古都奈良の文化財(日本) 東大寺

東大寺南大門~大仏殿~二月堂

春を告げる風物詩に「東大寺のお水取り」がある。必ずと言っていいほど、ニュースになる。一度は見てみたいと思って2009年、行ってみた。
奈良は、京都と並んで修学旅行でも行く場所。1976年に初めて行ってから、観光として3回、足を踏み入れているが、東大寺は修学旅行以来だった。奈良駅からバスで向かった。
夜のお水取りを見る前に、せっかくなので久しぶりに大仏殿は見ておこうと思って、少し早めに着いた。33年前の記憶は定かではないが、バスを降りるとしゃれた建物の店がたくさんある。
こんなににぎやかだっただろうかと思いながら歩いていくと「南大門」につく。

南大門といえば「仁王像」。これも以前と変わりなく、鎮座しているのは当たり前か。思っていたより白っぽい気がした。約8mの金剛力士像「阿形」「吽形」が、向かい合って我々を見下ろしている。

金剛力士像吽形

この仁王像は鎌倉時代の1203年に完成したといい、作ったのは仏像などの彫刻で知られる「慶派」。阿形が運慶、快慶、吽形が定覚、湛慶によってつくられたと伝えられている。

金剛力士像阿形

 

大仏殿の大きさにはやっぱり驚かされる

南大門をくぐると、やはり行く手には鹿の群れ。せんべいは持っていないのだが、1頭が近づいてきてコートをつつきだすと、たくさんが寄ってくる。「ごめん、持っていない」というのだが、伝わらない。持っている人が来てくれて、そっちに行ってくれた隙をついて「大仏殿」に急ぐ。
左手に「東大寺ミュージアム」。以前はなかった。右手に「鏡池」が見えると、大仏殿の中門はすぐ。入口は大仏殿を囲む回廊に沿って左手にある。

中に入る。さすがに世界最大級の木造建築。久しぶりに見るとやはりでかい。幅7間(約57メートル)だが、創建時は11間(約86メートル)あったという。
高さは約49メートル。1棟だけ独立して立っているので、大きさを比較できないが、圧倒される大きさなのは確かだ。

東大寺は歴史の授業でも習うので詳細は他に譲るが、公式HPやガイドブックから簡単に。奈良時代の741年、聖武天皇が国家安泰のため国分寺・国分尼寺建立の詔を発し、この地にあった金鍾山寺が東大寺の前身になったとされ、総国分寺とされた。
743年(天平15年)に「大仏造顕の詔」が発せられ、巨大な金銅製の「盧舎那仏」をつくり、752年に完成した。

東大寺といえば大仏殿だが、1180年に平重衝(平清盛の五男)、1567年に三好・松永の乱によって2度、大仏殿ほか多くの建物が焼失している。現在の大仏殿は江戸時代、元禄のころに再建された。
大仏殿の中に入る。通称大仏さま、盧舎那仏が鎮座する。久しぶりに対面した。

高さ14・98メートル、手の平(掌)は2・56メートル。こちらも比較するものがないので数字でもピンと来ないが、大仏殿内の柱の1つに穴が開いていて、みんなが通り抜けている。これが鼻の穴と同じ大きさとされている。
四角いので大体ということなのだろうが、少しは実感できる。ただし、挟まって動けなくなると大変なので、無理はしないこと。私はやめた。

この大仏様、1567年に大仏殿が焼失後、1691年に再建されるまで雨ざらしだったという。大仏も大きいが、わきにある2つの菩薩像も大きい。

如意輪観音菩薩坐像

左に虚空蔵菩薩坐像、右に如意輪観音菩薩坐像の三尊式。ともに10mあるというが、大仏が大きすぎて小さく見える。その奥には四天王のうち、広目天、多聞天の立像が配されている。

虚空蔵菩薩坐像

薄暗くなってきたので、当初の目的のお水取りを見に向かう。あいにくの雨模様になってきた。

「お水取り」で火の粉を被る

創建当初から現存している「法華堂(三月堂)」の横を通って「二月堂」へ。すでに多くの人が傘を差して待っているため、前の方には行けなかった。相当早くからでないと二月堂の近くには行けないようだ。
二月堂は2度の戦火を免れたが、江戸時代にお水取りの最中に失火から焼失し、2年後の1669年に再建された。

お水取りは「修二会(しゅにえ)」という。752年から途切れることなく行われ、国家安泰や五穀豊穣など人々の幸福を願う行事。詳細は省くが、若狭井という井戸から二月堂の秘仏十一面観音に供える水をくみ上げる儀式なのだそう。その際に大きなたいまつを点けたのが、今につながっている。
二月堂の舞台を巨大な松明を振りながら走り回るのがお水取りのシンボル的なシーン。その火の粉を浴びると健康、幸せになるという。後ろの方だったのと、雨もあって火の粉が飛んでこなかったので、残念ながら浴びることはできなかったが、1300年近く続く行事を一度は見ておきたい。

東大寺には南大門、大仏殿(金堂)、二月堂のほかにも、法華堂(三月堂)、転害門、鐘楼、開山堂、本坊経庫などの建物や、大仏をはじめとする仏像、彫刻など多数の国宝がある。
世界遺産「古都奈良の文化財」は東大寺のほか、薬師寺や興福寺など8つの建造物、史跡などからなっている。順次行ったところを紹介するが、その中でも今も多くの堂宇があり「天平文化」を象徴するのが東大寺になる。

 

1998年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。