ナスカとフマナ平原の地上絵(ペルー)

リマ~ピスコ空港

「ナスカの地上絵(Lineas de Nasca)」を見たいという人はたくさんいるだろう。私もその一人だった。テレビ番組でも見たが、とにかく1回、現物を見ないことには。ということで2013年、行ってみた。
ペルーの首都リマから南米大陸の西側を南北に走るパンアメリカン・ハイウエーを南下して6時間以上、ピスコ(Pisco)という街の小さな空港に行った。
空港では体重を量り、番号札と地上絵マップのパンフレットをもらって、順番待ちをする。セスナ機は乗客10人乗りで、左右の窓側に5席ずつ、全員が窓側に座る。体重でバランスを取るのだろう。

奇妙な日本語のアナウンス

搭乗前にガイドから飛行中のアドバイス。「サングラスをしている方が絵はよく見えます。カメラを見すぎると酔いやすくなります。まだ見つかっていないものがたくさんあるといわれているので新しい絵を発見してください」。
聞いたところでは、旋回を繰り返すので、ほとんどの人が酔うということだった。乗り物酔いの経験はほとんどない(いつも酒に酔っているからだともいわれるが)ので、三半規管の強さを発揮したいところだ。


飛び立つと、下にはきれいに区画された畑。遠くに灰色の大地が見える。30分ほど飛ぶと、機長の日本語でのアナウンスが流れる。
「OK、オトモダチ、クジラ、ミギ、ハネノシタ、ミギ、ハネノシタ」。機体を右に傾け、右側の座席から地上がはっきり見られる。行き過ぎてから旋回して戻り、今度は「オトモダチ、ヒダリ、ハネノシタ」となる。
地上絵の上で8の字飛行を繰り返すことになる。高度はパンフレットによると1860フィート(ft、約560㍍)。東京スカイツリーの展望回廊の少し上ぐらいから地上を見た感じになるのだろうか。

意外と小さく見つけにくい

さて、最初に「クジラ」。サングラスをしていたが、どこにあるのか、分からない。写真などで見てきた赤茶けた地面に白い線が引かれていて簡単に分かると思っていた。


太陽の位置や光線の関係もあるのだろうが、地面は白っぽい灰色。しかも、水の流れた跡や車のわだちほか、たくさんの無関係な線もあり、そっちの方が目立つ。
どこにあるか探せず、ちょっと焦りながら、しかたなくカメラを向けて何枚か撮ってみた。数打ちゃ当たるだろう。写真を撮った後、もう一度目を凝らすと、クジラの地上絵が小さく見える。
全長は63㍍、クジラだけではなく、別の地上絵も描かれているようにも見える。


「宇宙に向けたメッセージ」とも言われていたので大きいものかと思ったら「小さい」というのと、ナスカの大地は上空からは灰色で線がわかりにくいというのが、1つ目の地上絵を見た印象だった。
地上絵の大きさや色への先入観をまず取り払おう。「ハネノシタ、サンカク」とアナウンスされる。


サンカク? 地上にあるのは大きな三角形というか、矢印というか、これも地上絵の1つ。こちらは大きかった。

宇宙人、サル、イヌ…次々現れる

また機長の「OK、オトモダチ、ミギ、ハネノシタ、ウチュウジン」とコールが始まる。
黒い岩山が見える。その山腹に、テレビなどで見慣れた「宇宙人」の地上絵。これは黒っぽい山肌と線のコントラストがはっきりしていて見つけやすかった。


ただ、サングラスは外した。確かに光の関係で見やすい感じはしたが、今度はデジタルカメラの液晶がみにくいので、何が撮れているのか分からない。確かに人間、とは言いがたい地上絵ではある。

地上絵を見て行くとわかるのだが、デフォルメされてはいるとはいえ、特徴をとらえてけっこうリアルに描かれている。なので、この絵は普通の人間を描いているとは思えないのだが…。

「オトモダチ、サル」で、今度はしっかり肉眼でも見ようと目を凝らした。サルの地上絵もおなじみだ。尻尾を巻いて、手を前に出している。


「小さい」と思って翼の下に注目していると、サルの地上絵が見えた。やはり、そんなに大きくは見えない。全長110㍍。最初のクジラが63㍍だったから、見つけやすかったのかもしれない。
ちなみにカメラは少しズームしておいて何枚か撮るようにした。無理に大きくズームすると見失ったり、動いているので時間をかけると機体の一部に隠れたりしてしまうと思ったので。


地上絵は次々と現れる。すぐに例の「オトモダチ」コールで、今度は「イヌ」。これは小さい。全長51㍍。


ただ、目が慣れてきたのか、見つけやすくなってきている。コツとしては、「ミギ、ハネノシタ」という通り、翼の下の地面にたくさんある線などに惑わされずに、パンフレットにある絵を見ておいて曲線を見つける。

地上絵のスター級が登場

どんどん行こう。「コンドル」は大きかった。くちばしの先から尾羽の先まで136㍍ある。ここまで来ると、すぐに見つけられるようになってきている。


コンドルはアンデスの「神の鳥」。少しデフォルメされているが、アンデスの人たちにとっては大切な絵になるのだろう。


続いて出てくるのは「ハチドリ」。テレビなどでおなじみで、ナスカの地上絵のスター的存在だろう。こちらもけっこう大きくて96㍍ある。


初めて目にする、謎に満ちた地上絵。知識として知っているものが、本当に目の前に現れる。8の字飛行に左右へのバンクと、セスナはほとんどじっと飛んでいないが、幸い酔いは来ない。酔っている場合でもないが。


地上絵の上空、例のアナウンスが流れるまでは地上を眺めていよう。ナスカ平原という場所だが、けっこう山や谷が多い。水の流れた跡(川の跡)がたくさんある。
地上絵に重なるような跡はそう多くないので、描かれる以前は水の豊富な土地だったのかもしれない。そんなことを思っていると「オトモダチ、クモ、ミギハネノシタ」とどんどん見なければならない。


これもよく知られている。全長46㍍と小さいが、くっきりと描かれているようで、見つけやすかった。

地上絵の描き方は?

一息つこう。「地上絵」の歴史を簡単に。
飛行機の登場で、このあたりの上空を飛ぶ人が地上に何か描かれていることに気づいていたが「地上絵」として認識されたのは1939年、米国のポール・コソック博士が発表してから。
その後、コソック博士の共同研究者だったドイツ人数学者マリア・ライヘがナスカに住みつき、地上絵の発見と研究、そして保護に生涯をささげた。
地上絵は具象画(動植物や擬人など)と幾何学画(直線や図形など)の大きく2種類あり、幾何学画は1000以上見つかっていて圧倒的に多い。
動植物などの描き方は、台地に小さな下絵を描き、定点を紐と杭で等倍に拡大していき、地表にある酸化した黒い石を取り除いてすぐ下にある石灰岩の白い地面を露出させる、という方法。
ライへがこのあたりに栄えたナスカ文明との関連性を確認したことで、紀元前100年から750年ごろに描かれたとされている。年間雨量数ミリという乾燥した大地が、地上絵を現在まで残した。

車の侵入で消された線も多い

さて、上空に戻ろう。「オトモダチ、テトキ」。下を見ると、1本の道路が大地を横切っている。パンアメリカン・ハイウエーだ。まだこの大地に地上絵の存在がおぼろげだったときにつくられたため、地上絵の中の一部を削ってしまっている。


特にハイウエー周辺は車の進入でわだちが出来て、線を消してしまっているものもある。「手と木」は、そのハイウエーのすぐ横にある。
近くにこれらの地上絵を見るための展望台が建っている。全長45㍍の「手」の指は一方が4本で、見た限りでは足かもしれないとも思った。


70㍍の「木」はこのあたりでも生育しているワランゴという木だといわれている。


これまでハイウエーを挟んで西側を見てきたが、東側にも多くの地上絵がある。「手と木」の反対側に「フラミンゴ」がある。全長300㍍と巨大だ。


古代ナスカの人たちにはそう見えていたのだろうか、首が曲がりくねっていて長い。これも後からついたような道路や線でちょっと見にくくなっている。現地で買ったガイドブックには「カツオドリ」となっていた。


続いて「オトモダチ、オウム」のアナウンス。これもこのあたりのオウムはこんな姿なのだろうか。


頭から大きな飾り羽? が突き出している。全長200㍍と、こちらも大きめな地上絵だ。鳥の絵が多いのは理由があるのだろうか。確かに飛んでいる鳥からこの地上絵は見えるだろう。


そこから少し北へ飛行して、渓谷などもある小高い平原に行く。このあたりはパルパと呼ばれ、ナスカより古いパラカス文明があったとされている。そこにも地上絵が描かれている。「パルパのハチドリ」が有名だ。


ハチドリは2つ目だが、先に見たハチドリよりもハチドリらしいと感じた。ナスカの人々にとってハチドリは特別な鳥だったのかもしれない。確かに、空中に止まってホバリングする姿は不思議に思える。


最後に「オトモダチ」に見せてもらったのは「ホシ(星)」。2つの正方形と円形を組み合わせて描いたもので「パルパの十字」と呼ばれているそう。


パルパの渓谷には、丘の斜面に王族など人物が多く描かれているという。これで40分ほどの地上絵上空飛行は終わった。

実際に見ると不思議度が増す

想像していたよりは地上絵は小さいものが多かったが、実際に見ると不思議さは増してくる。
なぜ、地上絵が描かれたのか、という謎にさまざまな説がある。ライヘが提唱したのは、星座を写し取り、星の動きで乾季や雨季を知る「天文カレンダー説」。
そのほかにも、詳細は省くが、一筆書きの絵が多く、白線部分は歩くようにできていることから「雨乞い儀式利用説」や、線上を歩かせて何が書かれているかを「テストする」説、水源や水脈の位置を教えている説などがあるという。
具象画の説明にはどれもありそうな気もするが、線画も含めたすべての地上絵を的確に言い表すまでにはいかないようだ。巨大で長い線は滑走路のようでもあり「宇宙からも見られる」という大きなものもあるため「UFO滑走路説」もある。

考えたところで結論が出るわけではないが、目の当たりにすると考えたくなるのが人情でもある。古代エジプト時代から星を結んで「形」としてみることがあったというから、ライヘの言う「星座」というのはうなずける。
一筆書きの絵は儀式説がもっともだと思う。地上絵が残っているのは雨が少ないからで、雨ごいの儀式はありそうだ。
ハチドリが2つあったり、ナスカ周辺にはいない(当時は分からないが)動植物の具象画があるのは、身近なものや噂で聞いたものを描いてみたかったとか、単なる遊びの延長だったのかもしれない。
子供のころ、雪が降るとよく木の棒でまっさらな雪面にヒーロー漫画や昆虫などの絵を描いたり、地面に線を引いた遊びがいくつもあった。


宇宙からも確認できるものもあるという巨大な線画は、異星人に関係していたと思っても不思議ではない。こんなにたくさんの線が当時のナスカの人たちに必要だったとは思えない。
地球文明で滑走路が必要な宇宙船はスペースシャトルぐらいで、もっと高度な文明の異星人だとすれば滑走路が必要な乗り物なのだろう。ロマンのある話ではあるが、現実的にはどうなのだろう。
ただ、巨大な矢印のようなものは、どうみても方角を示しているとしか思えなかった。「目的のものは向こうだよ」と教えているような。すると、だれに教えるのだろう、空からしかみえないのに。そんなことを思いながら、ピスコの空港に帰り着いた。
ちなみに、ナスカ観光の拠点のピスコは、ブドウから造るペルーでは一般的な蒸留酒ピスコの生産地でもある。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。