ヒエラポリス・パムッカレ(トルコ)

パムッカレ~ヒエラポリス~ネクロポリス

澄んだ水をたたえた段々畑のような真っ白な石灰棚が、幾重にもつらなっている。テレビや写真などでご存じの方もいるだろう。しかも、温泉だという。
石灰棚の湯舟とは粋なもの。パムッカレの石灰棚温泉につかってみようと、2004年、行ってみた。

石灰棚の「湯舟」が連なる

石灰棚群を見下ろすところに着く。水が青くみえるためには、やはり天気がよくないとだめだが、幸い太陽は顔を出している。ただ、到着したのは午後遅く。まぶしいぐらいの日差しには感謝するが、残念ながら石灰棚に当たる角度が逆光といった感じで、水面に反射しすぎてしまっていた。
近い方は青くみえるのだが、遠い方はキラキラしている。

 

パムッカレの石灰棚は、温泉から生まれた。温泉水に溶け込んだ石灰、日本で言えば湯の花が、数千年にわたって堰を作り、水(湯)をためながらまた成長を繰り返し、段々畑のような景観を生み出した。
中国の黄龍も同じように石灰棚の見事な景観だったが、黄色い石灰。こちらは真っ白。パムッカレというのは「綿の城」という意味だという。

かつては、石灰棚の湯舟に入り、治療などのなどのために湯につかっていたこともあったという。それで水が汚れたことや、温泉の湯量が減ってしまったこともあり、元の白さを取り戻すために保護にのりだした。
いまでは、上部の一部にしか、立ち入りできなくなっており、温泉浴もできないという。

遠くに大きい「湯舟」があったが、気を取り直して裸足になってジーンズのすそをめくり上げ、石灰棚の縁の上を伝って歩く。ぬるま湯だが、気持ちがいい。ただ、石灰棚の縁は狭くて滑りやすいのと、ところどころとがっていて足の裏が痛いのでバランスに注意を。

今も成長を続ける石灰棚

石灰棚が露出している丘の高さは300メートルという。下を覗き込んで、落ちたらまずいよなあ、などと思いながら、縁伝いにいく。振り返ると、石灰棚が段々に連なった様子がよく見える。段々畑を横から見る感じになるので、より景観のすばらしさを体感できる。

スネほどの深さの石灰棚の中に入ってみた。ジャブジャブと進み、上段の石灰棚の壁までいってみる。高さ3メートルはある。大きなものはもっとあるだろう。
手で触ってみると、壁面を湯が伝わり落ちている。上段から静かにあふれた湯が下へ下へと向かっているときに、石灰棚がほんの少しずつ大きくなっていくのだろう。
ちなみに、温泉の効能を聞いたら、ガイドは「いろいろ治すそうですが、特に美容にいいと言われています」という。興味のある方は顔を洗ってみては。

パムッカレの丘の上にはヒエラポリスというローマ時代の都市があった。石灰棚の上から道をはさんで反対側に、紀元前2世紀ごろから、大地震で崩壊する14世紀ごろまでの遺跡が点在している。

 

かつては湯治を主体にした「病院」だった

柱や石積みの遺跡、かつて大通りや数々の門などの遺跡が残っている。ガイドによると「昔は観光地というよりは病院だったようです」といい、いわゆる湯治客が訪れ、療養生活を送っていたらしい。

実際に今も湯治のための大きな湯舟が、パムッカレの最上部にあるという。残念ながら、行ったときは入れなかったが、ガイドブックなどによると、ローマ時代の遺跡が湯舟の中に沈んでいるという。

 

治療の甲斐なく亡くなった?

ネクロポリスという墓地の町もすぐ近くにある。1000以上の墓があるといい、家の形をした墓を見ると、日本の古墳などにある家形埴輪(はにわ)を思い出した。せっかくの温泉治療の甲斐もなく、ここに埋葬されたのだろうか。

翌朝、石灰棚を含むパムッカレの丘を、下から見上げてみた。普通の丘のそこだけが真っ白になっている光景、人をこの場所に引き寄せるのに十分、魅力的だ。

 

1988年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。