古都奈良の文化財(日本) 興福寺・元興寺

JR大阪駅~JR奈良駅~興福寺~元興寺

仏像は好きな女性を「仏女」「仏像ガール」というらしく、中でも「興福寺」の「阿修羅像」好きの女性を「アシュラー」と呼んでいたこともあった。

2009年3月半ば、東大寺のお水取り(修二会)を見に奈良に行った際に興福寺に寄った。阿修羅人気が爆発した東京国立博物館での「国宝 阿修羅展」は3月31日からだったので、その2週間前ならまだ大丈夫かと思って行ってみたが、もう本人はおられなかった。朱印をいただき、阿修羅像がいない国宝館をぶらっと見て、雨模様だったので境内をざっと散策して帰ってきた。

また近くに行く機会があったので、今度こそ阿修羅像を見ようと2016年、行ってみた。

平城京遷都とともに隆盛を誇った興福寺

今回も雨だった。JR奈良駅から路線バスでもいいが、雨がそんなに強くなかったので駅から右へ三条通りに入り、商店街をぶらぶらと歩いて「猿沢池」へ。途中の店に引っ掛からなければ、15~20分で着く。

すぐ横の高台に興福寺の「五重塔」が見えている。そこから階段を上がると、五重塔の下に出る。

境内案内図の裏面にある興福寺の説明書きによると、高さ50.1㍍で日本第2位(1位京都・東寺54.8㍍)。最初の塔は730年に聖武天皇の皇后、光明皇后によって建てられ、焼失などを経て現在の塔は1426年に建てられたものだという。

先に簡単に興福寺の歴史を知っておいた方がいいだろう、と説明書きを読む。天智天皇8年(669年)に、大化の改新を成し遂げた藤原鎌足が発願してつくられた釈迦三尊像、四天王像を安置するために、夫人の鏡大王(おおきみ)が京都の山科の私邸に「山階寺」を建立。その後飛鳥に「厩坂(うまやさか)寺」と称して移転したが、710年の平城京遷都とともに鎌足の子の藤原不比等によって現在の地に移され「興福寺」となったという。相当古い。

奈良時代に多くの伽藍がつくられ、春日大社の実権も収めて寺勢が強まった。平安時代に入ってたびたび、朝廷に強訴するなど、強権を発動したこともあってか、平安時代末期、平家の力が強かった1180年に平重衡による兵火で、伽藍はすべて焼失した。その約400年後にあった比叡山の焼き討ちと構図は似ている。今残っている建物の多くは、鎌倉時代に再興されている。

明治時代になって廃仏毀釈で寺が荒れたが、徐々に復興して今の姿がある。歴史の詳細は興福寺のHPに詳しく掲載されている。

国宝満載、阿修羅像にやっと会えた

境内案内図に沿って、五重塔から反時計回りに境内を見て回った。五重塔の隣が「東金堂」。元々は聖武天皇が726年に建てた。

「国宝館」がセットになった入場券(800円、現在900円)で東金堂の中に入った。創建以来6回焼失し、1415年に再建されたもの。それでも600年以上たっている。五重塔とともに国宝でもある。

薬師如来と日光・月光菩薩の三尊が安置されている。写真は撮れなかったが、東金堂のパンフレットにあった。そのほかにも、文殊菩薩像、十二神将立像、四天王立像など国宝が収められている。

興福寺は何度も火災などに見舞われ、建物は何度も造り直しているが、仏像は火事でも持ち出しやすかったのか、元々の奈良時代のものが多く残っている。

興福寺東金堂のパンフレット

東金堂の隣が2010年にリニューアルした「国宝館」。前行った時とは全く違う建物になっているように思えた。2017年にもリニューアルされている。

入場券を買う時には聞き忘れたが、前回のことがあったので、入口で「阿修羅像はいますか?」と係の人に聞いたら「おられます」。今回は貸し出されていなかった。

館内は撮影禁止なので、実際に自分の目で見てきた方がよろしいかと思う。

阿修羅像は国宝「八部衆立像(脱活乾漆造り)」の中の1体だが、表情が素晴らしく、人気者になった。興福寺HPによると、八部衆は元々インドの異教の神を集めて仏法を守っている。734年に創建され、現在はなくなっている西金堂に置かれた。

阿修羅は「アスラ」といい、悪の戦闘神だったが、仏教に取り入れられてからは釈迦を守護する神になった。三面六臂、3つの顔と6本の腕がある。

また、飛鳥山田寺のものだったとされる銅製の国宝「薬師如来仏頭」(685年)も有名で、拝観券の写真になっている。

 

特別開扉の時に行きたい

 

国宝館を出て、境内の中庭のようになっている回廊跡に沿って行くと、再建工事中だった「中金堂」がある。2018年に完成したというので、今は真新しい中金堂が見られるのだろう。

ちなみに金堂は寺の本尊を安置した本堂に当たるもので、興福寺には東と中、そして今はなくなっている西と3つの金堂がある。本堂がそんなにあるということは、相当大きな寺だったことがうかがえる。

回廊を過ぎると、八角形の屋根の面白い建物がある。「北円堂」という。法隆寺(世界遺産)の夢殿のような形をしている。

721年に建てられ、現在のものは1210年ごろの再建。本尊は弥勒如来像で、無著・世親立像、四天王立像と国宝が安置される。春・秋の特別な期間に公開されることがあるという。

北円堂

進むと対になるように「南円堂」という同様の建物がある。813年に建立され、現在のものは1741年創建。本尊は不空羂索観音像で、四天王立像、法相六祖座像と国宝が収められている。西国三十三所の第9番札所になっていて、こちらは10月17日に特別開扉される。

南円堂

南円堂の先にある階段を降りて、帰路に就く。斜面には奈良らしく、鹿が群れていた。

最後に忘れてはいけないのが「三重塔」。こちらも国宝だ。1143年に建立され、鎌倉時代初期に再建されているという。内部には東西南北に薬師如来、釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来が各1000体ずつ描いた板絵があるというから、豪華な塔だ。7月7日に特別開扉されるという。

国宝満載のお寺、特に特別開扉の時に見たいものだ。

 

興福寺と並ぶ規模だった元興寺

世界遺産に登録されている寺として「元興寺」がある。少し時間があったので、地図で探した。興福寺から歩いてもそう遠くない。猿沢池の東側の道を南下し、ぶらぶら歩いて10分ほどで着いた。

中をのぞくと、国宝の本堂「極楽堂」が見えた。きれいな建物だったが、中に入るまでの時間がなかったので、のぞくだけにした。

同寺のHPによると、日本で最初の本格伽藍の法興寺(飛鳥寺)を710年の平城京遷都で移転してできたのが元興寺で、かつては興福寺と並ぶ大伽藍を擁していたという。罹災で多くが失われ、現在の極楽堂も鎌倉時代の創建という。

本堂の裏手には国宝の禅室も残る。往時の隆盛は想像するしかないが、興福寺に負けない歴史があるようだ。

 

1998年登録

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。