ラパ・ヌイ国立公園(チリ)

ハンガロア村~アフ・ビナプ~アフ・バイフ~アフ・アカハンガ~アフ・トンガリキ~アフ・アキビ~アナケナビーチ~ラノ・ララク~ラノ・カウ~オロンゴ儀式村~タハイ

 

「モアイ像をみたい」。一番近い陸地(南米チリ本土)からでも3700キロ、タヒチからは4000キロ離れている島に2002年、行ってみた。

イースター島の方がわかりやすいかもしれないが、現地の言葉で「ラパ・ヌイ」。大きな陸地を意味する。全周約60キロというから、どちらかというと小島の部類だが、初めて住んだ人には大きく感じられたのだろう。

日本から12時間ほどのタヒチで1泊して、そこから約10時間かかった。それでも、南米回りよりは時間的にはずっと速い。

マタベリ空港

ラパ・ヌイのマタベリ空港滑走路は、かつてスペースシャトルの緊急着陸に使用できるようにつくられたという。シャトルに異常が起きたときに「このあたりにはここしか着陸できるところがない」からだ。いわばNASA公認の「絶海の孤島」といえる。

総倒れのモアイ

モアイというと、うつろな目で中空を見つめて立っている…。そんな印象が強いが、現物は違う。「アフ・ビナプ」で初めてお目にかかったモアイは、すべてうつぶせに倒れていた。

フリ・モアイ(モアイ倒し戦争)の結果だとガイドは言った。16~17世紀に起こった支配階級耳長族と被支配階級耳短族の戦いで、耳短族が耳長族の象徴ともいえるモアイをすべて倒したという。

アフとは何か

ちなみに「アフ」はモアイを立てる石組みの土台で祭壇の役目をしている。土台の周りには小さな石をたくさん置いた「境界」があり、そこから先は立ち入り禁止になっているので注意が必要だ。

小石が並べらたところからアフ

モアイの写真を間近で撮ろうとしたりして、境界の中に入ると、ガイドはじめ近くにいる島民から一斉にブーイングが起こる。駐車場で土産物を売っている人の中には、怒った表情で駆け寄ってくることもある。

先祖の墓に土足で踏み入るというのは万国共通、とても恥ずかしいことなのでご注意を。台座に上ってモアイと並んで写真を撮ろうなどとは考えない方がいい。

フリ・モアイの激戦地「アフ・バイフ」でもモアイはうつぶせに総倒れ状態。うつぶせに倒したのは、目の魔力を恐れてのことだという。本来は白い目がはめ込まれていたが、これももちろん壊された。

モアイにあった白い目

モアイ像を見ると、大きくくぼんだうつろな目が印象的だが、実は目をくりぬかれた跡だったということになる。島にある博物館には、唯一残っていたモアイの「目」が展示されている。赤色凝灰岩と白い珊瑚でできており、一見の価値がある。

なので、今島内にあるモアイ像で目があるのは、後から書かれたもの。実物の目と似ているので、目が合った姿としてはそんなに間違ってはいないのだろうが。

アフ・バイフに近い海岸の波打ち際に、赤い大きな石が置かれている。「プカオ」という赤い石で作ったモアイの「帽子」。まげを表しているともいわれる。ここまで転がって来た?「外国人が持ち出そうとして海岸まで運んでやめたようです」とガイドは言った。

「アフ・アカハンガ」では、総倒れではあるが、仰向けや横倒しのものもある。「最後は面倒になって、倒しやすい方向に倒したのではないか」とガイド。アフもかなり壊れている。

かつて島内には1000体ものモアイが立っていたというが、いまはそのほとんどが倒れているのが普通の状態だ。

ただ、アフを整備して再び立たせたモアイも50体ほどある。島の北東海岸にある「アフ・トンガリキ」に行った。

まず入り口の左手に1体立っている。「ひとりぼっちのモアイ」と呼ばれているが、島一番の人気者。1970年大阪万博で展示され、モアイ運搬法を明らかにするための実験にも使われたという。

1人ぼっちのモアイ

アフ・トンガリキは全長200㍍ほどで島一番の規模。高さ7、8㍍の15体のモアイは当然全部倒れていたが、日本の建設会社が経済協力の一環としてクレーン車を提供して立て直されたという。

1体1体が個性的

背が高いの、低いの、やせているの、太っているの、丸顔、面長などなど、1体1体、表情も含めてまったく違う。供養のために立てられ、亡くなった人に似せてつくったというのは本当らしい。

立ち姿の基本は、海を背にして家族が住む集落の方向を向き、顔はちょっと上に向けて、両手は下腹につけている。これがこちらの「気をつけ」の姿勢なのだろうか。

モアイはなぜつくられ、どうやってつくり、どうやって運んだのだろう。そもそも、島民はどこからきたのだろう。この島は多くのなぞに包まれている。

伝説によると昔、ヒバの国の賢者が夢の中でラパ・ヌイに旅をし、目覚めてからホツマツア王に伝えた。王は7人の息子を使者として東に送り、島を見つけた。報告を受けた王は移住を決意して島北部にあるアナケナビーチに上陸した。

アナケナビーチは、白砂の海岸にヤシの木が茂っていて、南国のリゾートふう。火山岩のごつごつした海岸線ばかりだと思っていたこの島では別世界の趣だ。

人々はどこから来たか

ヒバの国はラパ・ヌイの西方、タヒチなどがあるポリネシアの方向。西からやってきたということになる。

「コンチキ号漂流記」を読んだ方は多いと思うが、著者ハイエンダール博士は南米からラパ・ヌイはじめポリネシアに文化が伝わったことを証明するためにいかだで航海した。

きっかけは南米インカ帝国の石組みと、ラパ・ヌイのアフの石組みが似ているからだったといい、こちらの説だと島民は東からやってきたことになる。

博士がモアイを立てる実験に使ったホツマツア王とされるモアイは、ビーチの小高い丘にポツンと立っている。

石材のリサイクル

ホツマツア王のモアイから少し離れたところに「アフ・ナウナウ」があり、7体(うち2体は破損)のモアイが立っている。

倒された状態で白砂に埋まっていたことで風化を免れたため、腰のあたりにはふんどしのひも? のような浮き彫りも残る。かなりシャープできれいな姿をしている。

アフの石組みには、彫刻を施したものもあり、何かに使っていたものを利用したらしい。リサイクルの発想もあったようだ。

アナケナビーチの近くに「テ・ピト・オテ・ヘヌア(地球のへそ)」という場所があり、明らかに加工したと思われる丸い石が置いてある。

ガイドは「ホツマツア王がここに置き、世界の中心としたそうです」という。こんな小さい島にいて地球というものを知っていたのだろうか。「丸い石に額を当てて願い事をしていたといわれています」というので、やってはみたが。

この近くに、アフに立てられたものとしては最も高いモアイが、うつぶせに倒されている。

最初の7人

島に最初に来た7人のモアイとされるのは、西部にある「アフ・アキビ」に立っている。島内のモアイで、海を見いているのはここだけだ。

モアイは自分の村や集落、そこに住む家族をずっと見守っているということらしいので、陸地側を向いている。海を向いているというのは、故郷を向いているということになるのだろうか。だとしたら、西を向いている。

モアイの謎について分かってきていることもある。島の北側にある火山「ラノ・ララク」に行くと、モアイの製造過程をみることができる。

モアイ製造工場へ

モアイの切り出した山で、登山口から緩やかな斜面を上り始めて、最初に「正座するモアイ」と出合う。正座の形に彫られた足、丸顔の顔立ちは日本人か?と想像が広がる。

斜面を進むと、モアイがそこら中に放置されている製造工場に着く。ちゃんと立っているやつ(体は埋まっているが)、前に倒れそうなやつ、寝ているやつ、まだ岩に刻まれているやつ…など、300~400体があるという。

モアイは死者を供養するためにつくられたという説が有力。「すぐにはつくれないので亡くなるのを見込んで生産していたと考えられます」とガイドはいう。

斜面を登りきると、内側はカルデラ湖になっている火口。その内側斜面にも製造途中のモアイがたくさんある。

モアイはすべてこの山の凝灰岩製。比較的軟らかい火山岩で、現在想像されている作り方はまず硬い石で体の前面を彫る。その足下に大きな穴を掘り、背中を切り離してその穴に落とすようにして立てる。最後に体の背中部分を仕上げたという説だ。

作りかけのモアイを見ると、その手順が容易に想像できるほど、さまざまな製造途中のモアイが放置されている。今すぐにでも製作を再開できそうな感じだ。

まげを表しているという、頭に載せるプカオは「プナ・パウ」というところから切り出される赤色凝灰岩を加工している。そこにも、さっきまで作っていたかのように、無造作に作りかけのプカオの残骸が散らばっている。

モアイは歩いた

モアイは10世紀ごろから16世紀ごろまで作られたとされている。最初はアナケナビーチのホツマツア王や正座モアイのように人に近い姿で作られ、次に下半身がなくなって手をおなかに組むタイプとなった。

頭にプカオを載せるようになったのはその後で、最後はよく知っているような顔が大きく強調され、本人に似せたというより、かなりデフォルメした形で、ラノララクに放置されているモアイのような姿になったという。

移動方法にはまだ定説がない。丸太の上に寝かせて注文があったアフまで運ぶというのが一般的で、そのために木を切りすぎて島の土地が荒廃し「モアイ倒し戦争」に発展したとも言われている。

だが「モアイは歩いた」という言い伝えもあり、立てたまま運んだ可能性を探ってこれまでにさまざまな「歩行実験」も行われている。山の斜面から海岸に向けて、モアイを運んだ跡が残る「モアイの道」が、謎に包まれたまま残っている。

モアイの道が伸びている

 

島唯一の村、ハンガロア村のペンションに泊まった。タヒチから往復でパラヌイに行くのは2泊3日。飛行機便の関係らしい。

村のメーンストリートはレンガを敷き詰めた舗装道路だが、周辺の道はもちろん未舗装。風が強く、ほこりが舞い、コンタクトレンズを使っている人は涙を流しながらの日々を覚悟しておいた方がいい。

島の物価は高い

体の大きなおばさんと孫らしい3歳ぐらいのかわいい女の子にひかれてオープンテラスの食堂に。メニューはスペイン語だったが、妻が単語と身振りで食材を確認し、ローストチキンとマヒマヒの串焼きにした。

皿にたっぷりとフライドポテトがしかれ、その上に肉、魚がドーン。味付け用にケチャップや塩、タバスコなどを並べて豪華ランチ。昼、夜の食事ではメーンストリートに数軒あるレストランに入った。

どの店でもメーンは魚(マグロやマヒマヒ)、ビーフ、チキン。調理法を変えたが、3回連続して付け合わせがフライドポテトのてんこ盛りというのはちょっとあきたが…。季節によってはロブスターも食べられるという。

支払いにはドルが必要で、ほとんどが現金精算だった。隔絶された島だけに物価は安くはない。

さて、島には2つの大きな火山があるが、モアイ製造工場のラノ・ララクと反対側、南東部にあるのがラノ・カウ火山。火口はカルデラ湖になっており、トトラという葦が生えている。

ラノ・カウ火山の海よりの頂上には「オロンゴ儀式村」が再現されている。当時の集落の様子が分かる。

板状に石を割ったのだろうか。平たい石を積み上げて造られた、当時の家。中にも入れるが、中は少し掘り下げられていて、天井が低く狭い。風が強い島なので、こうした頑丈な石で低い家が必要だったのだろうか。

ラパ・ヌイのトライアスロン

ラパ・ヌイの代名詞であるモアイは「モアイ倒し戦争」後、17世紀ごろにつくられなくなった。ここはその代わりに、戦争を避けるための儀式が行われたという場所で、火山の斜面が急傾斜で海に落ちており、その沖合いに3つの小島、モツ・カオカオ、モツ・イティ、モツ・ヌイが並んでいる。

モツは小島の意味らしい。18~19世紀に、ここで島の支配者を決める「鳥人儀式」を行った。各部族の代表者が断崖を駆け下り、モツ・ヌイへ泳いで渡り、渡り鳥背黒アジサシが最初に産み落とす卵を持って帰るトライアスロンのようなレース。勝者の部族の族長が1年間、島の統治権を得たという。

鳥人などが、そこかしこの岩に彫られており、儀式の場という雰囲気を漂わせる。断崖の下をのぞいたが、急傾斜でとても下りられるような場所ではない。鳥人となる代表者には相当な勇気が必要だっただろう。

島最大の海岸洞窟「アナ・カイ・タンガタ」では、食人儀式が行われたとされる。ケビン・コスナーが島を舞台に作った映画(作品名はラパ・ヌイ?)のラストシーンにも登場するとか。奥行きがあまりない洞窟の壁には壁画がいくつかあるが「いたずら好き」(ガイド)の島民が書いたものなのだという。

失われたロンゴ・ロンゴ

島を離れる日、マルシェ(市場)に立ち寄った。モアイをつくった先住民が使った文字を「ロンゴ・ロンゴ」という。

1722年復活祭(イースター)の日にオランダ提督が島に来て以降、奴隷として連れ去られたり、島外から持ち込まれた天然痘の流行などで1万とも2万ともいわれた島民は、19世紀後半には100人ほどになったという。今は奴隷の子孫らが島に帰ってきて4000人ほどが住んでいる。

キリスト教布教のために来た宣教師がロンゴ・ロンゴで書かれたものを焼却してしまったこともあって、文字を読める人がいなくなり、いまもモアイにつながる島の歴史は分かっていない。

ラパ・ヌイ語はわからなかったが、「こんにちわ」「ありがとう」は「イオラナ」「マウルル」。タヒチでは「イアオラナ」「マウルール」だったので、今はポリネシアの言葉と似ているが、モアイが作られていた当時の言葉ではないそうだ。文書が今でもどこかに隠されているという話もあるというが…。

トトラで作った紙にロンゴ・ロンゴが書かれた「絵」を買った。今はデザインとしてしか使い道がなくなった文字が、いつか解読されたら、この絵にはなんと書かれているのだろうか。

夕方、村から近い「タハイ」という3つのアフ、「アフ・コテリク」「アフ・タハイ」「アフ・バイウリ」が集まっている「モアイ公園」のような場所に行った。けっして幸福だったとはいえない島の歴史を重ねると、そこから見た格別な夕日の中、モアイ越しにみえる海に心なしか寂寥感が漂う。

1995年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。