天壇公園(中国)

北京~天壇公園~祈年殿

真っ青な空にそびえる、瑠璃色の瓦に丸屋根の塔。いつもこうした姿で紹介されている、北京を代表する建物が天壇公園にある。2002年、行ってみた。
9月の北京は、どんよりとして蒸し暑かった。「この時期の青空はあまりきれいじゃない」とガイド。うっすらとした青空は天気が悪いと言うよりは「風があまり吹かないので、排気ガスなどで空気がよどんでいる影響の方が大きい」という。このころからすでに現在深刻な問題になっている大気汚染が始まっていたのだろう。
残念ながら「真っ青な空」とはいかなかった。あの姿は乾燥して風が吹く真冬の北京らしい。

五穀豊穣を願う儀式の場

天壇公園は主要な建物が南北にほぼ直線に並んでいる。文字通り「天」を祀り、五穀豊穣を祈った場所だという。明の永楽帝が1420年に完成させたといい、清朝でも増改築が行われて、祀り事を引き継いできた。
天を祀れるのは皇帝一族だけなので特別の場所でもあった。


南側にある「園丘」に入った。白い石でつくられた円形の壇が3段になっている。最も重要とされていた数字9の倍数で階段や欄干、石板が造られている。


階段を上って最上段にいくと、真ん中に「天心石」という平たい石がある。「上に乗って大きな声を出してみてください」というので、乗って叫んでみた。「こだまがが返ってきます」というので、耳を澄ましてみたが、あまりはっきりとは聞こえなかった。
この園丘では、冬至に天をまつる儀式が歴代皇帝によって行われていたという。たぶん、真っ青な空が広がっていたことだろう。
天心石の上で天に向かって祈りを捧げていたというから、こだまが返ってくれば、皇帝の神秘性をさらに高めたに違いない。

音を使った仕掛けの意味は

園丘を下りて北側へ向かうと、すぐに「皇穹宇」という、円い屋根を持つ木造の建物がある。印象的なシルエットの建物で、皇帝の位牌が収められているという。


ここでも「音のマジック」が体験できる。丸くカーブした円形の壁に囲まれていて、ガイドが「反対にいてもこちらの声が聞こえます」というので、離れて小さな声で話してもらった。向こうの声が壁を伝わってこちらに聞こえてくる。
「回音壁といいます」。確かに音が回ってくる。何のためにこの壁が必要だったのかは分からないが、ここではひそひそ話もできそうもない。想像するに、盗聴するということだろうか。
「三音石」という、1番目の石の上で手をたたくと1度、2番目は2度、3番目は3度、音が跳ね返ってくるという石もあったが、こちらもあまりはっきりとは分からなかった。
どうやら、当時は音に対して敏感だったようだ。

皇帝の道の先に瑠璃色の建物

「丹陛橋」というメーンストリートに入る。石畳の道の真ん中だけ磨いたように細く平らな道になっている。皇帝が歩く道だそうだ。いよいよ目的の建物「祈年殿」は正面に建っている。


きれいな丸屋根の三重塔が、白い3段の円形基壇の上にのっている。「3つの屋根は元々は黄色と緑もあったのですが、青に統一されました」という。空の色ということか。
ここでは豊作を祈る儀式が正月に行われていたという。真っ青な空が広がっていたことだろう。


祈年殿は高さ38㍍、屋根の最大直径が32㍍という。下から見上げると、どっしりと立っている印象。くぎは使っていない。組まれた柱には彩色がされている。

階段を上っていくとき、龍を描いた巨大な白いレリーフが印象的だ。

天を祀るために祈年殿の中には

内部をのぞくと、赤と金の柱が目に入る。「真ん中の4本が四季、その外側の12本が1年、その外側の12本が干支(えと)を表しています」とガイドが説明した。


赤い地に金で、さまざまな模様が描かれている。日本の三重塔や五重塔の主柱は建物を支えるだけのことが多いが、この祈年殿は彩色して意味づけされている。内外の壁や柱、梁にも鮮やかな絵が描かれ、さすが「天」を祀るだけのことはある。


そのほかの付属の建物なども含めて「天壇」が構成されている。北京の地図を見ると「地壇」というのが目に入った。元々天壇と地壇は「天地壇」としてつくられたが、その後分けられたそうだ。
もっと探すと「日壇」「月壇」もすぐ見つけられる。こうした「壇」がかつては9つあり、その中での「最高位」が天壇だという。
周辺には世界遺産に登録された付属の建物も点在している。


祈年殿から外に出ると、周りは公園になっていて、老人がひなたぼっこや将棋指しをしたり、子どもたちが走り回っていた。

1998年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。