アイト・ベン・ハッドゥの集落(モロッコ)

ワラザザード~カスバ街道~アイト・ベン・ハッドゥ

「カスバ街道」という道がモロッコにある。カスバとは古い城砦のことをいう。その中でも、数々の映画の舞台にもなった保存状態のいい村が、アイト・ベン・ハッドゥ。2014年、行ってみた。
モロッコの背骨に当たる「大アトラス山脈(オート・アトラス)」の南側、サハラ(砂漠)の北の縁を通っているのが、通称「カスバ街道」。エルフードからワルザザートを通ってアイト・ベン・ハッドゥへ、東から西へ進んだ。

「カスバ街道」を走る

ティネールのオアシス都市や、ティフルトゥトのカスバなど代表的なもの以外にも、街道沿いにカスバはたくさんある。

ティネールの街並み

「カスバには1家族が住んでいます。350年前ぐらい前からのものも多く、北アフリカに住んでいるベルベル人のカスバは、屋根がギザギザになっていて、窓は小さく格子状になっています」とガイド。

ティフルトゥトゥの街並み

カスバ街道を走る車窓からは土のレンガでつくられた頑丈そうな建物が次々と見える。元々は囲む塀もあったが、今はなくなっているものも多い。


「人は住んでいますが、空き家になると次の人はなかなか住みたがらない。外壁を土で塗っていて夏は涼しく冬は暖かいのですが、壁が厚くて中が狭い」という。廃墟になって崩れてしまっているものも目に付く。


「カスバの女」という歌は私の子供のころのヒット曲でよく覚えていないが、曲名だけはしっかり覚えている。歌詞を確かめてみたら、アルジェリアが舞台の歌だったが、チュニジアやモロッコも登場する。
ガイドによるとモロッコでは「クサル」という城砦化された村がある。カスバの集まりとでもいうのだろうか。アイト・ベン・ハッドゥは「クサル」の代表格で「ベルベル人の中のハッドゥ族のつくったクサル」だという。
「これだけ大きいクサルを築いたので、ハッドゥ族もかなり大きな部族だったようです」という。一望できる丘でバスを降りた。川を挟んだ対岸の岩山の斜面に、びっしりと土レンガの家が連なっている。

現在は「5家族が住んでいます」という。他の家族は近くに出来た新しい村に移住している。電気や水道ほか、不便らしい。遠望した限りは家や塔がたくさん立っていて、相当大きな村のようだ。

土で築かれた建物が密集

駐車場から民家の脇をすり抜けながら、マレ川にかかる橋を渡って、アイト・ベン・ハッドゥの集落の入口に出る。
橋から見上げる岩山の地層の色がさまざまできれいだが、けっこう崩れやすそうな岩に、大丈夫なのかと心配になる。そんなに雨は降らないのだろうが。

橋を渡ると村の入口。入口や門がたくさんあるが、実は仮想のものが多く、通れるのは数カ所だという。ここから村内に入って、岩山の上まで登っていく。
土で出来た建物の間を縫うように路地が張り巡らされている。1軒1軒の基本は、階数の違いはあるが、1階が倉庫、2、3階が生活空間、その上が塔や見張り塔などになっているという。


村としては、大事な穀物倉庫などは村の真ん中に配置して守るようになっているという。

上っていくと、子供たちがついて来る。ガイドが「村の収入は観光です。何かやってもらうとお金を要求してきますので、あまり応じないようにしてください」といっていたので、こういうことかと思ったら、子供たちはそうでもなかった。
道案内をしているようで、友達とじゃれあったりしている。「チョコレート?」と聞いてきたが、持っていなかったので「ごめん、ないんだよ」と日本語で返したら、あきらめたようだった。分かったのだろうか。

斜面に建てられた幾何学模様の家々

路地には土産物店がいくつもある。買わなかったので値段は分からないが、色合いのきれいな布製品などがあったので、気に入った方はどうぞ。


村の路地をさらに登っていく。家の間から下をのぞけるようになってくると、やはりかなり大きな村だというのが分かる。軒を連ねる家々がびっしりと岩山の斜面に張り付いている感じだ。けっこうな斜面で、ついて来る子供たちが軽く登っていくのがうらやましい。


「ベルベル人の家は、壁の模様に特徴があり、幾何学模様になっています」とガイド。1軒1軒、さまざまな模様が壁に刻まれている。デザイン性も高い。

窓が小さい理由は?

窓も幾何学模様の格子がはめ込まれており、色ガラスを入れてあるところもあり、たぶん家の中からだときれいなのだろうと想像できる。


「窓が小さいのは、日差しを避けるためと、奥さんに逃げられないためだそうです」とガイド。どこかで似たような話を聞いたことがある。


岩山の頂上に出る。倉庫のような建物があるが、これは「観光用に最近作られたものです」という。頂上から段々畑のように立ち並ぶ建物を眼下に見られる。


目を遠くにやると、雪解けが始まっている春のオート・アトラスが、茶色の大地の向こうに見える。絶景だ。ついてきた子供たちは、そこらへんを走り回って遊んでいて、観光客相手にはもうあきたようだ。

映画のロケ地としても知られる

保存状態のいい村、こうした景色なので、数多くの映画の舞台になったのだろう。道の途中に、ここで撮影された映画のリストが掲げられていた。「アラビアのロレンス」「ソドムとゴモラ」「ナイルの宝石」から「ハムナプトラ2」や「プリンス・オブ・ペルシャ」などもある。


中でも、かなり大規模なロケをしたのが「グラディエーター」。「あそこの広場に闘技場のセットを作って撮影しました」と、ガイドが指さした。
帰国して映画を見たが、アイト・ベン・ハッドゥの景色だった。映画の場面を覚えていけば、撮影場所がわかるはずなので、行く前に見ておく方が楽しめそうだ。


村は500年ほど前につくられたという。ベルベル人の中でも、ハッドゥ族の力は強かったというので、こうした難攻不落の「クサル」が必要だったのかもしれない。
岩山を下り、グラディエーターのロケ地の広場の横を通ると、立派な門がある。


帰路は橋を渡らずに、マレ川を直接わたる。乾季は干上がるが、行った時は水が流れていた。飛び石代わりの土嚢を伝って対岸へ。ほとんど土だけで出来ている村だが、ここから見上げても美しいと感じる。

 1987年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。