紀伊山地の霊場と参詣道 熊野三山と熊野古道(日本)

大阪~那智駅~大門坂~那智大社~那智の滝~熊野古道~新宮~熊野速玉大社~熊野本宮~熊野古道

熊野に初めて行ったのが1990年。このときは車で熊野本宮大社と那智の滝を見た。当時は世界遺産になっておらず、参詣道、通称熊野古道のこともよく知らなかった。あらためて歩いてみようと、大阪から特急電車に乗って2013年、行ってみた。

日本サッカー協会のマークが八咫烏なのは

那智駅で降りた。路線バスを待つ間、付近を散策。駅横には「日本サッカー発祥の地」の碑が建っている。
日本初のサッカー指導書を翻訳し、礎を築いた中村覚之助氏の生まれ故郷がここ那智の浜ノ宮。「熊野三山」の神で3本足の「八咫烏(やたがらす)」が日本サッカー協会のシンボルマークになったのもその縁だという。


駅前の信号を渡るとすぐに世界遺産の1つ「補陀洛山(ふだらく)寺」がある。約1400年前につくられたと説明書に。
寺名の由来になっている「補陀落」は観音様の住む浄土のことで、ここは浄土を目指す補陀落渡海の出発点だったという。
渡海といっても、密封された船で出るので、いずれ沈んで入水自殺ということになったそう。昔の船も飾ってあった。

補陀洛山寺

後述するが「熊野古道」に点在する「九十九王子」という神社群の1つ「浜の宮王子」の守護寺でもあり、神仏習合の形になっているという。寺は残っているが、浜の宮王子は跡だけだった。

浜の宮王子跡

熊野古道の成り立ちは

熊野古道は、熊野三山に参詣するための道で、10世紀ころからつくられ始め、紀伊路(きいじ)、小辺路(こへち)、中辺路(なかへち)、大辺路(おおへち)、伊勢路(いせじ)が紀伊半島に張り巡らされている。参詣は奈良時代に始まり、主に天皇家などが中心だったが、江戸時代に庶民に広まり「蟻の熊野詣」といわれる最盛期を迎えた。
熊野古道に点在する「王子」というは神社で「九十九王子」と呼ばれる。99カ所あったわけではなく、九十九折のようにたくさんという意味だという。
バスで、今に残る熊野古道の中でも往事の雰囲気を残すという「大門坂」に向かった。大門坂の入口に近い停留所で降りた。聖域と俗界を分けるという「振ケ瀬(ふりかせばし)」を渡ると、両側に夫婦杉という大木。ここから石段を上る。

大門坂の入口に立つ夫婦杉

磨り減ってでこぼこしている石も多い。少し上ると、九十九王子の最後の王子「多富気王子」の跡がある。650㍍ある大門坂の2割も来ていない。


入口にあった杖を借りてくればよかったと後悔しながら上っていたら、中腹ぐらいにも杖置き場が。今度はしっかり借りた。どうしても下を向いて上ってしまうが、時々顔を上げて、前方の苔むした階段や杉並木をながめて休息しながら上り切った。

長い階段の上に1700年前創建の社

そこは那智大社の入口。だが、そこからも450㍍の階段。一難去ってまた一難。参詣の苦労が少しは分かった気がする。土産物や食堂が並ぶ参詣道を上がる。
途中で土産物屋の女性が「珍しい花が咲いているから見て」と指差すところに割と大振りの花が。「トケイソウっていうのよ。時計に似てるでしょ」。確かに。一息ついた。


那智大社境内に入ったころには大汗。雨も降ってきた。鳥居をくぐってやっと朱塗りの拝殿(礼殿)にたどり着いた。奥に本殿の建物が立ち並んでいる。


後で見る那智の滝を神として、約1700年前の仁徳天皇のころに社が建てられたという。今の本殿は1854~67年にかけて建てられ、第1殿から第6殿まであり、熊野夫須美大神(ふすみのおおかみ=いざなみのみこと)らが祀られている。


第6殿だけ方向が90度違うが、その前で足が止まった。例の八咫烏の像が建っている。「御県彦社」と看板があり、八咫烏はそこの神らしい。


隣にある青岸渡寺も由緒は古い。同じく仁徳天皇の時代にインドから裸形上人が熊野に漂着し、庵を結んだことが始まりだという。


本尊の如意輪観世音菩薩は推古天皇の寄進、いまの建物は豊臣秀吉が再建したというから、歴史で習った人たちが登場する。西国一番札所でもある。境内は展望台になっていて、ここから雨上がりの三重塔と那智の滝が見える。

流れが変わった? 那智の滝

「那智の滝」へはまた階段だ。下りだが、ごつごつして歩きにくい。行った当時の那智の滝は、2011年の豪雨で滝下の「飛瀧(ひろう)神社」が損壊するなど被害を受け、滝つぼ周辺には重機が入って巨大な岩石などを撤去している最中だった。


鳥居越しに見る滝も、がけ崩れで周囲の木々がなくなるなど、23年前とは見え方がだいぶ違っていた。赤い社殿もなくなっている。以前はこんな感じだった。

1990年当時の那智の滝

那智大社も元々はこの滝をご神体にしたもので、修験道の中心地でもあったという。もう復旧が終わっているだろうから、落差133㍍で、華厳の滝と並ぶ名瀑のおごそかな雰囲気が戻っているだろう。


那智駅に戻る帰りがけの駄賃にちょっと熊野古道を歩いてみた。市野々小学校前でバスを降りて「市野々王子」へ。こうした住宅地の中にある王子も多いそうだ。


そこから歩いて「曼荼羅の道」に入ったが、竹林主体の山の中で、細い道が続く。「尼将軍(北条政子)供養塔」などもあるが、雨が降ると水没しそうな個所もある。2時間ほどで那智駅にたどり着いた。

神話の時代に創建された神社

新宮に泊まった翌朝は雨。新宮駅近くのホテルからブラブラと歩いて20分ほどの「熊野速玉大社」に向かった。小さな太鼓橋を渡って鳥居をくぐる。結構な雨ふりで写真がなおざりになってしまう。


りっぱなしめ縄のある朱塗りの神門をくぐると本殿前に出る。


左に拝殿、正面に鈴門という本殿への門が並ぶ。その奥に、結宮、速玉宮、上三殿、中四社、下四社と並んでいる。

熊野速玉大社拝殿と結宮速玉宮

この大社は、熊野三神が降臨した新宮市にある神倉山の霊石ゴトビキ岩(天ノ岩盾)から今の場所に移ったので、このあたりを新宮というそうだ。128年というから約1900年前、神話の時代だ。
祭神は、熊野三神のうち、熊野速玉大神(はやたまおおかみ=いざなぎのみこと)と、熊野夫須美大神(ふすみおおかみ=いざなみのみこと)を主神に、12の神々。

熊野速玉大社上三殿

日本の神は漢字表記で、使う漢字も数通りあって、読み方も今の読み方ではない場合があり、しかも違う名前を持っていて同じようにいくつも漢字表記される。漢字にも意味があるのだろうが「いざなぎのみこと」「いざなみのみこと」ならすぐ分かるのに…そんなことを思いながら、順番におまいりした。


速玉大社の宝物館には国宝が満載と聞いていたので行ってみたら、まだ開いていなかった。開館時間は過ぎていたので、社務所に行って開けてもらった。
撮影できなかったが、神宝の扇や箱、神社の飾りや組紐、かんざしなどなど、さまざまな国宝がそう厳重には見えないガラスケースにずらりと収まっている。「これも?」というのもあるので、のぞいてみたい。

88羽のカラスで災難除け

熊野速玉大社に近い権現前バス停から路線バスで「熊野本宮大社」に向かう。山に入るにつれて雨は上がってきて、熊野川のエメラルド色の水がきれいだ。


バス停から本宮大社に向かう。石の鳥居をくぐると、目の前にまた階段が立ちふさがる。


きれいな石段なのであまり足には来ないが、上って本宮の中に入って疲れがどっと出た。白いシートで本殿がみえないのだ。


実は正遷座120年を迎え、行った2013年は建物の修復工事の真っ最中。階段の下に書いてあったかもしれないが見落としたのか。23年ぶりに来たのに、葺き替えが終わった桧皮屋根が少し見えるだけ・・・けっこう残念。私と同じように思った人のためにか、大きな写真があった。

熊野本宮にあった看板

古ぼけているが、1990年に撮った写真もあるので、修復前の姿を。

1990年当時の熊野本宮

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。