古都京都の文化財(日本) 比叡山

京阪京橋駅~八瀬比叡山口~比叡山山頂~横川~西塔~東塔~ケーブル坂本駅

大阪に仕事で行ったときにいいチケットがあることを知った。京阪電車の比叡山横断チケットというもので、大阪市内から比叡山内の電車、比叡山延暦寺の巡拝券がついて3300円(当時)。それに利用する機会ができたので2015年、行ってみた。
午前8時半前に京阪電車で京橋を出て京都の出町柳へ。叡山電車に乗り換え、八瀬日比叡山口からケーブル八瀬駅に歩き、叡山ケーブル、叡山ロープウェイと乗り継いで比叡山山頂駅にたどり着いたのが10時過ぎ。横断チケットのパンフレットに比叡山内シャトルバスの時刻表があったので、大阪からの長旅の間に比叡山内の順路を決めた。


比叡山延暦寺は1つの寺ではなく、いくつもの堂宇でできている。山頂駅に近い順から「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」の三塔という3つのエリアに分かれ、各エリアを結ぶバスは30分から1時間に1本程度。見学時間を想定してうまく回らないとロスが大きくなる。
考えた末に、まず一番遠いところにある「横川」に行くことにした。来るときの駅のどこかで、延暦寺三塔マップと比叡山を紹介するパンフレットを手に入れておこう。

約1200年前、最澄の草庵から始まった

比叡山延暦寺について簡単に。開山は最澄(伝教大師)。12歳で出家し、785年に東大寺で僧侶の資格を得て、比叡山に草庵を結ぶ。788年(延暦7年)に一乗止観院(現在の根本中堂)を創建したのが比叡山延暦寺の始まりだという。
その後、唐に渡って天台山で密教や禅などを学び、帰国後日本の天台宗を開いた。822年に入寂(死去)する。翌年「延暦寺」の寺号となった。
第3代天台座主の円仁(慈覚大師)、「中興の祖」といわれる良源(慈恵大師)はじめ多くの高僧を輩出したが、親鸞(浄土真宗)、法然(浄土宗)、道元(曹洞宗)、栄西(臨済宗)、日蓮(日蓮宗)、一遍(時宗)など、歴史で習った様々な宗派の開祖もここで修行している。延暦寺は宗教の大学のような役割だったらしい。


道々にそんな説明の看板があり、修行の地という場所もあるので、気づいたら見ていこう。
比叡山というと「僧兵」を思い浮かべる。政治への影響力もあったため、怒った織田信長が全山焼き討ち(1571年)したのは有名な話だ。
さて、シャトルバスで約20分、やっと比叡山延暦寺といわれるところに着く。

おみくじ発祥の地、横川

横川バス停から坂を下りていくと、赤い大きな建物がある。「横川中堂」で、円仁によって848年に創建された。信長の焼き討ちで焼失。江戸時代に舞台造りの大堂が再建されたが、昭和17年に落雷で再び焼失。今の建物は昭和46年に建てられたものだ。


横川は円仁が開いた天台宗の僧侶の修行の場だという。本尊の聖観音はこれまで焼失を免れて今に伝わるという。


あたりの森の中にはいろいろな建物が点在する。横川中堂から森に入る道の突き当りに「鐘楼」。右に曲がっていくと「恵心堂」がある。「往生要集」を著した恵心僧都源信が初めて修行した場所だという。

恵心堂

引き返してさっきのT字路を過ぎて先に行くと「四季講堂」がある。良源の住居跡に建てられた。

四季講堂(元三大師堂)

疫病が流行した当時、鏡の前で座禅を組むと鏡に角がある鬼が現れ、その姿を描いたお札を家になると疫病にならなかったという「角大師」の逸話などが残っている。

「角大師」の逸話

良源は元三(がんさん)大師とも呼ばれていたそうで「元三大師堂」ともいう。おみくじの発祥の地とされるそうだ。横川の範囲も結構広いらしいが、先があるのでバス停に引き返した。

弁慶も修行した?西塔

横川からバスで「西塔」へ。バス停から道を下っていくと「親鸞聖人修行の地」とある。親鸞はこのあたりにいたらしい。巡拝受付を過ぎてすぐに「にない堂」という2つの建物が見えてくる。
歩く方向の右が「法華堂」、左が「常行堂(じょうぎょうどう)」で、同じ形をしており、渡り廊下でつながっている。
弁慶がこの渡り廊下を天秤棒代わりに2つの堂を肩で担いだという伝説もあって「弁慶のにない堂」ともいわれるそう。弁慶は比叡山の僧だったとされ、乱暴だったため追い出されたというから、修行の場を担いでしまったというのも逸話としてはありか。

にない堂常行堂(左)と法華堂(右)

法華堂には普賢菩薩が祀られ、法華三昧という修行の場になっている。詳細は他に譲るが、妙法蓮華経の略というのでお経のことだろう。

にない堂法華堂

常行堂には阿弥陀如来が祀られており、念仏三昧の修行の場。念仏は仏を念じること。渡り廊下でつながっているのは、法華と念仏が一体ということを表しているのだという。

にない堂常行堂

階段を下りると、正面に「釈迦堂」。正式名称は「転法輪堂」で、西塔の中心の建物。織田信長の焼き討ち後、豊臣秀吉が大津にある園城寺(三井寺)の弥勒堂を移築して改修した。


天台建築様式の典型だというが、屋根が非常に大きく目立つ。これが特徴なのだろうか。


左手に行くと「鐘楼」があり、バスできた道路を渡って「瑠璃堂」に向かった。地図ではそう遠くないはずだったが、山の中の道を歩いていってもなかなか姿を現さない。20分ほど歩いて道を間違えたのか、引き返そうかと思ったころに、小さな堂が見えてくる。

信長の焼き討ちを免れた瑠璃堂

室町時代末期の様式だといい、信長の焼き討ちを免れた唯一の建物で重要文化財。正方形の建物で扉が閉まっていたのでよくわからないが、あまり使用されていない感じだった。

ひっそりと静まる最澄の御廟

いいものを見はしたが、瑠璃堂で時間を使ってしまった。西塔バス停に戻った時は「東塔」に行くバスが行った後。山道を1㌔超、20~30分というので歩くことにした。
それが正解だったので、よほど急いでいてバスの時間も合わせているなら別だが、西塔~東塔はどちらからにしろ、歩こう。途中にあるのが「浄土院」。天台宗を興し、最澄の御廟所になっている。比叡山内ではもっとも清浄な聖域だという。

浄土院

さて、山の中やバス道などを歩いていくと巡拝受付があり、赤い建物が見える。「東塔(法華総持院)」と「阿弥陀堂」でここから東塔エリアになる。

阿弥陀堂

平安時代初めに円仁が創建し、焼失後、良源が平安時代半ばに再興。信長の焼き討ちで再び焼失し、昭和55年から62年にかけて再建されたので、新しい。東塔には仏舎利が収められているという。

東塔

すぐ近くの高くなったところに「戒壇院」がたたずむ。重要文化財の建物で天台宗の僧侶が戒律を授かる道場とし重要な建物で828年創建という。信長焼き討ちで焼失したのかどうかは書かれていなかったが、残ったのは瑠璃堂だけだったはずなので、これも再建されたか、移築されたかだろう。

戒壇院

比叡山の中心へ、歩く、歩く

目指すは国宝「根本中堂」。このエリア、意外と広いので時間を気にしている人は注意したい。次に目立つ建物が「大講堂」。昭和31年に焼失後、坂本にあった讃仏堂を移築したものだという。

大講堂

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。