ダンブッラの黄金寺院(スリランカ)

キャンディ~ダンブッラ

足の裏が熱い。スリランカ最大、最古の石窟寺院に2006年、行ってみた。
キャンディという街から車で2時間ほど。なだらかな黒い岩山に着く。
今は巨大な黄金の釈迦像(博物館)が出迎えてくれるようだが、当時は何もなかった。
岩山を登って寺院入口に。ここで靴を脱いで、素足になる。帽子をかぶっている人も帽子をとる。10月とはいえ、亜熱帯の太陽にさらされて、石窟にたどり着くまでの岩が熱い。

戦勝への感謝から2000年にわたって保護

「ダンブッラの黄金寺院」(Golden Temple of Dambulla)は紀元前3世紀から造られ始めた。当初は洞窟を利用した仏教の僧院だったという。
紀元前1世紀にシンハラ王朝のワラガムバーフ王がタミル人の攻撃で都アヌラーダプラを追われ、この僧院のあたりに逃げ込んだ。15年後に再起して都を奪回。その感謝を込めて、ダンブッラを寺院として保護し、発展した。


周辺には80ぐらいの石窟寺院があるそうだが、そのうち小高い丘にある5つの石窟が中心になっている。
紀元前1世紀から13世紀の同王朝ポロンナルワ時代にかけてつくられ、そのころは石窟を作りながら仏像も彫って行った、18世紀の同王朝キャンディ時代に修理を行うなど、歴代王が増改築を続けてきた。
見学できる5窟だけでも大小150体以上の仏像、王像などが収められているという。金箔も使われている。それだけ、仏教寺院として「尊い」場所なのだろう。

釈迦の足が赤い理由は

第1窟「神々の王の寺院」に入る。14㍍の金色の涅槃像がドンとあるからかもしれないが、意外と狭く感じる。ただ、涅槃像といっても薄く目を開けている。ここが一番古い石窟だという。


涅槃像の足元に、釈迦の一番弟子のアーナンダ像、頭の所には仏教寺院なのに、なぜかヒンドゥー教のヴィシェンヌ神の像がある。大きすぎて、写真は1枚で収まらない。

釈迦の弟子アーナンダ像

涅槃像の足の裏は赤く塗られている。ガイドによると、紀元前5世紀にシンハラ王朝初代ヴィジャヤ王がインドからスリランカに降り立った際に足の裏(手の平説あり)に赤土がついたことが由来らしい。スリランカでは釈迦像の足の裏は赤く塗られているという。


この石窟は涅槃像がほとんどの場所を占めており、壁画というか、天井画も描かれている。きれいな色使いなのだが、石窟内は結構暗い。

たびたび描き直されてきた壁画

第2窟「偉大な王の寺院」は広い。薄暗い窟内、目が慣れてくると、わずかな照明の明かりの中に天井や壁一面に絵や模様が描かれているのに圧倒される。


黄色(金色?)と赤色主体で描かれ、ずらっと並べられた金色の56体の仏像に覆い被さるようで、暗い中でも迫力を感じる。


ただ、仏像や全部の石窟にある天井画、壁画に言えることなのだそうだが、色が褪せてくるとたびたび塗り直し、書き直したそうで「オリジナルの絵とは関係なく、その時々の画家が思い思いに描いたため、元々どういう天井画だったかはわかなくなってしまっている」と、ガイドは説明した。
もったいない話ではあるが、近年世界では修復に失敗してとんでもないことになっている絵画の話題が多いだけに、そういったことにはならず、芸術性が高くてよかった。


ここは最大の石窟で、幅50㍍、奥行き25㍍、高さ6㍍ほど。この窟の名前の由来となった、寺院としての創始者ワラガムバーフ王の立像や、釈迦が寝ている像などもある。
「ダンブッラ」は「水がわき出るところ」の意味だそうで、この石窟には水がわき出しており、聖なる水とされている。

観光客が座って塗り直された釈迦像

第3窟「偉大な新しい寺院」はキャンディ時代につくられたという。前の2窟よりも仏像にしろ、天井画のデザインにしろ、新しいという印象を受ける。


全部で57体あるそうだが、18世紀ごろのキャンディ様式というものだという。


第4窟「西の寺院」は、1、2窟と同じぐらい古いという。ここにも黄金の仏像が並ぶ。ここまでくると、前までに見たものとの差が分からなくなってくる。


小さなストーパのような形の容器が置かれていた。ひびが入っているのは「盗掘にあって中の宝物が盗まれてしまったから」とガイド。
その奥に立ち入り禁止で周囲の仏像と比べて「塗り立て」という感じの座像があった。「白人の女性が写真撮影のために手の平のところに座ってしまい、仏の力が失われたので塗り直した」という。
座るのはもちろんだめだが、釈迦像に背を向けて一緒に写真を撮るのも禁止。見学マナーに注意したい。

奥に塗りたての仏像

第5窟は名前がなく、20世紀になってつくられた新しい石窟だという。金色の涅槃像が置かれていた。


せっかく石窟内で足の裏が冷えたのに、また出口に向かう石畳は熱かった。なんの変哲もない高さ約150㍍の岩山が「聖地」に選ばれた理由は、追われた王にとっては格好の隠れ家だったからだろうか。
上りは緩やかな道を迂回したが、帰りは階段状の急な坂を下った。人から食べ物を奪うという猿が待ちかまえていたので、目を合わせないようにした。

1991年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。