• HOME
  • ブログ
  • 日本
  • 明治日本の産業革命遺産群(日本) 軍艦島・三菱重工長崎造船所関連施設

明治日本の産業革命遺産群(日本) 軍艦島・三菱重工長崎造船所関連施設

長崎駅~長崎港~三菱重工造船所沖合~高島沖合~軍艦島

全国に散らばる明治の産業革命遺産群の中で「軍艦島」に興味をひかれた。行くのが難しいところだろと思っていたが、そうでもない。長崎から定期クルーズ船が出ている。上陸もさせてくれるというので2016年、行ってみた。

上陸できる日数は年間100日ほど

軍艦島にいく「軍艦島上陸クルーズ」を運航しているのは数社ある。その中の1つをネットで申し込んだ。インターネット割引で3300円、軍艦島施設利用料300円。
申込にあたって、誓約書があるのには少し驚いた。現地での行動の規定や、波の高さによっては上陸できないことなどが記載され、署名して現地で提出する。
JR長崎駅からぶらぶら歩いて15~20分ぐらいの長崎港から船に乗る。長崎港ターミナルビルの1階にクルーズ船各社のチケット売り場があり、そこで予約番号を告げ、誓約書を出して乗船券を受け取った。
軍艦島の模型なども展示されているので、見ておこう。そうそう、軍艦島のパンフレットが置いてあるので忘れずに持っていこう。


沖合は波が高いため、天候と安全基準を満たして上陸できるのは年間100日ぐらいというから、上陸できる方が少ないようだ。
出港してすぐ右手に三菱重工長崎造船所が見えてくる。大きなクレーンがすぐに目に付く。軍艦島同様に世界遺産に登録された「ジャイアント・カンチレバークレーン」。


1909年(明治42)にできたものだが、1世紀以上現役で稼働している。高さ60㍍を超え、150㌧の吊り上げ能力があるという。


造船所関連施設で「旧木型場」「占勝閣」「第三船渠(ドック)」「小菅修船場跡」が世界遺産登録されているが、資料館になっている旧木型場以外は非公開になっている。第三船渠は、入口だけがクルーズ船から見えた。

天気曇天ナレドモ波高シ

沖に出ると、曇天で穏やかな日とはいえ、外海らしく波が高い。船のデッキ席にいたが、時折波しぶきが飛んでくる。ほどなく「高島」が見えてくる。この島も軍艦島同様、炭鉱の島だ。
高島にも立ち寄るクルーズもあるが、今回は時間の関係で軍艦島だけのクルーズにした。

1868年(明治元年)に佐賀藩とグラバー商会の共同経営で開坑された。西洋の最新技術と機械が導入され、日本最初の蒸気機関による海底炭田開発だったという。
こちらは比較的大きな島で、軍艦島のように洋上に浮かぶという感じではない。その時に掘られた竪坑の「北渓井(ほっけいせい)坑」が世界遺産に登録されており、1876年(明治8)に廃坑になっている。


小さな中ノ島の横を過ぎると、その先に見えてくるのが通称「軍艦島」の端島だ。さすがに年3分1ぐらいしか上陸できないだけあって、島周辺の波は高い。上陸できるか、船の人たちも近づく桟橋をじっと見ている。桟橋に着きさえすれば上陸できる。

中ノ島(右)の先に軍艦島

長崎港を出て30分強、船は躊躇なく、島に近づいていくので大丈夫だろうと安心した。軍艦島の横を通ると、島にある建物が大きく見えてくる。映像や写真では見てきたが、立派な街がそこにあったようだ。


無事に、軍艦島のドルフィン桟橋に着岸。運がよかったといえるのだろう。

埋め立てて造られた軍艦の姿

パンフレットから軍艦島について簡単な予習を。元々南北約320㍍、東西約120㍍の岩礁島だった端島は、江戸時代に漁師が石炭を見つけたそうで、1869年(明治2)に本格的な採炭が始まり、1886年(明治18)に第一竪坑が完成した。
1890年(明治22)に三菱合資会社の所有となり、本格的な海底炭田の開発が行われるとともに、端島の周囲が埋め立てられ、南北480㍍、東西160㍍の細長い半人工島になった。
その形が、当時最新鋭の戦艦だった「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになったという。上陸見学後、島を一周した際に洋上から「ここから見ると土佐に似ています」というところから見ると、「土佐」は知らないが確かに軍艦だと思う。

洋上から見た「戦艦土佐」に似た姿

最盛期には人口5300人を抱える過密都市(島)で、家族で暮らす人も多かったので、高層の団地や商店、小中学校に病院、飲食街や映画館(昭和館)、お寺や神社などもあった。交番もあり、留置場はまだ壊れずに残っているという。
1974年(昭和49)に閉山。無人島になった。
上陸してすぐに、そうした建物などが島の上に密集していることがわかる。
島を自由に見学できるわけではなく、決められた見学ルートをガイドとともに歩いていく。パンフレットのマップが役に立つ。

無人になって40年、廃墟の中に往時をしのぶ

第1見学広場。正面が広場のように広くなっている。ここが「貯炭場」で、石炭置き場だったところ。廃墟のような光景の中に、ベルトコンベアーの支柱が整然と並んで立っている。ローマ遺跡の神殿の柱のようだ。

第1見学広場から見る貯炭場

貯炭場の左手の岩山の家に大きなアパートが建っている。「高級鉱員3号アパート」で、島内にはこうしたアパートが所狭しと立っている。高級鉱員というから、肩書などによって住むアパートが違っていたのだろう。


貯炭場の先に少し白っぽい建物がある。小中学校だった。

端島小中学校

第2見学広場。採炭にかかわる施設が続いている。壊れた赤いレンガ造りの建物は総合事務所で、ここには共同風呂もあり、仕事を終えて上がってきた鉱員が汚れを落とした。体中、石炭の粉で真っ黒だったという。

総合事務所の右には、第二竪坑に下りていく桟橋。ここから鉱員はエレベーターで地下に下りて行った。「エレベーターのスピードは通常の8倍、1秒で8㍍のスピードだった」とガイド。それだけでも酔いそうだ。

坑道は最終的には地下1100㍍近くまで達し、温度30度、湿度95%という悪条件の中での作業だったという。

主力だった第二竪坑への桟橋跡(右)

第3見学広場へ向かう。建物はほとんどが大きく崩れている。護岸堤防の上部と思われる残がいもある。
人が壊した訳ではないのに40年ぐらいでこうなるのだろうか。「台風などの風や波によって壊された」(ガイド)と、雨や潮風にさらされ、弱ったところを台風などの暴風や高波で少しずつ壊れていったのだろう。
人が住んでいないと家は荒れるというが、ここを見ればわかる。海洋建築物の風化を研究する場にもなっているという。

「日本初」が多い最先端の街

第3見学広場。目の前が広くなっているが、かつては倉庫などがあった。その先に大きなアパートがまだ立っている。

第3見学広場から30号アパート(正面)と31号アパート(左)

「30号アパート」で、1916年(大正5)に建てられた、日本最古の鉄筋コンクリート7階建て。行った時がちょうど築100年だった。

30号アパート

隣の海に面した「31号アパート」とともに、窓ガラスなどはなくなっているが、しっかりした骨組みだけが残っている。海側のアパートは防風の役割もあって、島の形に合わせて曲がっている。海側は廊下だったという。

31号アパート

こうしたアパートには、緑がない島で花や野菜を育てる「屋上庭園」がつくられていたそう。これも日本で初めての試みだったという。
飲み水は当初は海水を蒸留しており、のちに給水船で運んで高台の貯水槽にためていたが、1957年(昭和32)には対岸の長崎半島の三和町から日本で初めて海底送水管を敷設した。
この島には「日本初」というのがたくさんある。
広場の海側には「プール跡」があり「海水のプールでした」(ガイド)という。島の反対側、小中学校にはグラウンドのほかテニスコートもあって、スポーツも楽しめたようだ。

海水を使ったプール跡

「島で働く人の給料は、公務員の2倍。昭和30年代初めで冷蔵庫やテレビは100%あった」(ガイド)と、暮らしも最先端をいっていた。
帰路に就く。クルーズ船は島を一周した。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。