オリンピア(ギリシャ)

アテネ~コリントス~ペロポネソス半島~オリンピア

2020年東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、2021年の同時期延期になった。2020年3月に採火された聖火は日本に到着したが、聖火リレーも延期となり、現在は福島県内に保管されている。

聖火が採火されたのは、オリンピック発祥の地、ギリシャのオリンピア(Olympia)。オリンピアの遺跡にあるヘラ神殿で、太陽の光から採火される。聖火が生まれる場所に2019年、行ってみた。

巨大な体育施設の痕跡

アテネ(Athens)から3泊4日の「クラシカルツアー(Classical tour)」を申し込んだ。残念ながら日本語ツアーはなく、乗ったのは英語とスペイン語のツアーだったが、日本語ガイドを料金追加でつけることはできるらしい。
こうした現地ツアーは日本でネット予約できる。バスやレンタカーなどで直接行くことも可能だが、本数や時間など不便なので、ツアーはお勧めだ。
アテネの地下鉄アクロポリ駅に近いホテルでピックアップしてもらい、ペロポネソス半島(Peloponnese)に向かう。ギリシャ本土と半島は細い土地でつながっていて、そこを貫くのがコリントス運河(Korinthos Canal)。
高さ80㍍、幅23㍍、長さ6343㍍。67年にローマ皇帝ネロが作り始めて、当時とほぼ同じ計画ルートで1893年に完成したというから、1800年以上もかかった。今ももちろん使われている。


ツアーでは、エピダウロス、ミケーネという世界遺産に登録された遺跡を巡って、ペロポネソス半島を横断、イオニア海に近いオリンピアに着いた。それらの遺跡はあらためて紹介したい。
翌朝、オリンピアの街からバスで10分ほどで古代オリンピア遺跡に着く。大きな建物などがあるわけではない。入口を入って緩い坂道を下っていくと、右手に長い列柱の跡が目に入ってくる。


「ギムナシオン」という、トレーニング施設だったところだという。今でいう「ジム」のことだろう。列柱の跡が続いている。その先にある「パレストラ」という闘技場の跡まで100㍍以上、柱が続いていたというから巨大な施設だ。


ギムナシオンと道を挟んで反対側、左手には「プリタニオン」。迎賓館だった。今は見る影もない。

プリタニオン(迎賓館)

古代オリンピックの起源は

古代オリンピックの起源は諸説あり、ギリシャ神話によると、4000年以上前の太古の昔に、ペロポネソス半島ピサの王オイノマオス王の娘ピッポダメイアに求婚したペロプスは、王との戦車競技で決することになり、王の戦車の車輪に細工をしたペロプスが勝ち、亡くなった王に捧げる競技会を開いたのがオリンピックの起源という。一時衰退した競技会をヘラクレスが再興してオリンピックになった。事実が隠れているかもしれないが、神話のお話だ。
紀元前8世紀に疫病のまん延に困ったこの地方の王イフィトスが、アポロンの神託を受けて、都市国家(ポリス)間の争いをやめて、農閑期の8月に競技会を始めたのが起源という説が有力になっている。アポロンの信託については、あらためて紹介する。


競技は紀元前776年から紀元394年にローマ皇帝によって廃止されるまで、4年に1度、1200年ほど続いた。
競技には戦車競技など戦争にちなんだものが採用されていた。スタディオン(約192㍍)走、円盤投げ、やり投げ、幅跳びなど今の陸上競技に近いもの、レスリング、ボクシングなど格闘技で、男性はだれでも参加できて、競技は全裸で行ったという。
期間は5日間、出場者はポリスを代表しており、優勝者にはオリーブの枝で編んだ冠が与えられ、出身ポリスでは多くの尊敬を集めたという。


19世紀始めにフランス人によって遺跡の発掘が始まった。それを受けてなのだろうか、フランス人のピエール・ド・クーベルタン男爵の提唱によって1896年に第1回近代オリンピックとしてアテネで開催される。
古代オリンピックの精神にのっとって「平和の祭典」とされるが、2度の世界大戦では中止を余儀なくされており、古代ギリシャ人が持っていた精神を残念ながら持ち合わせていないのが、近代の戦争を始めた為政者たちだ。

「オリンピックタウン」の発祥

遺跡の戻ろう。ギムナシオンの隣にある闘技場パレストラにも列柱の跡がある。闘技場というからにはここでレスリングなどが行われていたのだろうか。その隣には小神殿の跡がいくつか点在する。

パレストラ(闘技場)

「フェイディアスの仕事場」という建物にでる。一部にはかつての建物の上に、初期キリスト教教会が建てられていたという。


フェイディアスは紀元前400年ごろの彫刻家で、紀元前2世紀にフィロンが記した巨大建造物の世界7不思議の1つ「オリンピアのゼウス像」の制作者とされる。ここで造られたのだろうか。


さらに先へ歩いていくと、広い場所に出る。「レオニデオン」という、競技者や観客らの宿泊所。今の選手村にあたるのだろう。


建物跡が広大な範囲で続いている。参加人数は分からないが、数百人規模はあったと思われる。中庭には池のようなものがあったようで、疲れをいやす空間だった。


その隣には「南の浴場跡」という遺跡。レオニデオンを挟んで反対側にも大きな浴場跡があった。確かにスポーツの後には風呂は必要だ。

ゼウスに捧げられた巨大神殿

近くに、大きな柱が1本立っているのが見える。そこが「ゼウス神殿」の跡。これもほぼ跡形もなく壊れている。前面6本、側面13本の柱が立っていたという巨大神殿だ。

紀元前456年に完成した。この地域はギリシャ神話の最高神ゼウス信仰の地だったといい、神殿ができる前は祭壇で祀っていたそうだ。オリンピックも、ゼウスに捧げるための競技会となり、優勝者は捧げものをしたという。

ここにフェイディアスがつくった高さ13㍍のゼウス像が祀ってあったとされる。ガイドによると「ローマ帝国が持ち去った」というが、どこにいったのだろうか。博物館に「想像図」があった。

ゼウス神殿ゼウス像想像図

博物館には、神殿外側の上部壁面(破風)を飾っていた彫刻も復元されて展示されている。相当立派な神殿だったとわかる。東側の破風には、神話ではオリンピックの起源ともなったオイノマオス王とペプロス王の戦車競技の場面などが描かれていたという。

ゼウス神殿東側破風の彫刻。中央の首のない像はゼウス像とされる

西側の破風には「ケンタウロスとラピタイ族の争い」などがテーマで、中央にはオリンピックを始める神託をした「アポロン」が立っている。奇跡的に顔が完全に残された。

ゼウス神殿の横には「ニケの像」が立っていた基壇が残っている。ニケはギリシャ神話の「勝利の女神」。これを見て選手は奮い立ったのだろうか。


オリンピア博物館に基壇の上にあったとされるニケ像があるので見て帰ろう。残念ながら顔は残っていない。ちなみにニケの英語読みはナイキ。世界的なシューズメーカーの名前になっている。

博物館のニケ像

古代競技者と同じフィールドを走る

ニケ像を過ぎると、いよいよ「スタジアム」に入る。「反響廊」という細長い建物に沿って歩いていくと、石のアーチの入口がある。


細い通路を行くと、細長いグラウンドに出る。ここがスタディオン走など現在の陸上系の競技が行われた。


スタディオンは当時の長さの単位で、地域によって少し違うが、オリンピアでは1スタディオン=192.27㍍。当時のものかはわからないが、スタートの位置に細い2本の溝がある大理石が埋められている。


ここに来たほとんどの人が、このスタートラインに立ち、当時やっていただろうと思われる、2本の溝につま先をそろえて、上半身は「クラウチングスタート」でスタジアムを走っていく。私も30㍍ほど走ってきた。2004年のアテネ五輪では、ここで陸上の砲丸投げ種目が行われた。

聖火を灯す最古の神殿

スタディオンを出て、宝庫群や祭壇跡などを見て行く先に、いよいよ「ヘラ神殿」が見えてくる。「オリンピック聖火」が灯される神殿。2020年東京オリンピックの聖火は、2020年3月12日にこのヘラ神殿で採火される。
オリンピックに聖火を灯すのは古代オリンピックでも行われていた。ガイドブックなどによると、プロメテウスがゼウスから火を盗んで人間に与えたというギリシャ神話に基づき、ゼウスへの感謝の意味でゼウス神殿やヘラ神殿に火を灯していたという。


ヘラ神殿で採火したかは分からないが、ヘラ神殿は紀元前7世紀に建てられたギリシャでも最古級の神殿だから、現代の採火式の会場になったのだろう。太い柱がいまも立っている。

ヘラ神殿とヘラの祭壇

実際の採火式は非公開で女性のみで行われる。巫女が凹面鏡で太陽光を集め、トーチに採火する。その様子が、ヘラ神殿前の説明版に書かれている。


ちなみに、オリンピック大会期間中に聖火が初めて灯ったのは1928年アムステルダム大会。1936年ベルリン大会から聖火をオリンピアで採火し、リレーするようになった。日本に聖火が灯されるのは、夏冬オリンピック合わせて4回目になる。


この神殿からは「幼いディオニソスを抱くヘルメス像」が発掘されていて、博物館にある。古代ギリシャ彫刻の名作とされる。

博物館を見逃さないで

最後に、円形の「フィリペイオン」。紀元前4世紀にマケドニア王フィリプス2世が奉納した建物で、アレクサンダー大王が完成させたという。柱が円形に立てられ、原形をとどめている。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。