ハノイのタンロン皇城の中心地域(ベトナム)

ハノイ鉄道駅付近~タンロン

ベトナムにあるハロン湾という世界遺産を以前紹介した。ハロン(降龍)湾は中国が攻めてきた時に龍が天から降り立って、中国を撃退し、その時に吐き出した玉が島々になったという伝説に基づいて名付けられた。
では、その龍は一体どこから来たのか。その答えが、ベトナムの首都ハノイにある。2013年、行ってみた。
ハノイ鉄道駅に近いホテルでタクシーを呼んでもらい、朝7時に出た。ハノイ市内半日ツアーを申し込んでいたので、出発の9時までに戻ってこないといけないから時間的には綱渡りだ。
「タクシーはホテルで呼ぶのは大丈夫ですが、街を走っているタクシーは遠回りするのがいるので気をつけてください」と従業員に言われ、ますます綱渡りのようだ。
「タンロン城(皇城)」(Thăng Long)に向かった。世界遺産に登録されたばかりで、まだガイドブックや観光パンフレットにもあまり記述がなかった。場所と8時30分開門ということだけ分かっていた。「中には入れなかったら、外観だけでも」と、ダメ元と思って行った。
運転手に住所を渡し「タンロン」と告げた。10分ほどで広場のようなところに着いた。広場と道を挟んで左手の方に高い立派な建物が見える。「ホーチミン廟」だった。

 

「なんだ、半日ツアーでこの辺に来るんじゃないか」と思ったが、ツアーにはタンロン城は入っていなかった。当時は観光的にベトナムでもまだ認知されていなかった。

ベトナムを守った龍が昇った場所

広場に入ると、右手にはフラッグタワー、軍事博物館など軍事施設がある。

フラッグタワー

広場をはさんで反対側に黄色っぽい石造りの建物。これがタンロン城の「端門」だった。
行ってみると、門が開いていて、散歩に来たような市民が中に入っていく。「入れそうだ」と少し早足になった。時間は正確ではないらしい。


タンロン城の正面口、メーンゲートだという。説明板があったので見てみたら英語とベトナム語で書かれた注意書き。「武器は持ち込むな」「壁に落書きするな」「木に登るな」「果物を盗るな」などなどが書いてあったので注意を。


入場券売り場や案内所はなかったので、場内図の看板を写真に撮って、写真を見ながら歩き始めた。中国風なのか、ベトナム風なのか、よく分からないが、2層になった屋根は角が反り返っている。


門をくぐると、足元にガラスがはめ込まれたところがあり、その先は発掘現場。ガラスの下を見ると、古い遺跡がある。

タンロン城発掘場所

このタンロン城、7世紀に中国の砦として築かれ、11世紀に大ベトナム国の李王朝のころから王城として使われ、19世紀にフエに首都が移るまでベトナムの首都の中心地だった。
古い遺跡の上に建物を建てていく重層遺跡になっている。「タンロン」は漢字で書くと「昇龍」。ここから龍が昇り、ハロン(降龍)湾に降りて、ベトナムを中国の進出から守った。
端門は、横から登れるので、階段を上がってみた。それほど高くないので「いい景色」とまではいかなかったが、門の様子はよくわかる。屋根は龍の彫刻で飾られている。

ベトナム戦争では司令室だった

カメラに収めたマップを見ながら進む。ところどころに「順路」を示す看板はある。説明書きもあるのだが、ベトナム語だけのことが多いので太刀打ちできなかった。
ヨーロッパ風の建物に囲まれた広場のような所に出る。そこがかつてのベトナム王朝の宮殿「敬天殿」があったところだという。土台しか残っておらず、階段がある。その両側には龍の彫刻。通称「龍の階段」という。


王朝時代の面影を残している。手すり部分が龍の彫刻になっている。城名の通り、龍があちらこちらにいる。「昇竜」の地だけのことはある。その階段を上がると、敬天殿の跡地ににフランス統治時代のコロニアル建築の建物が建てられている。


この広場の一角に青い建物で「D67司令室」という、世界遺産ではないがベトナム戦争当時の施設がある。博物館もこのあたりにあるらしい。
D67司令室の入口は閉まっていたので諦めかけたが、ちょうど建物の方へ歩いていく人がいたので、ちょっと立ち止まって見ていたら鍵を開けていた。係の人らしいので寄っていくと、中に入れてくれた。この日一番乗りだ。


階段を下りて、ベトナム戦争時に司令室として使われたシェルター内に入れた。会議室のようなところには当時の椅子や机、電話機などの機器が展示されている。当時のこのあたりは緊張感が漂っていたのだろう。

7世紀から20世紀まで歴史を見てきた

もう少し時間があったので「後楼」という建物まで行くことにした。端門に似ていて「楼」というよりは「門」に近い建物だった。


ここも上り下り自由だったので、かなり狭く急で、頭をぶつけそうな階段を上がってみた。後楼の上部の壁には彫刻が施されていた。端門よりは高い感じがしたので、見晴台、見張り台などに使っていたのだろうか。


その先に「北門」という建物もあるのだが、ここまででも意外と時間がかかった。着いてからここまで1時間15分ほど、8時30分近かったので、そろそろホテルに戻る時間が気になって来た。急ぎ足で城内を端門方向に戻った。


フランス統治時代の建物や小さな門などをくぐり抜けて、端門二戻る前に城壁外に出る道があったので、ホーチミン廟側の表通りに出た。7世紀から現代までのベトナムの歴史が見られる遺跡だった。


タンロン城とホーチミン廟の間にも発掘中の遺跡があるという。最近のツアーを見ると、タンロン城が入っているので、だいぶ整備されてきたのかもしれない。
流しのタクシーは意外と走っていなかったのでやきもきしたが、5分ほどで拾ったタクシーの運転手にホテルの名刺をみせた。行きと同じぐらいの時間、料金だったので、ホテルの従業員のいうようなタクシーではなかった。9時5分前にホテルに滑り込んだ。

2010年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。