クスコ市街(ペルー)

リマ空港~クスコ空港~アルマス広場~12角の石~サント・ドミンゴ教会

踏み出す1歩がなぜか重い。標高約3400㍍、かつてのインカ帝国の都に2013年、行ってみた。

ペルーの首都リマ(Lima)の空港を経由し、成田空港を離れて久しぶりに屋外の地面に降りたのがここクスコ(Cusco)空港だった。

飛行機の中で日本で処方してもらった高山病予防薬を飲んでおいたが、空港の駐車場に移動するのにも、水中歩行している感じ。1度降りたリマは海に面した街なので、平地からいきなり富士山山頂付近に降ろされたようなものだから、さすがに体が驚いているのだろう。

よく「高地ではゆっくり行動を」と注意されるが、慣れるまではすばやい行動そのものが無理そう。「高山病の症状が出るまで数時間かかるので、それまでに街を見て、標高の低いところへ移動しましょう」というガイドの言葉を信じよう。

アルマス広場に立つ2つの教会

市の中心部、アルマス広場(Plaza de Armas)に向かう。「Ave.El Sol」(太陽通り)を通って古そうな石造りの町に入る。

「お祭りをやっているようなので、きょうは途中までしか行けません。ここで降ります」と促され、広場の手前で降りると独特のメロディーのアンデス音楽に合わせて、民族衣装で着飾った人たちが踊りながら行進している。

ここで暮らす人たちの心肺能力恐るべし。ペルーのさまざまな都市からやってきた人たちが地元の音楽と踊りを披露する祭り。偶然だったが、歓迎されているようで気持ちがいい。

クスコは13世紀初頭から、フランシスコ・ピサロが率いるスペイン人によって制圧される1533年までインカ帝国の首都だった。アルマス広場(当時の名前ではないが)は、スペイン人によって改造され、神殿を壊してキリスト教への改宗のための「カテドラル」を建設した。1550年から約100年かけてつくられた。

中には入らなかったが、銀の祭壇や宗教画が飾られているという。外壁の彫刻もきれいに残り、征服者の建物ではあるが、建物としてはりっぱなものだ。

同じくアルマス広場に面して、2つの立ち姿のきれいな塔を持つ「ラ・コンパーニア・デ・ヘスス教会」が建つ。ヘススは、日本ではザビエルで知られるイエズス会のことだそうだ。16世紀に建設された。

カテドラルは巨大だが、こちらも外壁面の彫刻はさらに見事なもの。征服者が被征服者を使って建てたものではあるが。

 

インカの石組みの奥深さ

インカ帝国、クスコといえば「インカの石組み」と呼ばれる、かみそりの刃1枚通せないと言われる精巧な石組み(石積み)が有名だ。中でも「12角の石」と言われる石組みが象徴的とされる。

街のいたる所にあるインカの石組

路地を歩きながら向かうと、ガイドがいったん停止し「いつもはこの先にあるんですが、手前側の石組みを修理中で通れなくなっていて、ちょっと遠回りします」。途中までが多い日だ。

やっとめぐり合った石は、組み合わされた周囲の石の形にあわせて12角形に加工されていた。

「12角の石」

接触面を丁寧に仕上げてあるので、ピタリとはまっている。これだけの技術があるなら、周囲の石の方(特に上に乗せる石)を削ってもよさそうだとは思ったが、何かこの石を残す理由があったのだろうか。

「14角の石も見つかっています」と、近くでガイドが指さした石組みには、確かに14角形の石がはめ込まれていた。探せばもっとでてくるかもしれない。

インカの都は地震にたびたび襲われており、先に見たラ・コンパーニア・デ・ヘスス教会も一度崩壊しているが、現在まで残っているインカの石組みはまず崩れないという。街を歩いていると突然石組みの遺跡に出くわす。

当時のものかどうかは分からないが、民家もインカの石組みを利用しているようにもみえる。

ただ積むのではなく、削ってかみ合わせたり、接触面の角度を変えたりして、地震対策もしていたというから、インカの石組みは奥が深そうだ。

インカの中心に立つ神殿

古い街並みの通りを通って、次に向かったのが「サント・ドミンゴ教会(Iglesia De Santo Domingo)」。ここは「コリカンチャ(Qorikancha)」という、インカ最大の太陽神殿があった場所に建てられた。

「クスコ」というのはインカの言葉ケチュア語で「ヘソ」を意味し、世界の中心と考えられていた。太陽信仰のインカにとっては、もっとも聖なる場所が太陽神殿になる。

いまは神殿の大部分は破壊されて、その上に教会が建てられたが、面影をとどめている場所もある。

教会に入る。内部は庭を囲むように四角い廻廊で結ばれている。壁面に絵が描かれていたが、絵単体での撮影は禁止だった。

その廻廊の1面に、インカの石組みで囲まれた、台形の入り口がある。太陽神殿(だったところ)への入り口だ。

中に入ると、丁寧に長方形に削られ、磨かれた石が整然と積み上げられた壁がある。ところどころに穴がうがたれている。かつてはこの神殿中が黄金で飾られていたという。

教会のガイドによると「コリは黄金、カンチャは場所と言う意味です」といい、ここにあった黄金はスペイン人が全部はぎ取った。「現在の価値で約60兆円分といわれています」というから驚きの額だ。

クスコの太陽神殿だけでその価値だったら、インカ全土から黄金をほとんど持ち去った16世紀当時のスペインの財政力は相当だったと想像がつく。とても返還できる額ではなさそうだ。

外側に回った。重かった体も少しずつ動くようになっている。頭痛などの高山病の症状もまだ出ていない。体が順応してきたと思いたい。

外の壁にも太陽神殿の一部が残されている。「壊せるところは壊し、壊せないところは残したようです」という。

この教会も地震で崩壊しているが、土台に使った太陽神殿の「名残」の石組みはまったく崩れなかったという。天然の巨石をもたくみに組み込んだインカの技術の「プライド」だろうか。

クスコを後にして、マチュピチュ方面に向かうツアーバスの車窓から、巨大な石組みの遺跡が見えた。サクサイワマン遺跡という。「インカの砦だったところで、スペインとの戦いがありました」とガイド。かなり長い石積みなので、城壁のようなものだろうか。

峠を上っていたので、上から見えた。城壁は3段になっている。周りの人を比べると、かなり巨大な石を使っているのが分かる。征服という悲劇を今に伝えているのも、こうした石組みということなのだろう。

毎年冬至の6月24日に、ここで「インティ・ライミ(Inti Raymi)」という祭が催される。現地ケチュア語で「太陽(インティ)の祭」を意味する。征服したスペイン人とカトリック教会によって禁止された祭を、復活させたものだという。

 

1983年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。