝、実朝を弔うために1211年に建立。高野山では現存最古の木造建築で、多宝塔としては日本で2番目に古い(1番は石山寺多宝塔)という。1階が方形、2階が円形。優美な建物だ。


高野山は、真言宗を開いた空海が修行の場として816年に嵯峨天皇からこの地を賜ったのが始まり。翌年から伽藍を作り始めた。当時の建物は残っておらず、空海死後に多くの建物が建てられた。
いまも117の寺があり、寺にかかわる人たちが生活する宗教都市になっている。人口3000人ほどで、中心部は十分歩いて回れる。市街地で軽く昼食を取った。
全山が世界遺産ではなく、その中から歴史的価値のあるものが登録されている。

国宝の宝庫、金剛峯寺

次に金剛峰寺に寄る。真言宗の総本山で、いまも座主が住む。


いまは修行の中心は道場の「壇上伽藍」だが、もともとは金剛峰寺が高野山の総称だった。


ブラブラ歩いて現在の中心地、壇上伽藍に向かう。途中に「高野山霊宝館」があるので、ぜひ立ち寄ろう。
高野山には国宝23件ある。絵画、工芸、書跡、彫刻の21件は霊宝館に収蔵、ほかに先に見た「金剛三昧院多宝塔」と「金剛峰寺不動堂」の2つの建物がある。
霊宝館には約5万点の収蔵品があるという。霊宝館自体も1921年(大正10)建造で現存最古の木造博物館建築として文化財になっている。
高野山単独でも世界遺産になりそうなのに、と思いながら鎌倉時代に運慶が造った国宝「八大童子立像」などを見る。
出て少し歩くと、壇上伽藍に着く。配置図を見て、どうせならと、まずは国宝で世界遺産の不動堂に直行した。
1197年に建立され、違う場所にあったが壇上伽藍内に移築された。鎌倉時代の様式を伝え、霊宝館で見た八大童子立像もここに安置されていたという。

不動堂

壇上伽藍東側には、不動堂の向かい側に東塔、三昧堂、大会堂、愛染堂などが並ぶ。

愛染堂(右)と大会堂

よく写真などで見る高さ48.5㍍の赤い根本大塔の下を通って行く。


中心に金堂。西側には弘法大師が住んでいたという御影堂や金堂、鐘楼、西塔などが立ち並ぶ。

金堂

世界遺産登録の「山王院本殿」は壇上伽藍の一番西、森の中にあった。山王院本殿は819年に創建されたといい、高野山開山とほぼ同じ古い歴史を持つ。
仏教と日本古来の天地の神の融和のため、丹生(にう)明神と高野明神を祀っている。現在の建物は16世紀に再建された。

世界遺産登録物件以外にも見どころ多数

本来ならここから入るのだろう、と思いながら「大門」まで歩いて見に行き、バスで引き返した。高野山の西の正門で世界遺産。1705年に再建されたものだという。


ケーブルカーの高野山駅に帰る途中、15時過ぎに浪切不動前で下車。フリー切符はバス時刻さえ押さえておけば便利だ。ただ、本数はあまりないので注意を。
世界遺産の「徳川家霊台」に行く。
江戸幕府3代将軍徳川家光が建立し1643年に完成。小ぶりながらも彫刻や飾金具などが細かい装飾を施した建物が2つ並ぶ。右が家康霊屋(霊台)、左が秀忠霊舎で、ほとんど同じ造りに見えた。この人がつくると、どうしても日光東照宮のような感じになってしまうようだ。

徳川家康霊屋

軒瓦はじめ葵の御紋がふんだんに散りばめられている。霊屋内には金銀蒔絵、極彩色飾金具の厨子や壁画があるという。パンフレットにある内部写真はほとんど金色だった。

徳川秀忠霊屋

世界遺産登録物件を中心に半日で見て回ったが、他にも見所はたくさんある。これだけの歴史上の人物が「住んでいる」場所は、日本の聖地であるのは間違いない。2015年に開創1200年を迎えた。
「紀伊山地の霊場と参詣道」は、「熊野三山」を中心に「参詣道(熊野古道)」「高野山」「吉野・大峰山」の大きく4つのエリアで構成されている。

2004年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。